Xiaomi スマートフォン

Xiaomi Mi 10 Proの詳細スペック!Xiaomi、10年間の集大成

更新日:

Xiaomi Mi 10 Pro
Xioamiは、2月13日に中国にてMi 10シリーズとして「Xiaomi Mi 10」と「Xiaomi Mi 10 Pro」を正式発表しました。

今回は、上位モデルとなる「Mi 10 Pro」のスペックを紹介していきます。

Xiaomi Mi 10 Proを3行でまとめると、、、

  • Snapdragon 865に最大メモリ12GB/最大ストレージ256GB(UFS 3.0)の超ハイスペック
  • 1億800万画素を含むクアッドカメラに手ブレ補正や8K撮影にサポート
  • 90Hzのリフレッシュレートと6.67インチの湾曲AMOLEDディスプレイ

Xiaomi Mi 10 Proのファーストインプレッション

Xiaomi Mi 10 Proの基本情報:スペック

価格8GB+256GB:4999元(約79,000円)
12GB+256GB:5499元(約87,000円)
12GB+512GB:5999元(約95,000円)
OSAndroid 10 (MIUI 11)
SoCSnapdragon 865
RAM8GB/12GB LPDDR5
ROM256GB/512GB UFS 3.0
Antutuスコア585232
ディスプレイ6.67インチ FHD+ 2340×1080
アスペクト比:19.5:9
リフレッシュレート:90Hz
AMOLED
カメラクアッドカメラ
・10800万画素(メイン / F1.69)
・1200万画素(深度 / F2.0)
・2000万画素(超広角 / F2.2)
・800万画素(望遠 / F2.0)
インカメラ
・2000万画素(F2.0)
バッテリー4500mAh (急速充電 30W / ワイヤレス充電 30W)
Wi-fiWiFi 6
Bluetoothv5.1
カラーホワイト / ブルー
サイズ162.6 x 74.8 x 8.96 mm
重量208g
防水防塵無し
接続端子USB Type-C
イヤホン端子無し
生体認証ディスプレイ指紋認証 / 顔認証
対応バンド-
技適認証未認証
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

Xiaomi Mi 10 Proの付属品

  • 充電アダプター
  • Type-C USBケーブル
  • Type-C USB to 3.5mmイヤホンジャック変換器
  • 保護ケース
  • SIMピン
  • 保証書
  • ユーザーマニュアル

Xiaomi Mi 10 Proのデザイン

Mi 10 Proのデザイン
カラーバリエーションは2色のみ
Mi 10は、3色でしたが、Mi 10 Proは異なる2色を展開。

筐体サイズや筐体重量、デザインはMi 10と同様になるのでカラーで見分けるかたちとなります。

また、前モデルのMi 9と同様にUSB Type-Cが採用され、3.5mmイヤホンジャックは廃止されています。

Mi 9の下部ベゼルが約3.6mmだったのに対し、Mi 10 Proは約3.32mmとさらに細くなっています。水滴ノッチ→パンチホール、フラット→湾曲ディスプレイになっているので画面占有率は高まっています。

軽量さがウリだったMi 9の本体重量は約173g
しかし、Mi 10 Proは約208gと35gの重量か。特別重いわけではないですし、ディスプレイサイズが大きくなったり、リアカメラの数が増えたので仕方ないですね。

Xiaomi Mi 10 Proの性能

Snapdragon 865を搭載

Mi 10 Proの性能
Mi 10 Proは、Qualcommの最新かつ最高性能の「Snapdragon 865」を搭載
後述する、メモリ(LPDDR5)とストレージ(UFS 3.0)、リフレッシュレート(90Hz)との組み合わせにより、2020年上半期において最高クラスの性能を有するスマートフォンと言うことができます。

発表会で公開されたAntutuスコアは驚異の「585,232」
Snapdragon 855を搭載した、Mi 9と比較して10万点以上もスコアが向上しています。

メモリとストレージの規格もパワーアップ!

Mi 10 Proのメモリとストレージ
Mi 10のメモリは、8/12GBで次世代規格「LPDDR5」、ストレージは、256/2512GBで次世代規格「UFS 3.0」を採用

それぞれが大容量なのは、言うまでもないですが規格も非常にパワフル!
LPDDR5では、データの転送速度が向上し、UFS 3.0では、ファイルの読み込み速度が向上します。
あまり、注目されていない項目ですが、ユーザーがエクスペリエンスに直結する非常に重要な項目です。

体感できる大きな違いは、アプリの起動速度が速くなります。
一度、最新規格を体感してしまうと戻れません。

※ストレージの最新規格として「UFS 3.1」が既に発表されていますが、Mi 10 Proでの採用は見送られました。
UFS 2.1→UFS 3.0の際のように劇的な変化はないとしているので今の所「UFS 3.0」で十分と考えられます

液体冷却によりパフォーマンスを安定

Mi 10 Proの液体冷却
いくら、スペックが高くても発熱によりパフォーマンスを制限されては意味がありません。

Mi 10 Proはその点もバッチリで5次元放熱システムによる液体冷却を搭載
CPUの温度を最大10.5℃まで冷却することが可能で、長時間の安定したパフォーマンスを提供します。

前モデルのMi 9でも液体冷却が搭載されていましたが、さらにパワーアップしているとのこと。

6.67インチ 90HzのAMOLEDディスプレイ

Mi 10 Proのディスプレイ
Mi 10 Proは、6.67インチ、FHD+のAMOLEDディスプレイを搭載
そして、90Hzのリフレッシュレートと180Hzのサンプリングレートをサポート

一般的なスマートフォンは、60HzのリフレッシュレートのためMi 10 Proを一度体験してみれば90Hzの凄さが分かるはず。
Webのスクロールからゲームの描画まで、ヌルヌルで非常な滑らかな映像を味合うことができます。

1億800万画素を含むクアッドカメラ

Mi 10 Proのカメラ性能
Mi 10 Proのカメラ構成は、108MPのメイン+12MPの深度+20MPの超広角+8MPのクアッドカメラとなっています。

Mi 10も同じく108MPを含むクアッドカメラですが、Mi 10 Proでは他の3つのカメラの画素数が高くなっています。
このカメラ性能と後述すうるバッテリー性能がMi 10との大きな違いになります。

8Kでの動画撮影をサポート

Mi 10 Proの8K撮影
メインカメラは、OIS(光学式手ブレ補正)や8Kでの動画撮影に対応
8K解像度は、HDの16倍もの高解像度で、細部まで非常に高精細な撮影が可能です。

しかし、108MPや8Kほどのデータ容量だとストレージの圧迫が懸念されます。
最大512GBと大容量ですが、microSDカードでの拡張には対応していないのが残念な点です。

ただ、 新たに「.HEIF」での拡張子で写真の保存が可能になり、従来の拡張子よりもストレージ容量を節約することが可能とのこと。

ステレオスピーカーで音質も向上

Mi 10 Proのステレオスピーカー
Mi 10 Proでは、ステレオスピーカーを採用!
2方向からのサウンドかつ従来のスピーカーよりも大型化されており、臨場感溢れるサウンドを体感することができます。

YouTubeやNetflixなどをスピーカーで見る方には、必須とも言って良いステレオスピーカー。

4500mAhのバッテリー容量+50Wの急速充電

Mi 10 Proのバッテリー性能
Mi 10 Proは、4500mAhのバッテリー容量を搭載し、50Wの急速充電に対応
また、10Wのリバースチャージにも対応しており、Bluetoothイヤホンなどを背面に置くことで充電することができます。

Mi 10は、4780mAh+30W急速充電なのでバッテリー容量は若干減るものの充電スピードは高速化しています。

また、前モデルのMi 9は3300mAhとバッテリー容量が少なく、バッテリー持ちが欠点となっていたので嬉しいパワーアップ
90Hzのリフレッシュレートでもバッテリーを心配することは少なくなりそうです。

まとめ:Xiaomi Mi 10 Proはどんな人にオススメか?

文句のないくらい、各スペックが最高峰のMi 10 Pro
ロマンを追い求めるなら、是非手に入れたいスマートフォン!

しかし、価格も約8万円~と高価格化が進んでいます。
実際、普通にスマートフォンを使用する程度なら、オーバースペックに感じないこともないです。
そのため、Mi 10 Proではなく通常モデルのMi 10の方がオススメしやすいです。
カメラ性能とバッテリー性能が大きな違いなので、Mi 10でも十分過ぎるくらい高スペックです。

通常モデルのMi 10のスペックと併せて御覧ください。

販売サイト価格(3/15更新)
AliExpress約130,000円
Banggood約101,000円
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-Xiaomi, スマートフォン
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.