OPPO スマートフォン

OPPO Find X2の詳細スペック!Proとの違いはカメラとメモリ、ディスプレイは同じ

更新日:

OPPO Find X2
OPPOは、中国とヨーロッパ(グローバル版)にて2020年3月6日、フラグシップスマートフォン「OPPO Find X2」を正式発表しました。

OPPO Find X2を3行でまとめると、、、

  • 120Hzリフレッシュレート +3K解像度のOLEDディスプレイ
  • 65Wの急速充電
  • Snapdragon 865を搭載だが、メモリはLPDDR4X

OPPO Find X2のファーストインプレッション

OPPO Find X2の基本情報:スペック

価格8GB+128GB:5499元(約84,000円)
8GB+256GB:5999元(約92,000円)
OSAndroid 10 (Color OS 7.1)
SoCSnapdragon 865
RAM8GB LPDDR4x
ROM128GB/256GB UFS 3.0
Antutuスコア-
ディスプレイ6.7インチ QHD+ 3168×1440 OLED
アスペクト比:19.8:9
リフレッシュレート:120Hz
カメラトリプルカメラ
・4800万画素(メイン IMX586 F1.7 OIS)
・1200万画素(超広角 16mm IMX708 F2.2)
・1300万画素(望遠 5xハイブリット F2.4)
インカメラ
・3200万画素(F2.4)
バッテリー4200mAh(急速充電 65W)
Wi-fiWi-Fi6 , 802.11 2.4/5GHz
Bluetoothv5.1
カラーブラック / オレンジ / ブルー
サイズ164.9 x 74.5 x 8.0mm(※オレンジのみ厚さ8.7mm)
重量ブラック:196g
ブルー:187g
オレンジ:180g
防水防塵無し
接続端子USB Type-C
イヤホン端子無し
生体認証ディスプレイ指紋認証 / 顔認証
対応バンド5G (NR)
n1/n78/n79/n41
4G (FDD-LTE)
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26
4G (TD-LTE)
B34/B38/B39/B40/B41 (160M)
3G (WCDMA)
B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
3G (TD-SCDMA)
1900 (f)/2000 (a) MHz
3G (CDMA2000)
BC0 (800MHz)
2G (GSM)
850/900/1800/1900MHz
2G (CDMA)
BC0 (800MHz)
技適認証未認証
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

OPPO Find X2の付属品

  • 充電アダプター
  • USB Type-Cケーブル
  • 保護カバー
  • ヘッドセット
  • SIMピン
  • クイックスタートガイド
  • 保証書

OPPO Find X2のデザイン

OPPO Find X2は、パンチホールを採用したノッチレスディスプレイ
ディスプレイには、エッジ加工が施されており側面に向かって湾曲しています。また、下部のベゼルも細く画面占有率93.1%を実現しています。

また、カラーは3色展開でそれぞれ僅かに背面のデザインが異なるのも特徴です。
カラーによって筐体の厚さや重量が異なります。

OPPO Find X2の性能

3K解像度+120Hzの6.7インチディスプレイ

OPPO Find X2は、3K解像度(QHD+)の6.7インチ OLEDディスプレイを搭載
リフレッシュレートは120Hzに対応

昨今は、高いリフレッシュレートに対応するスマートフォンが増えてきましたが、Find X2は単にリフレッシュレートが高いだけではありません。

3K解像度とOLEDディスプレイで120Hzを実現しているのが凄いのです!
ディスプレイの品質においては、2020年最高クラスと言えるでしょう。

Snapdragon 865を搭載

Find X2は、SoCにSnapdragon 865、8GBのメモリ(LPDDR4x)、128/256GB(UFS 3.0)のストレージを搭載しています。

上位モデルのFind X2 Proは、メモリにLPDDR5を搭載していますが、Find X2は、LPDDR4Xの搭載なので要注意。
(LPDDR5は、LPDDR4Xと比較してデータ転送速度が約1.5倍)

4800万画素を含むトリプルカメラ

Find X2のカメラ構成は、4800万画素のメイン(IMX586)+1200万画素の超広角(IMX708)+1300万画素の望遠を採用したトリプルカメラとなっています。

上位モデルのFind X2 Proは4800万画素のメイン(IMX689)+4800万画素の超広角(IMX586)+1300万画素の望遠という構成であるので、上位版との最大の違いはカメラ構成になります。

Find X2に採用されているメインセンサー IMX586は、2019年のフラグシップ機に採用されていたセンサーでありハード的には特筆すべき点はありません。

しかし、Find X2 Pro同様にソフトウエアの観点から最適化を行いカメラ性能を向上させているとのことです。

4200mAh+65Wの急速充電

OPPO Find X2は、4200mAhのバッテリー容量を搭載し、65Wの急速充電に対応
スマートフォンとして最速の充電速度であり、僅か38分でフル充電が可能です。

販売サイト価格(3/15更新)
AliExpress約95,400円
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-OPPO, スマートフォン
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.