au回線から選ぶ ソフトバンク回線から選ぶ 家族プランから選ぶ 格安SIM 格安SIM一覧

【徹底解説】mineoの評判・料金・速度!実際に使って分かったコト

更新日:

mineo
かつてAU回線を採用しているMVNOが少なかった頃はそんななかでもAU回線を提供していることで有名であったmineo。しかし、最近ではドコモやsoftbank回線も加えCMもよくみる人気の格安SIM業者となりました。
mineoの格安SIMの実力はどのようなものでしょうか。今回の記事ではmineoに関してじっくりまとめていきます。

mineoのメリット!

  • 音声通話プランをすぐに解約しても解約手数料が発生しない
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる家族にシェアもできる
  • パケットギフトで余ったデータを家族や友人にシェアできる
  • au,ドコモのほかにソフトバンク回線も利用可能
  • フリータンク機能で毎月+で1GB貰える
  • エントリーパッケージで契約手数料の節約ができる

音声通話プランをすぐに解約しても解約手数料が発生しない

他の格安SIMの音声通話SIMを契約すると、最低契約期間が設けられており9,000円程度の違約金が発生します。
しかし、mineoなら通話SIM・データSIMの両方で最低契約期間がなく、すぐに解約したとしても違約金や解約手数料などが発生しません。

ただ、契約から1年以内にMNPを行う場合は、MNP手数料として11,500円が発生します。契約から1年以上経っている場合の手数料は2,000円です。

mineoは違約金が発生しないので、他の格安SIMよりも気軽に申し込みができて試すことができます。

余ったデータを翌月に繰り越せる家族にシェアもできる

mineoでは当月中に使いきれなくて余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。
また、その余ったデータ容量を家族に送ることもできます。

例えば、家族の一人の余ったデータ容量をもう一人にパケットシェアでデータ容量を送ることができるのです。
そのため、家族で誰かがデータ容量を使いきれなくても無駄なく利用することができます。

パケットギフトで余ったデータを家族や友人にシェアできる

先ほどのパケットシェアは先月分の余ったデータ容量を送れるものでしたが、このパケットギフトでは今月分のデータ容量を送れるものになります。
パケットギフトは家族だけでなく友人へ送ったり貰ったりすることができ、通信制限時などに重宝します。

パケットギフトの有効期限は翌月末までになります。

au,ドコモのほかにソフトバンク回線も利用可能

mineoはau・ドコモ・ソフトバンクの回線に対応しているトリプルキャリアの格安SIMになります。
また、契約後であっても2,000円の手数料を支払えば回線を変更することができます。

契約の途中で回線の変更ができる格安SIMは数少なくmineoの強みと言えます。
そのため、「ドコモ回線を使っていたけど電波の調子が悪いからソフトバンク回線に変えたい」ということが可能です。

フリータンク機能で毎月+で1GB貰える

そして、注目なのがこの機能です。
フリータンク機能とはmineoユーザーが余ったデータ容量をフリータンクに寄付することができます。
そして、データ容量の足りないユーザーはフリータンクから毎月1GBまで無料で引き出すことができるのです。

他の格安SIMだと、追加でデータ容量を購入しないと通信制限になりますが、mineoのフリータンクを利用すれば1GB分が無料でチャージできます。
このフリータンク機能やパケットシェア機能などmineoにはデータ容量に関するサービスが充実しており、通信制限で困ることが少ないです。

エントリーパッケージで契約手数料の節約ができる

エントリーパッケージを使うと、mineoを契約する際に発生する登録事務手数料の3,000円が無料になるアイテムです。
コンビニや家電量販店などで購入ができ、店舗によって値段が異なりますが500円ほどで購入することができます。

このエントリーパッケージを使うと2,500円ほどが節約できるので、オススメです。

mineoのデメリット

  • 時間無制限での通話プランがない(10分以内のみ)
  • マイネオショップのサービスが他の格安SIMの実店舗より薄い
  • スマートフォン本体の購入は価格が高くなりがち
  • キャンペーンのお得感があまりない

時間無制限での通話プランがない(10分以内のみ)

mineoでは月額850円で10分以内の国内通話がかけ放題になるオプションが用意されています。
普段の通話が10分以内の方ならお得に利用できるのですが、10分以上の通話が多い方にとっては通話料が高くなってしまう場合があります。

マイネオショップのサービスが他の格安SIMの実店舗より薄い

mineoには実店舗となるmineoショップがあるのですが、新規契約や初期設定などのサービスが中心で契約変更、解約や端末修理は取り扱っていません。
それらは、WEB上で申し込む必要があり、実店舗でのサポートが充実しているとは言えません。

スマートフォン本体の購入は価格が高くなりがち

mineoのSIMカードは安くてサービスも良いのですが、スマートフォン本体も一緒に購入しようとすると端末代が高くなりがちです。
端末代も安く抑えたいなら、SIMフリー端末を別途購入するのが良いでしょう。

キャンペーンのお得感があまりない

他の格安SIMサービスでは新規契約の募集としてお得なキャンペーンを定期的に開催しています。
しかし、mineoのキャンペーンは他と比べてお得感がやや薄いです。

mineoのプランと料金

mineoのプランと料金

シングルタイプ(データ通信のみ)

プラン内容 ドコモ回線 AU回線 ソフトバンク回線
500MB 700円700円790円
3GB 900円900円990円
6GB 1580円1580円1670円
10GB 2520円2520円2610円
20GB 3980円3980円4070円
30GB 5900円5900円5990円

デュアルタイプ(データ通信+音声通話)

プラン内容 ドコモ回線 AU回線 ソフトバンク回線
500MB+音声通話 1400円1310円1750円
3GB+音声通話 1600円1510円1950円
6GB+音声通話 2280円2190円2630円
10GB+音声通話 3220円3130円3570円
20GB+音声通話 4680円4590円5030円
30GB+音声通話 6600円6510円6950円

10分以内の通話かけ放題のプランあり

mineo 電話かけ放題
通話プランをお申し込みのユーザーが月額850円のオプションをつけることで10分以内の国内通話がかけ放題となります。

端末購入プラン

mineoでは公式サイトから端末の販売も行っています。販売している端末としてはIos,Androidの両方を取り扱っていますが、基本的にIos端末に関しては旧機種、そしてリフレッシュ品の販売となります。

mineoの端末安心保障サービス

mineoの端末安心保障サービス

こちらの端末保障サービスは、mineoの公式ページより端末を購入した時のみに申し込める端末保障パックとなっています。月額370円で落下や水没による端末交換費用を、年間一回目は最大5000円、二回目は8000円までで受けられる保障サービスとなります。また修理が可能な場合は、修理費用が無料となります。ただしIphoneはこの保障サービスの対象外となりますのでご注意ください。

持ち込み端末安心保障サービス

mineoの端末保証
こちらは、mineo公式より購入した端末以外を対象とした、端末保障サービスとなります。当プランに加入できる端末は、mineo指定の端末のみとなりますので、指定端末は以下の公式リンクよりご確認ください。当プランでは持ち込み端末を回線契約時に保障端末として指定することで、当該端末が先述の保障内容をうけることができるようになります。しかしIos端末の修理に関しては注意が必要で、公式ページに「iPhoneおよびiPadの修理を行った場合、本サービス解約後にApple社での修理対応ができなくなる可能性がございます。」との記述があり、非公式店舗での修理が予想されますで、新機種及びApple公式保証期間内の端末は、mineoの保障パックを利用して修理しなうほうがいいでしょう。

mineoの基本情報

mineoの基本情報

使用している回線

mineoはMVNO業者の中でも珍しく、ドコモ、AU、ソフトバンクの全ての回線の利用が可能となっています。そのため、自分の地域等に合わせて柔軟に回線を選択することができます。

mineoの速度

mineoはどの回線を選ぶかによって通信速度が変わってきます。
ソフトバンク回線は2018年9月からサービス開始した回線ということで利用者も少なく、基本的にどの時間帯も快適に通信を行うことができます。
次にドコモ回線が速く、ドコモ回線に対応している格安SIMの中では比較的速い部類に入ります。

au回線は正直、あまりオススメできません。
au回線は速度が比較的遅く、「UQモバイル」というau回線で速度の速い格安SIMがあるからです。
月額料金は少し高くなりますが、au回線を使いたいならUQモバイルをオススメします。

料金の支払い方法

mineoでは料金支払方法としてクレジットカード及び口座振替が利用可能となっています。ただし口座振替に関しては、利用者が現在eo光ネットを利用中で、口座振替にて料金を支払っているケースにのみ、mineoの月額利用料も同様に支払うことが可能となっています。

最低契約期間および違約金

mineoでは、MVNO業者としては珍しく、音声通話SIM、データ通信専用SIMの両方において最低契約期間は指定されておらず、短期契約解除料は無料となっています。ただし回線開通より12か月以内のMNPに関しては、MNP早期転出手数料として11500円の手数料が発生してくるため、注意が必要です。

初期費用

mineoでは、新規回線開通にあたり、契約事務手数料として3240円、そしてSIMカード発行手数料として、AU回線の場合は248円、ドコモ回線の場合は368円、ソフトバンクプランの場合は363円の合計が、初期費用として必要になります。

mineoの諸機能

mineoの諸機能

高速通信on off機能(速度設定機能)

mineoでは高速通信オン・オフ機能が利用可能となっています。高速通信のオン・オフには「mineoスイッチ」と呼ばれるスマホアプリを用いることで、高速通信のオンオフが選択可能です。

データ量くりこし、譲渡機能の有無

mineoでは、当月内に使いきれなかったデータ量を①次月に繰り越し②他のmineoユーザーにシェアすることができます。繰り越されたデータの有効期限は翌月まで、シェアされたデータの有効期限も翌月までとなっていますが、シェアに関しては送信するたびに有効期限が変更されるため、いつまでも行こう期限を延長させることが実質可能となっています。

サポート(使い方わからない時)の有無

mineoでは、スマホ操作に関するサポートを有料で行っています。月額500円にて、対応するオペレーターが、ユーザーのスマホ画面を見ながら、スマホの操作に関するサポートを受け放題になります。

キャリアメールが利用可能か

mineoでは、キャリアメールサービスの取り扱いはございません。

SMS(ショートメッセージサービス)

mineoではSMSをオプションで追加することで利用が可能となっています。AU回線のSIMの場合、デュアルタイプの場合は手続き不要、シングルタイプの場合は、月額利用料無料のSMSオプションに申し込みする必要があります。ドコモ回線の場合はデュアルタイプは申し込み不要、シングルタイプの場合は、SMSが利用可能なSIMへの変更手続きが必要となります。最後にソフトバンク回線の場合、デュアルプランの場合は手続き不要、シングルプランの場合は、SMS対応のシムカードへの変更が必要となります。

無料公衆wifi優遇の有無

mineoでは、公衆無線Wi-fiへの接続サービスの取り扱いは現状ございません。
mineo wifi
公衆Wi-fiの機能はあるものの月額362円の有料オプションとなります。

テザリング

mineoでは、利用端末がテザリング機能に対応している場合、月額使用料なしでテザリング機能を利用することができます。

まとめ

mineo 特徴まとめ
mineoは、珍しいau回線とドコモ回線を提供する格安SIMです。 余ったデータを翌月に繰り越したり、家族間でパケットシェアができたりと特徴的なサービスを備えています。データ通信量をお得にやりくりしたいユーザーにオススメです。

スポンサーリンク

-au回線から選ぶ, ソフトバンク回線から選ぶ, 家族プランから選ぶ, 格安SIM, 格安SIM一覧
-, , , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.