ユーザー登録(無料)
ログイン

初心者入門 格安SIM 格安SIM

【クレジットや口座振替、結局どれがいいの?】格安SIMの支払い方法を解説


投稿日:2019年1月4日 更新日:

格安SIMの支払い方法は?クレジットカードと口座振替のどっち?

この記事は、2020年9月24日に更新されました。

格安SIMの料金の支払いは、クレジットカードが主流です。

クレジットカード決済に対応していない格安SIMはおそらくありませんので、クレジットカードを利用すれば、支払いにはなんの問題もありません。

しかし、、、

「クレジットカードの登録はできるなら避けたい」
「クレカは持ってない」


という方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、そんなあなたでも安心!

格安SIMの料金の支払い方法について、丁寧に解説していきます。

自分が契約したい格安SIMの会社が口座振替に対応しているのか、
クレジットカードなしでも契約できる格安SIMはあるのか、

を、明らかにしていきます!

格安SIMの決済方法

さて、格安SIMの支払いには、どんな方法があるのでしょうか。

簡単にまとめてみました!

クレジットカード

先述のように、格安SIMではこの支払い方法が一般的です。

登録してあるクレジットカード会社を通して支払う方法で、クレジットカードさえあれば、誰でも簡単に支払いができます。

ほぼ全ての格安SIMが対応しているので、「カード情報を登録したくない」などの理由が特にない限り、この支払い方法が最も楽で、面倒もありません。

口座振替(口座引落)

こちらは、指定の口座から、代金が自動で引き落とされる決済の方法です。
水道代、電気代などの公共料金や年金、家賃の支払いなどで使われている方法です。

クレジットカードがカード会社を経由して口座から代金が引き落とされるのに対して、
口座振替では口座から直接引き落とされます。

結論から言うと、一部の格安SIMはこの決済方法に対応していますが、対応している会社の数は少ないのが現状です。

デビットカード

デビットカードは、登録している銀行口座に紐づけられたカードです。
クレジットカードとは異なり、カードを使用したその瞬間に、口座から代金が引き落とされます。
要するに、

プリペイドカード→前払い(チャージ)
デビットカード→同時払い
クレジットカード→後払い

という構図です。

デビットカードの魅力の一つが、15歳以上であれば登録できるという点で、
この記事を見ている方でもデビットカードであれば簡単に作れる可能性が高いです。

デビットカードの支払いに対応している格安SIMはありますが、口座振替と同様、会社の数は少ないです。

プリペイドカード

LINE Payカード
この方法は少々イレギュラーです。

プリペイドカードとは、クレジットカードやデビットカードと違い、事前にチャージすることで使えるカードのことで、代表的なものに、LINEの「LINE Pay カード」があります。

プリレイドカードの中にはJCBのようなブランドがついているものもあるので、そういったものであれば、プリペイドカードながらクレジットカードのような使い方ができます。
また、カードに銀行口座を紐づけることで、残高を口座から直接チャージできる機能がついているものもあります。

そのため、あらかじめ口座から支払い金額をカードにチャージすることで、口座振替のようにカードを使うことができます。

格安SIMの支払い方法の対応状況

ここまでで、
クレジットカード以外の決済方法について解説してきました。

そこでこれまでの決済方法をどの格安SIMがどれだけ対応しているのか
簡単な表にまとめました。

現在検討中の格安SIMやその他の格安SIMと比べてみてください!

格安SIM クレジットカード 口座振替 デビットカード プリペイドカード
mineo
UQモバイル ×
楽天モバイル ×
LINEモバイル × ×
BIGLOBEモバイル × ×
OCNモバイルONE ×
Y!mobile × ×
IIJmio × × ×
イオンモバイル × × ×
excite × × ×
nuro × × ×
ロケットモバイル × ×

以下では、
口座振替、デビットカード、プリペイドカードの何れかに対応している格安SIMについて解説していきます。

mineo

mineo
mineoは基本料の安さと、豊富なキャンペーン、3大キャリア全てに対応しているため乗り換えがしやすいことが特徴の格安SIMです。

口座振替

mineoの口座振替は少々特殊で、正直なところ、あまり現実的ではありません。

mineoは基本的にクレジットカードでの申し込みになっておりますが、
eo光ネットをご利用中で、預金口座振替のお支払い方法を選択している場合にのみ、口座振替を継続できます。

参考リンクはこちら
mineoユーザーサポートよくあるご質問 支払い方法をクレジットカード以外に変更したい

デビットカード・プリペイドカード

mineoでは格安SIMでは珍しく、
デビットカードやプリペイドカードでの支払いに対応しています。

口座振替はできない分、
デビットカードやプリペイドカードで代用できます。

参考リンクはこちら!
料金の支払いに、デビットカードは利用できますか?

UQモバイル

UQモバイルのロゴ
UQモバイルの特徴はなんと行っても回線の速さで、
キャリアであるauと全く同じ回線を使用しているため、
格安SIMにありがちな混雑時の回線の遅延などが起こらないという利点があります。

口座振替

UQモバイルは他の格安SIMよりも支払い手段が整備されており、口座振替を選んだ場合でも振替手数料はかかりません

また、オンラインでも申し込みが可能でクレジットカードを選ぶ場合と手間は変わりません。

どうしても口座振替で料金を支払いたい場合はUQモバイルの一択になるでしょう。

参考リンクはこちら!
UQモバイル公式サイト Q&A 利用可能な支払い方法を教えてください


デビットカード・プリペイドカード

UQモバイルではデビットカードの支払いに対応しています。

一方でプリペイドカードについては記述がなく、確認が必要です。

参考リンクはこちら!
月額料金の支払いにデビットカードは使えますか?

楽天モバイル

楽天モバイルは今までは通信を借りる側(MVNO)だったのですが、
今年からキャリア(MNO)として市場に参入したいま勢いのある通信事業社で、現在1年間基本料無料のとんでもないキャンペーンを実施しています。

口座振替

楽天モバイルでは、店舗窓口での他に、オンライン上での口座振替の手続きが可能になっています

毎回の引き落とし時には税別100円の手数料がかかってしまいますが、ネットで手続きできるのは非常に便利です。

参考リンクはこちら
楽天モバイル公式サイト 料金 お支払い方法について

デビットカード・プリペイドカード

楽天モバイルでは「楽天銀行デビットカード」と「スルガ銀行デビットカード」での支払いに対応しています。

特に、
楽天デビットカードでのお支払いでは1%の楽天ポイントがついてくるので、
クレジットカードと同じくらいお得かもしれません。

一方で、
プリペイドカードについては現状で対応していません。

楽天ポイントでの支払い

楽天モバイルは楽天ポイントでの支払いに対応しており、
クレジットカードかデビットカードを登録していることが条件ですが、
コンビニで楽天ポイントギフトカードを購入してそれを支払いに当てるなど、
実質コンビニ支払いのようなこともできます。

参考リンクはこちら
楽天モバイル公式サイト 料金 お支払い方法について


先着300万名限定!
プラン料金1年間無料

rakuten-mobile
公式サイトはこちら >

LINEモバイル

LINEモバイル
LINEモバイルは、
リーズナブルな月額料金と豊富なデータフリーオプションが魅力の格安SIMで、

月額480円の「SNS音楽データフリー」では、
LINEやTwitterだけでなく、インスタグラムやspotifyなど、
若者に人気のサービスがカバーされており、
特に若い世代におすすめできる格安SIMです!

口座振替

LINEモバイルは口座振替に対応していません。

参考リンクはこちら
決済⋅支払い方法について教えてください。

デビットカード・プリペイドカード

LINEモバイルではデビットカードでの決済には対応していない代わりに、
LINEが発行する「LINE Pay カード」でのプリペイドカード支払いには対応しています。

このLINE Pay カードはかなり高機能で、
口座と紐付けることでスマホ上で簡単にチャージしたり、
金額を設定して、その金額を下回ったらオートチャージなど、
使い方によってはクレジットカードやデビットカードの代わりにもなります。

筆者自身もこのLINE Pay カードを使用していたことがあり、
ネット上での決済や、アプリの課金、Adobe等のサブスクリプションサービスの決済にも使用できました。

年齢制限もないため、クレジットカードを持てない方には
「LINEモバイル」×「LINE Pay カード」の組み合わせは非常におすすめです!

参考リンクはこちら!
支払い方法

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルは、YoutubeやAbema TVといった動画コンテンツからTwitter・InstagramなどのSNSアプリなどがカウントフリーで利用できるエンタメフリー・オプションが特徴的!

日ごろからカウントフリー対象アプリをたくさん利用する方にとっては、かなり料金節約が期待できます。

その他不定期でお得度の高いキャンペーンを展開している点も見逃せないポイントです。

口座振替

「KDDI請求」として、オンライン・郵送手続きにて支払い方法を口座振替として登録することが可能です。
ただしデータ専用SIMでの契約時に限ります。音声通話SIMでは口座振替はできません。

参考リンクはこちら
BIGLOBEモバイル公式サイト 各種手続き 支払い方法の登録/確認/変更

デビットカード・プリペイドカード

BIGLOBEモバイルではデビットカード、プリペイドカードでの支払いには対応していません。

OCNモバイル

OCN モバイル ONE
OCNモバイルONEは、
毎四半期に行われる端末の値下げキャンペーンが人気の格安SIMです。

海外でも類を見ないほどの値下げを行うので、最新端末を安くほしい!という方はキャンペーンを狙ってみても良いかもしれません!

口座振替

OCNモバイルONEで口座振替の申し込みをする場合はネットではできず、
電話で問い合わせ、申し込み用紙を請求する必要があります

ただ、クレジットカードならオンラインのため即日で申し込みが完了するのですが、口座振替ですと郵送になるので手続きが長くなってしまいます

参考リンクはこちら
OCNモバイル公式サイト よくある質問 OCN モバイル ONEの利用料金には、どのような支払い方法がありますか?


デビットカード・プリペイドカード

OCNモバイルONEでは原則としてクレジットカードでの支払いにしか対応していますが、デビットカードで登録することができたという声もあります。

OCNモバイルONE側で、このデビットカードが使えるという指定はないので、
自分が持っているデビットカードで登録してみて、使えるかどうか試すしかないようです。

またプリペイドカードは使えません。

参考リンクはこちら!
口座振替やデビットカードにも対応!OCN モバイル ONEの支払い方法まとめ


Y!mobile

Y!mobileのロゴ
ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとして安定した通信品質が最大の魅力。
全国各地に実店舗を展開しているので、サポート面での安心感もあります。

また、10分間の通話かけ放題が料金プランにコミコミなので、通話もたっぷりしたいユーザーにも使いやすいでしょう。
大手キャリアとほぼ変わらない使用感で料金を節約することが可能です。

口座振替

全国のワイモバイルショップ、または郵送手続きにて、支払い方法を口座振替で登録することが可能です。

残念ながらネットからの申し込みは不可となっています

参考リンクはこちら
Y!mobile公式サイト サポート 口座振替でお支払い

デビットカード・プリペイドカード

Y!mobileではデビットカード、プリペイドカードでの支払いには対応していません。

ロケットモバイル

ロケットモバイルは知る人ぞ知る個性的な格安SIMで、
スマホライトユーザー向けプランでは業界最安値の安さを誇ります。

口座振替

ロケットモバイルは口座振替には対応していません。

デビットカード・プリペイドカード

ロケットモバイルは、プリペイドカードには対応していない代わりに、デビットカードには対応しています。

口座振替にしたいという方は、デビットカードを利用することで、代用できます!

参考リンクはこちら!
支払い方法にデビットカードは利用可能ですか? < div class=”reflection”>
rocket-mobile
<div style=”width:60%;text-align:center;color:white;font-weight:bold;” “=””> 公式サイトはこちら >

デビットカード払いは問い合わせれば可能性あり!

公式サイト上にデビットカード払には対応していないと書いてあっても、
実際に試してみたり、電話で問い合わせることで、使えるというパターンもあります。

どうしてもクレジットカードは使いたくない方や、
クレジットカードを持っていない方は一度問い合わせてみるのも良いかもしれません。

一方でSIM太郎では、
SIMの支払いにはクレジットカードを使うことをおすすめしています。

その理由の一つがポイント還元です。

クレジットカードはその性質上、
正しく使えば消費者が必ず得するようにできています。

そこで、
ここから先はおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

格安SIMの支払いにオススメのクレジットカード

格安SIMにオススメのクレジットカード

契約する名義について

格安SIMを契約する場合、本人名義のクレジットカードが必要となります。
ただし、子供が使うSIMを親名義で契約することは可能です。 MNPをする場合は、今使っているスマホの名義と格安SIMの契約名義とクレジットカードの名義を全て同一にする必要があります。
そのため、名義が揃えられない場合はMNPをする前にスマホの名義を変更する必要があります。

未成年の場合は?

多くの格安SIMでは未成年では契約することができません。 ただし、いくつかの格安SIMでは契約することができるので詳しくは下記の記事をご覧ください。
これらの格安SIMで未成年でも契約が可能でも未成年名義のクレジットカードが必要となります。

未成年にオススメのクレジットカードを紹介していきます。

Yahoo!カード

Yahooカード
Yahoo!カードは年会費が無料で、1%のポイント還元率のクレジットカードとなっています。
100円の支払いで1ポイントのTポイントがもらえ、Tポイント対応店舗でポイントを使うことができます。

また、Yahoo! カードがあるとYahooショッピングでの買い物でもらえるポイントが2%アップします。つまり、今まで通常1%だったポイントが3%になり、Yahoo!プレミアム会員なら4%追加されて、合計7%になります。
さらに、審査も通りやすく初めて持つクレジットカードには最適です。

楽天カード

楽天カード
楽天カードは年会費無料で1%のポイント還元率のくれ十っとカードとなっています。
100円の支払いで1ポイントの楽天ポイントがもらえ、楽天ポイント対応店舗でポイントを使うことができます。

また、楽天市場の買い物ではポイントが3倍になるのが特徴となっています。
さらに、楽天モバイルを契約すると楽天市場でもらえるポイントが+2倍になります。つまり、楽天モバイル契約者が楽天カードで楽天市場で買い物をすると通常1倍のポイントが5倍となります。
かなり、お得なシステムで楽天モバイルを契約の方は他のクレジットカードを持っていても作る価値のあるクレジットカードとなっています。 ネットで全ての手続きが可能で3日ほどでクレジットカードが届きます。

格安SIMの支払い方法のまとめ
〜クレジットカードが無難〜

格安SIMの支払い方法
もう耳にタコができるほど聞いているかと思われますが、
格安SIMを申し込む場合はよっぽどの理由がない限り、クレジットカードでの支払いをオススメします

口座振替だと手続きの手間がかかったり、手数料がかかるなど、デメリットが多く見られます。

支払いでもポイントがつくクレジットカードの方が、料金的にもオトクになりますしね。

実際に90%以上の格安SIMユーザーがクレジットカード支払いを選んでいます。


スポンサーリンク