初心者入門 格安SIM

格安SIMをお得に契約できるエントリーパッケージとは?

投稿日:

格安SIMを申し込む際、ほとんどがWEB申し込みになると思いますが、実は余計な料金が発生しています。
それは、「契約事務手数料」という名前で、どの格安SIMでも3000円程度の費用になります。
その手数料を無料にするのが、エントリーパッケージ!
事前にエントリーパッケージを用意してコードを入力することで契約事務手数料が無料になります。

今回は、エントリーパッケージを使って格安SIMをお得に申し込む方法を紹介したいと思います。

格安SIMのエントリーパッケージとは?

エントリーパッケージとは、それぞれの格安SIM事業者が発行しているシートのことです。
エントリーパッケージには、「音声通話SIM用」・「データ通信SIM用」に別れているものもあれば、両方に対応するパッケージを提供している格安SIMもあり、このパッケージに記載されているコードを申し込みの際に入力することで契約事務手数料が無料になります。

また、それぞれの格安SIM独自でキャッシュバックなどのキャンペーンを実施している場合があり、通常よりも安く利用できる場合もあります。

エントリーパッケージの注意点

基本的にデメリットはありませんが、知っておくべき注意点がいくつかあるので確認をしときましょう。

届くまで2日程度かかる

エントリーパッケージはコンビニや家電量販店・Amazonなどで購入する事ができます。
コンビニや家電量販店で購入する場合は問題ないのですが、Amazonで購入する場合は届くまでの2日程度かかってしまいます。
そのため、すぐには契約できない!という問題が発生します。

MNP予約番号の期限

大手通信キャリアから格安SIMに電話番号を変えずに乗り換える場合は、MNPを利用する必要があります。
その際、大手キャリアから「MNP予約番号」を受け取るのですが、予約番号の期限が15日に設定されています。
また、格安SIM側でもMNP予約番号の期限が◯日以上あること。という条件があります。(多くは7日以上)
そのため、MNPを利用した乗り換えをする場合は、エントリーパッケージを購入してからMNP予約番号を取得しましょう。

契約内容やSIMのサイズが決まっている場合も

エントリーパッケージには「音声通話SIM用」と「データ通信用」で種類が別れているもの。
また、SIMカードのサイズで種類が別れているものがあります。

エントリーパッケージを購入する際は、自分が契約しようとしているプラン・SIMサイズを確認してから購入するようにしましょう。

Amazonで購入できるエントリーパッケージ

LINEモバイル

LINEモバイルについて詳しくはこちら

mineo

mineoについて詳しくはこちら

楽天モバイル

楽天モバイルについて詳しくはこちら

UQモバイル

UQモバイルについて詳しくはこちら

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルについて詳しくはこちら

Y!mobile

Y!mobileについて詳しくはこちら

IIJmio

IIJmioについて詳しくはこちら

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEについて詳しくはこちら

まとめ:エントリーパッケージでお得に契約しよう

格安SIMのエントリーパッケージは、初期費用を抑えたい方にとっては必須のアイテムです。
先ほど紹介した注意点のみ抑えれば、契約事務手数料の3000円ほどを節約できるので是非活用してみて下さい。
スポンサーリンク

-初心者入門, 格安SIM
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.