vivo スマートフォン

【最安のスナドラ865】iQOO 3 5Gの詳細スペック!世界初のUFS 3.1に対応

更新日:

iQOO 3 5G
vivoより独立したiQOOは、2月25日にSnapdragon 865を搭載した5Gスマートフォン「iQOO 3 5G」を正式発表しました。

iQOO 3 5Gを3行でまとめると、、、

  • 処理性能に全フリ!
  • 55Wの急速充電に対応
  • 5G+Snapdragon 865で約57,000円~

iQOO 3 5Gのファーストインプレッション

iQOO 3 Pro 5Gの基本情報:スペック

価格6GB+128GB:3598元(約57,000円)
8GB+128GB:3798元(約60,000円)
12GB+128GB:3998元(約63,000円)
12GB+256GB:4398元(約70,000円)
OS Android 10(iQOO UI 1.0)
SoCSnapdragon 865
RAM6GB/8GB/12GB LPDDR5
ROM128GB/256GB UFS3.1
Antutuスコア推定600000
ディスプレイ6.44インチ FHD+ 2400×1080
アスペクト比:20:9
Super AMOLED / HDR10+
カメラクアッドカメラ
・4800万画素(IMX 582 F1.79)
・1300万画素(超広角 F2.2)
・1300万画素(ポートレート F2.46)
・200万画素(深度 F2.4)
インカメラ
・1600万画素 (F2.45)
バッテリー4440mAh(急速充電 55W Super FlashCharge)
Wi-fiWiFi 6
Bluetoothv5.0
カラーシルバー / ブラック / オレンジ
サイズ158.51 × 74.88 × 9.16 mm
重量214.5g
防水防塵無し
接続端子USB Type-C
イヤホン端子有り
生体認証ディスプレイ指紋認証 / 顔認証
対応バンド2G
GSM:850/900/1800/1900
CDMA:BC0/BC1
3G
WCDMA:B1/B2/B4/B5/B8
CDMA2000:BC0/BC1
4G
TDD-LTE:B34/B39/B40/B41/B38
FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B25/B26
5G
n1/n3/n41/n77/n78/n79
技適認証未認証
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

iQOO 3 5Gの付属品

  • 充電アダプター
  • USB Type-Cケーブル
  • 保護ケース
  • SIMピン
  • ユーザーマニュアル
  • 保証書

iQOO 3 5Gのデザイン

iQOO 3 5Gの筐体
iQOO 3 5Gは、パンチホールを右上に配置
横持ちした際に、左手でパンチホールが隠れずにフルスクリーンを体感できない配置となっています。

また、リアカメラは存在感のあるカメラモジュールを搭載しており、リークしているHuawei P40 Proの配置と非常に似ています。

iQOO 3 5Gのデザイン
筐体カラーとは異なるメタルフレームが採用されており、おしゃれ
また、背面の「iQOO 5G」のロゴも印象的

iQOO 3 5Gの性能

Snapdragon 865を搭載

iQOO 3 5GのSoC
iQOO 3 5Gは、Qualcommの最新SoC Snapdragon 865を搭載し、メモリは、LPDDR 5、ストレージはUFS 3.1
処理性能に関する3要素が全て最新のスペック・規格で文句なしの超ハイエンドスマートフォン!

同時期に発表されているSnapdragon 865を搭載したスマートフォンとして「Xiaomi Mi 10 Pro」や「Realme X50 Pro 5G」などがありますが、ストレージ規格は、UFS 3.0。
これらよりも、ストレージの読み込み速度や電力効率が向上しています。

ゲーミング性能も豊富

iQOO 3 5Gのゲーム性能
もちろん、ゲーム体験を向上させる「Game Space 3.0」に対応
パフォーマンスを一時的に向上させたり、通知をブロックする機能などに対応しています。

iQOOの公式サイトにより、従来のパフォーマンスよりも大幅にパワーアップしており、デザインも拘ったとのこと。
なんと、デザインは日本芸術を参考にして日本人の美的センスを取り入れたらしいです。(どこらへんか理解できませんが。。。)

また、「4D GameShock 3.0」に対応
側面に感圧センサーが搭載されており、ゲームコントローラーのように4本指での操作が可能となっています。

さらに、ゲーム内のプレイヤーの動作に合わせてバイブレーションが作動し、高い没入感を与えてくれます。

さらにさらに、180Hzのタッチアクセラレーションを実現!
サンプリングレート120Hzのディスプレイと比較すると、サンプリング周波数が50%増加し、サンプリング間隔が29%短縮。

つまり、タッチ操作の応答速度が非常に高速になっています。
※ディスプレイのリフレッシュレートとは、違う指標なので勘違いしないように。

iQOO 3 5Gの冷却システム
iQOOシリーズといったら冷却性能に優れており、高いパフォーマンスを提供するのは有名な話。
従来からの3次元の放熱システムは同様ですが、新しくアップグレードされたカーボンファイバーVC液体冷却システム では、全ての方向への放熱を実現。

つまり、これまで特定の方向への放熱だったのが新しく全方位へ放熱されるようになります。

4800万画素を含むクアッドカメラを搭載

iQOO 3 5Gのカメラ
iQOO 3 5Gは、ゲーミング性能だけでなくカメラ性能もフラグシップ仕様
カメラ構成は、4800万画素のメイン+1300万画素の超広角+1300万画素のポートレート+200万画素の深度のクアッドカメラとなっています。

SoCにSnapdragon 865を搭載しており、AI機能や夜景アルゴリズムが強化されており、前モデルのiQOOシリーズよりはカメラ性能が向上しているようです。

しかし、メインセンサーがIMX 582であったり、光学ズーム2倍・ハイブリッドズーム20倍までの対応と、他のフラグシップ機のカメラ性能と比較すると、やや劣る印象です。

1億画素とか8K撮影なんて必要ない。必要十分のカメラ性能で良いから、フラグシップ機の価格を下げてくれ!というユーザーにはピッタリ!

4440mAhのバッテリー容量と55W急速充電

iQOO 3 5Gのバッテリー
iQOO 3 5Gのバッテリー容量は、4440mAhと大容量化
また、55Wの急速充電に対応しており僅か15分でバッテリーを50%充電することが可能です。

まとめ:iQOO 3 5Gはどんな人にオススメか?

ズバリ、1億画素とか8K撮影なんて必要ないからSnapdragon 865のフラグシップ機を安く購入したい!という方にオススメです。
5G通信にも対応しており、約57,000円~購入できる安さ!

あまり、日本では知られていないかもしれません、処理性能に関してvivoは世界1と言っても過言ではありません。
分かりやすい例だと、Antutuスコア。
同じSoCを搭載したスマートフォンは基本的には近いスコアになることが多いのですが、vivoのフラグシップ機は他のメーカーよりも高いスコアを出すことが多いです。

これについて、Antutuの提供元が調査し、vivoのスマートフォンはソフトウェアの最適化と冷却性能が他のメーカーと比較して抜きん出ている。と評しています。
現に、Snapdragon 855 Plusの市場では、Antutuランキングでvivoのフラグシップ機3台が上位3位を独占していました。
おそらく、Snapdragon 865がリリースされた今回も「iQOO 3 5G」が最高得点を記録して1位に君臨するのではないでしょうか。

※インドにて「iQOO 3 5G」と同時に「iQOO 3 4G」が発表されています。
こちらもSnapdragon 865を搭載しておりますが、5Gには対応していません。

販売サイト価格(3/15更新)
AliExpress約58,400円
Banggood約74,400円
スポンサーリンク

-vivo, スマートフォン
-, ,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.