初心者入門 格安SIM

【お手軽】即日MNP・即日契約!すぐに開通できる格安SIM

更新日:

即日MNP!すぐに開通できる格安SIM
MNPを行うことで電話番号を変えずに他社に乗り換えるとができますが、インターネットで契約をすると開通までに時間がかかり、スマホを使えない期間が発生する可能性があります。
スマートフォンが日々の生活にとって不可欠になる中で、1日でもスマホが使えない日ができるのは辛いですね。
しかし、最近ではSIMカード契約後に変更手続きをすることでスマホが当日中に使用可能となる格安SIMも出てきました。
今回は、即日開通ができる格安SIMを紹介していきます。

格安SIMを即日開通させるには

格安SIMを即日開通させるには
キャリアではMNPに時間を要する場合がありますが、格安SIMではインターネットでの手続きに対応しているところが多く、自分の都合の良いタイミングで手続きを行うことができます。

即日MNPとは?

格安SIMへMNPを行い乗り換える際の方法として2通りあります。
一つは、変更に関する手続きを全て格安SIMの取り扱い業者に依頼し、変更済みの格安SIMを郵送してもらう方法です。この方法は、届いたSIMカードをスマホに差し込み初期設定のみで使用できるので余計な作業がありません。一方、申し込みから自宅に届くまでのスマホが使えないというデメリットもあります。
もう一つの方法は、即日MNPと言いSIMカードの変更手続きを自宅のインターネットから行う方法と店舗へ行き開通する方法です。この方法でMNPを行うと電話番号が使えない期間が発生せず、当日から利用ができます。

店舗で開通する方法

利用者が店舗へ行き、担当者と話しながらMNPの手順を進める方法です。
MNPに必要な手続きを全てサポートしてくれるため、利用者は安心してMNPが行えます。
MNPだけでなく、端末の機種変更をしたい方は店舗で端末を手に取りながら選ぶことができます。
ただ、この方法ですと店舗の混雑具合により待ち時間が長く発生する可能性があります。

ネットで開通する方法(おすすめ)

そして、オススメなのがネットで開通する方法です。
インターネットを使って、店舗の担当者が行うような変更手続きを自分で行うことによって、利用者の好きなタイミングで待ち時間もなく即日MNPができます。 少し難しそうな印象を受けますが、指定されたMNP受付窓口に電話をするかWEBページにアクセスして操作を行うことによって簡単に手続きが行えます。
また、店舗だと適用されないキャンペーンがネットからだと適用されることも多いです。
店舗へ行く必要もなく自宅で好きな時間に手続きが行えるのでオススメです。

即日MNPに必要なもの

本人確認書類

MNPを利用して格安SIMへ変更する場合、電話番号を所有する契約者本人が手続きを行なっていることを証明する必要があります。
運転免許証や保険証と住民票のセットを提出することで本人確認ができます。

MNP予約番号

MNPを利用して格安SIMへ乗り換える場合は、現在契約をしている会社でMNP予約番号を発行してもらう必要があります。この予約番号を、新規に契約する際も必要となるので覚えておいてください。
各キャリアごとのMNPの方法については下記のリンクを参照してください。
ドコモ/au/ソフトバンク

クレジットカード

格安SIMの月々の支払いは一般的にクレジットカードが用いられています。
中には口座振替やデビットカードでの支払いにも対応している格安SIMもありますが数少ないので選択肢が絞られてしまいます。
そのため、クレジットカードを持っている方はクレジットカードを用意しましょう。
格安SIMの支払い方法の詳細についてはこちらの記事

即日MNPが可能な格安SIM

LINEモバイル

LINEモバイル
LINEモバイルはSNSが使い放題になるプランを備えながら通信速度が格安SIMの中で比較的速く非常に使い勝手が良い格安SIMとなっています。
即日MNPはWEB上でのみでき、SIMカードが送付されたらMNP開通受付窓口に電話をかけ手続きを行ないます。
受付時間は、10:00~19:00となっています。

BIGLOBEモバイル

【徹底解説】BIGLOBEモバイルのメリット・デメリット!どんな人におすすめ?
BIGLOBEモバイルは大手プロバイダのBIGLOBEが運営する格安SIMです。
格安SIMの中で唯一のYouTube見放題のオプションがあったり、無料公衆Wi-fiの提供、初期費用無料キャンペーンなどユーザーに嬉しいサービスが豊富となっています。
即日MNPは店舗とWEBで行うことができ、WEBからの場合は、「モバイル契約情報」のページから切替の手続きができます。
18:00までに手続きを行うと当日中に回線が切り替わります。

mineo

mineo
mineoはドコモ・au・ソフトバンク回線全てに対応するマルチキャリア対応格安SIMとなっています。
また、家族や友達にのデータ量をシェアできることや、解約の際に違約金が発生しないことなどが特徴的です。

店舗とWEBどちらでも即日MNPができます。
WEBでMNPの申し込みを行ない、SIMカードが到着したらマイページへログインし「登録情報変更サポート」にアクセスします。
そして、「MNP購入切り替え/回線の切り替え手段」にアクセスします。


SIMカードが付属していた台紙に記載されている「ICCID/製造番号」の下4桁を入力し、「回線切り替え」を選択します。回線切替受付メールを受信し、30分後に「111」に電話をかけ、ガイダンス音声で接続を確認します。
この作業でMNPの手続きは終わりです。

DMMモバイル

【徹底解説】DMMモバイルのメリット・デメリット!どんな人におすすめ?
格安SIM業界最安値水準の料金を各プランで展開するDMMモバイル
端末・プランともに種類が豊富で、多くの方にピッタリなプランが用意されています。また、SNS使い放題のオプションも人気となっています。
即日MNPは店舗とWEBで行うことができ、WEBからの場合は「マイページ」にて回線の切替ができます。

UQモバイル

UQモバイル
auのサブブランドとして展開する格安SIMのUQモバイル
格安SIMの中で最も早い通信速度を提供することや実店舗の多さなどでキャリア並みのサービスを行なっています。

店舗とWEBで即日MNPを行なっており、受付時間は9:00~20:30となっています。この時間内に店舗へ行くか、MNP切替窓口に電話をかけることで即日MNPができます。

IIJmio

IIJmio
IIJmioは店舗でもWEBでも即日MNPが可能です。

楽天モバイル

楽天モバイル
楽天モバイルは店舗でもWEBでも即日MNPが可能です。
自身で行う場合は、開通受付センターに電話をかける必要があります。
受付時間は、9:00~20:39となっています。

Y!mobile

Y!mobile
Y!mobileは店舗でもWEBでも即日MNPが可能です。
自身で行う場合、IVR回線切り替え窓口に電話をかけることで切り替えが完了します。
受付時間は、10:00~19:00となっています。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
OCNモバイルONEは店舗でもWEBからでも即日MNPが可能です。
WEBからの場合は、SIMカードが送付された後に「らくらくマイナンバーポータビリティの開通手続きフォーム」にアクセスし、手続きを行ないます。
受付時間は、9:00~20:59となっています。

NifMo

NifMo
NifMoは店舗でもWEBからでも即日MNPが可能です。
WEBから行う場合は、送付された書類に記載されているURLにアクセスし、「MNP回線切り替えを申請する」をクリックするとで手続きができます。
18:00までにこの手続きを行うと、当日中に回線が切り替わります。

U-mobile

U-mobile
U-moileは店舗でもWEBでも即日MNPが可能です。
WEBから行う場合は、SIMカードが送付された後に「届出方式開通依頼お手続き」にアクセスし、案内のメールが送付されるのを待ちます。
その後、APN設定を行うことで回線の切り替えが完了します。

まとめ:即日MNP

いかがだったでしょうか?
スマホが使えない期間が出来てしまうのはどうしても避けたいですよね。筆者である私もLINEモバイルの即日MNPを利用して契約しました。
インターネットでの手続きで不安もありましたが、思ったより簡単でスムーズに手続きを終えることができ、すぐにスマホが使用可能となりました。
スマホが欠かせない方にとっては即日MNPのサービスはありがたいですね。
スポンサーリンク

-初心者入門, 格安SIM
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.