ニュース

【2020年3月】Android Antutuランキング

投稿日:

Android 2020年3月Antutuランキング
2020年4月1日、スマートフォンのベンチマークを測定するアプリケーション「Antutu」は2020年3月までに発売済みのスマートフォンのパフォーマンスランキングを発表しました。 測定はv8にて行われ、スコアは最高スコアではなく1000以上のデータの平均スコアとなります。

2020年3月 Android Antutuランキング

新たにSnapdragon 865搭載端末が多くリリースされたことにより、TOP10の全てがSnapdragon 865搭載端末。見事首位を獲得したのは、「OPPO Find X2 Pro」です。
OPPOがベンチマークスコアで1位に輝いたのは初のことで、唯一の60万点超えになります。

また、新たなストレージ規格としてUFS 3.1が登場しましたが、UFS 2.1→UFS 3.0のような劇的なスコアの向上は見られないようです。
(※iQOO 3とvivo NEX 3SのみUFS 3.1を採用)

iQOO 3
iQOO 3の実機Antutu測定でも、公式発表と近い588804
CPU性能とGPU性能は非常に高いスコアですが、UX性能にはまだ伸びしろがあります。(※UX性能はリフレッシュレートの影響を受けます。iQOO 3は60Hz)

端末名ベンチマーク
1OPPO Find X2 Pro
12GB+512GB
606389
2Xiaomi Mi 10 Pro
12GB+512GB
598572
3OPPO Find X2
8GB+256GB
590253
4Redmi K30 Pro
8GB+128GB
589607
5iQOO 3
12GB+512GB
588305
6BlaclShark 3 Pro
12GB+512GB
588125
7realme X50 Pro 5G
8GB+128GB
588055
8vivo NEX 3S 5G
12GB+256GB
586577
9Xiaomi Mi 10
12GB+256GB
579550
10BlackShark 3
8GB+128GB
570723

2020年3月 Android ミドルレンジ Antutuランキング

フラグシップ部門とは異なり、「Dimensity 1000L」「Exynos 980」「Snapdragon 765G」「Kirin 810」「Helio G90T」など多くの顔ぶれがTOP10にランクイン!

その中でも、Dimensity 1000L搭載のOPPO Reno 3 5Gの40万点超えというスコアは圧倒的でMediaTekの強さが伺えます。

測定元のAntutuによると、「MediaTekのDimensity 1000Lは、他社を圧倒している。Qualcomm、Samsung、HiSilicon(HUAWEI)はミドルレンジSoCの位置付けから再検討する必要がある。」と述べています。

また、Hisiliconはkirin 810の後継SoC「Kirin 820」を発表し、同SoCを搭載した「Honor 30S」も同時に発表しています。
3月31日発表だったため、データ不足により今回のランキングには掲載されませんでしたが、「Exynos 980」や「Snapdragon 765G」を上回ることが予想されています。(発表会ではAntutuスコア37万点と公表)

端末名ベンチマークスコア
1OPPO Reno 3 5G
8GB+128GB
407340
2vivo X30 5G
8GB+128GB
326822
3Redmi K30 5G
8GB+128GB
324717
4OPPO Reno 3 Pro 5G
8GB+128GB
320314
5Honor 9X Pro
8GB+128GB
310531
6HUAWEI nova 6 SE
8GB+128GB
307522
7Honor 9X
8GB+128GB
306077
8Honor 20S
8GB+128GB
303363
9HUAWEI nova 5i Pro
8GB+128GB
300342
10Redmi Note 8 Pro
6GB+128GB
289257
source
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.