格安SIMのバースト転送機能とは?

格安SIMのバースト転送機能とは? おすすめ格安SIM
格安SIMの中に、データ通信開始時に一定量だけ通信速度が高速になるバースト転送機能というものがあります。このバースト転送を使うことで低速通信のプランでもインターネットを快適に利用できるようになります。
今回はこのバースト転送機能のメリットや注意点を説明し、対応している格安SIMを紹介していきます。

バースト転送機能とは?

DMMモバイル バースト転送
バースト転送機能とは、上図のようにデータ通信の際の通信開始時の一定量だけ通信速度を高速にし、インターネットの読み込みを速める機能となります。
このバースト転送機能を使うことで低速通信時でもサイト等の読み込みが速くなり快適にインターネットを楽しむことができます。

どんな時の効果があるの?

格安SIMでバースト転送機能が役立つ時はどんな時なのでしょうか?下記にまとめました。

データ容量を超過して通信制限になった時

多くのプランでは月に利用できるデータ通信量が定められていて、それをオーバーすると自動的に低速通信モードとなってしまいます。

3日間制限にかかった時

多くの格安SIMでは連続する3日間で使用できるデータ通信量の上限が定められている場合があります。直近の3日間でデータ通信量を使いすぎると低速通信モードとなってしまいます。

高速通信のオンオフ機能で低速モードに切り替えた時

格安SIMの中には専用アプリにて高速通信のオンオフを切り替えることができるものがあります。この機能はデータ通信量を節約する際に用いられ、高速通信をオフにすると低速通信モードとなります。

もともと高速通信に対応していない時

格安SIMの中にはデータ通信量の上限を定めないで、常に低速通信モードにすることで月々の料金が500円程度の高速通信のないプランがあります。このプランでは常に低速通信モードとなっています。

バースト転送機能に対応したおすすめ格安SIM

バースト転送機能に対応したおすすめ格安SIM

UQモバイル

UQモバイル
UQモバイルは通常の高速通信の速度が格安SIMの中で最も速く低速通信時でも300Kbpsと比較的速いことが特徴です。
また、高速通信のオンオフの切り替えやバースト転送機能にも対応しており、非常に使い勝手の良い格安SIMとなっています。

UQ mobile公式サイトはこちら
UQ mobile 【ALL CONNECT】

mineo

mineo
ドコモ回線とau回線から選ぶことができるmineoは、データ容量を分け与えられるシェア機能が充実していることが特徴です。
また、高速通信のオンオフとバースト転送機能にも対応しておりデータ通信量を最も効率的に使える格安SIMとなっています。

mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

DMMモバイル

DMMモバイル
DMMモバイルは業界最安値水準のプランを提供していることが特徴です。特に、最大通信速度200kbpsのみのデータ通信SIMの月額基本料金は440円となっており、驚きの安さです。
もちろん、バースト転送機能にも対応しておりスマホを最大限安く利用できる格安SIMとなっています。

DMMモバイル公式サイトはこちら

まとめ:バースト転送機能

低速通信モードでもバースト転送機能を使えば、データ通信がより快適に行うことができます。特に、データ容量を節約したい方や通信制限になってしまう人はバースト転送機能に対応している格安SIMから選ぶのがおすすめです。

Follow me!