データ量から選ぶ 格安SIM

【徹底比較】月1GB使えるオススメの格安SIM10選

投稿日:

格安SIM 1GB
毎月のスマホ料金を節約できると人気の「格安SIM」。
しかし料金やデータ容量のプランが細かく分かれているので、興味はあるけれども「サイトを見てもよくわからない」と、考えている人も多いのではないでしょうか。

今回は、高速通信が利用できて、毎月1GBの通信料が使える格安SIMを、各社の特徴と料金、おすすめポイントをまとめてみました。
家や会社ではWi-Fiを使っているので外ではあまりデータ通信を利用しない、メールやLINE、FacebookなどのSNSが利用できれば十分という人には、1GBプランの格安SIMは毎月のスマホ料金を大幅に節約できるオススメのプランです。

なお下記の表は容量別のプランと用途です。データ通信量1GB の格安SIM以外を検討している人は参考にしてみてください。

通信容量
(1ヶ月)

おすすめの用途

1GB

データ容量としては「1GB」と少ないですが、月額料金は各社とも最安値で利用することが可能です。
メールや容量の軽いサイトの閲覧が中心であれば、問題がないと言えるデータ容量です。

3GB

格安SIMで主流となっている容量です。
SNSやサイト閲覧、LINE通話(極端な長時間通話除く)などの用途であれば問題ない容量で、短時間であれば動画も見ることができます。

5~6GB

Docomo、au、ソフトバンクなどのキャリアでも取り扱っているデータ容量ですので、キャリアからの乗り換えを考えている人にぴったりのプランです。テザリングも利用したいなど、少ないデータ容量に少し不安な人にも向いています。

10GB以上

大容量プランを希望の方に向いているプランです。
動画や、アプリ、ゲームなどデータ通信をたくさん利用してもたっぷりつかえて安心です。複数人とデータをシェアできるプランも用意されているので、利用用途の広いプランです。

使い放題

毎月利用するデータ容量を気にしたくない、それに伴う月額料金も気にしたくないという人。毎月速度制限に引っかかってしまうという人も、LTEの高速通信が使い放題で利用することができるプランです。

1GBの格安SIMの選び方

容量1GBの格安SIMを選ぶときに一番に気になるのは利用料金だと思います。
しかし、各社とも、もともとかなり低い料金を設定しているため、どこの格安SIMのプランもそこまで料金には大きな差はありません。

そのため、格安SIMを選ぶときは最低利用期間、違約金、データ容量の翌月繰越し、追加容量の有無などに気をつけて選ぶのが良いといえるでしょう。

1GBのプランが向いている人は??

どの格安SIMでも最安プランにあたりますので、やはり月々の利用料金を節約したい人に向いています。
また、家や会社ではWi-Fiを利用できて外出先ではSNSやメールやLINE通話などをメインとした使い方におすすめです。

1GBの通信料はどれくらい?

では1GBの通信量というとどれ位なのでしょうか。下記を参考にしてみてください。
  • メール送受信:約2000通
  • サイト閲覧:約3500ページ
  • 動画(中画質):約4.5時間
  • 音楽ダウンロード:約250曲

データ容量の繰越しの有無も重要

他のプランに比べてやはり容量が少ない1GBプランなので、当月の余った容量の翌月繰越しができる格安SIMや追加で容量を足すことのできる格安SIMを選ぶのが良いでしょう。
そうすると、月によって使う頻度に差が出るという方でも安心です。

次項の表では格安SIMの通信事業者ごとに、料金プランや最低利用期間、容量の翌月繰越し、容量を追加の有無なども掲載しています。ぜひ参考にしてみてください。

低速モードの質が重要

月1GB使える格安SIMは、高速通信が1GB使えるという意味です。
1GBを使い切ると低速通信(以下、低速モード)でのデータ通信になります。
月1GBのデータ量だと、かなり高い可能性で低速モードを使うことになるでしょう。

一言に低速モードといっても格安SIMごとに実際に出る通信速度や諸条件が色々変わってきます。低速モードでも速い格安SIMは240kbps出ますが、遅い格安SIMは60kbpsくらいしか出ません。

低速モードなら無制限に使える格安SIMと、低速モードでも3日間で366MBまでしか使えない格安SIMもあります。
また、高速通信のデータ量を使い切る前に、高速と低速を切り替えられる格安SIMもあります。

バースト転送(バースト機能)という、低速モードでも通信を開始した直後の一瞬だけ高速通信ができるという機能です。

同じ1GBのプランといっても様々な違いがありますので、下表を参考にしてみてください。月1GBのプランを選ぶ場合、低速モードの質は、とても重要なポイントになります。

重要ポイント8項目で各1GBの格安SIMを比較してみよう

各社の1GBのプランを月額料金、前項で述べたデータ容量繰り越しの有無、低速モードの質に関して一覧表にまとめてみましたのでご参考にしてください。
なお、最低利用期間/違約金はデータ通信の場合基本的に発生しないので省力してあります。
また回線のDはdocomo、Aはau、Sはソフトバンクを表しています。

格安SIM
(回線)
月額料金
(データ通信)
月額料金
(音声通話)
最低利用期間(最大)/違約金 低速モードの速度 データ
繰越
速度
切替
バースト転送 データ
追加
LINEモバイル
(D/A/S)
500円 1,200円 13ヶ月
/9,800円
200kbps × ×
BIGLOBEモバイル
(D/A)
1,400円 13ヶ月/8,000円 200Kbps × ×
DMM mobile
(D)
480円 1,260円 13ヶ月/9,000円 200kbps
u-mobile S
(S)
880円 - なし 200kbps × × × ×
エキサイトモバイル
(D)
670円 1,370円 13カ月
/9,500円
200Kbps
イオンモバイル
(D/A)
480円 1,280円 なし 200kbps
DTIモバイル
(D)
600円 1,200円 12ヶ月
/9,800円
200kbps × ×
b-mobile
(D/S)
540円 990円 5カ月
/8,000円
自動的に追加 × × × -
スマモバ
(D)
- 1,580円 24ヶ月
/9,800円
128kbps × × ×
ロケットモバイル
(D)
590円 1,250円 12ヶ月
/9,500円
200kbps × ×

1GBのプランがある格安SIM10選!

ここでは前項の表でまとめた10社の格安SIMの特徴をご紹介していきます。

LINEモバイル

ドコモ、au、ソフトバンク回線を選べるマルチキャリア回線の格安SIMです。
さらに、コミュニケーションツールの「LINE」の通信量が無制限で使えるプラン、インスタグラム、TwitterなどのSNSが無制限で使えるプランがあるのが特徴です。

料金プランがシンプルで分かりやすい万能な格安SIMといえるでしょう。
LINEをはじめ、SNSアプリが無制限で利用可能!LINE Payでの月額支払いも可能で今最も勢いに乗っている格安SIMといえるでしょう。

ここがおすすめLINEモバイル

  • 「LINEフリープラン(1GB/月)」は、LINEのトーク
  • 通話が使い放題・上限の1GBを使い切ってもLINEのデータ通信量に関しては無制限
  • 連絡手段のメインがLINEという人にはとてもオススメなプラン
LINEモバイルについて詳しくはこちら

BIGLOBEモバイル

大手プロバイダのビッグローブが提供する格安SIMです。
豊富な料金プランや端末保証サービスが用意されており、スマホとセットになっている「BIGLOBEスマホ」が数多くラインナップされています。
YouTubeやAbemaTVなど、特定のアプリのデータ通信量が消費しない「カウントフリーオプション」があるのが最大の特徴。

月額480円から利用でき、動画・音楽コンテンツが使い放題となります。
1GBプランは音声通話SIMプランのみでの提供です。(データ専用プランは未提供。)

ここがおすすめBIGLOBEモバイル!

  • 無料専用アプリ「BIGLOBEでんわ」の利用で通話料が節約できる
  • 月額250円で全国86,000カ所のポイントで使えるBIGLOBE Wi-Fiが利用可能
  • AWAやYouTubeのデータ通信量がカウントフリーとなる「エンタメフリーオプション」が魅力的

BOGLOBEモバイルについて詳しくはこちら

DMM mobile

人気プランが業界でも最安レベルに安いのが特徴の「DMM mobile」。
料金プランもシンプルで分かりやすく、複数回線で通信容量をシェアできる、シェアコースも魅力的。

データ容量を消費してしまった後でも特定の利用内容であれば、一定期間高速通信が可能となる「バースト機能」や、低速通信・高速通信の切り替え、データ容量の翌月繰越など、状況に応じた様々な利用の仕方が選択できるのが便利な格安SIMです。

ここがおすすめDMM mobile!

  • 1GBの月額料金が最安クラス
  • 「データ繰越」「バースト機能」がついており、1GBプランを利用したい人にも魅力的

DMMモバイルについて詳しくはこちら

U-mobile

U-NEXTが提供する格安SIM・U-mobile。
基本のデータ定額プランに加え、LTE使い放題プランや音楽聴き放題SIM、月25GBの大容量プランにソフトバンク回線の格安SIMなど、豊富な料金プランを取り揃えています。
1GBのプランはデータ通信のみですが、格安SIMにはまだまだ数少ない実店舗も構えており、実際の端末を触ったり料金の相談から契約まで専門スタッフがサポートしてくれます。豊富なプランの種類が特徴的!大容量プランならU-NEXTポイントが貯まるので、エンタメコンテンツをたっぷり楽しみたいという人にもおすすめできます。

U-mobileはここがおすすめ!

  • 様々なタイプのプランが用意されているので用途に応じた使い方を選べる
  • 全国約82,000ヶ所以上で利用できるU-NEXT Wi-Fiが無料で利用可能
  • docomo、au、ソフトバンクなどのキャリアに比べて安い料金で大容量のデータ通信を実現
  • 通話プラスプラン内、データ専用プラン内での変更は契約期間の縛りがない
  • データ専用プランの契約期間の縛りがない

U-mobileについて詳しくはこちら

エキサイトモバイル

ドコモ回線を利用している「excite モバイル」は、選べる料金プランが豊富。
毎月使用したデータ容量に合わせて月額が決まる「最適料金プラン」、最大50GBまで選択肢がある、豊富な料金プランを設けた「定額プラン」などが選べます。
SIM3枚コースは、複数端末を利用する場合や、家族でまとめて契約する場合には、圧倒的にお得になります。使った分だけ支払いをする従量制プランが他には無い魅力!SIMの複数枚契約で通信容量のシェアも可能です。

ここがおすすめエキサイトモバイル!

  • 1GBのプランでも3枚コースが選べるので複数の端末を使いたい人に最適
  • 高速モード・低速モードの切り替えが可能
  • データ繰越、バースト転送、データ容量追加も可能

エキサイトモバイルについて詳しくはこちら

イオンモバイル

イオンリテール株式会社が運営する格安SIMである「イオンモバイル」。
イオンの各店舗で、格安SIM・格安スマホを専門のスタッフと一緒に選ぶことができるのが魅力です。
格安SIMの料金プランが非常に細かく分けられていてユーザーが使いたいベストなデータ通信量のプランを選ぶことができます。
月額料金を安く利用したい人、データ通信を多く利用したい人にもおすすめな格安SIMです。
全国のイオンモール200店舗以上に取扱店があるので、サポート面も安心です!料金が業界最安レベルなところも見逃せません。

ここがおすすめイオンモバイル!

  • 高速モード・低速モードの切り替えが可能
  • 1GBの月額料金が最安クラスに安い
  • 解約金がないので試し使ってみるのもあり

イオンモバイルについて詳しくはこちら

DTI SIM

インターネットサービスプロバイダーとして20年の実績を持つDTIから提供される格安SIMサービス。
YouTubeやTwitterが見放題となるプランや、新規契約の際、最初の半年間割引が適用される「データ半年お試しプラン」、「でんわ定額プラン」など、ユーザーには嬉しいサービスが魅力的。
業界最安級のプラン料金!
半年間0円で利用できるお試しSIMがあるので、お試しで使ってみたい人にもおすすめ!

ここがおすすめDTI SIM

  • 月額料金が最安クラス
  • シンプルで分かりやすいプラン内容
  • 1GB利用でデータ容量を超えてもオプションで「データチャージ」が利用できる
  • データ繰越も対応

DTI SIMについて詳しくはこちら

b-mobile

格安SIMの先駆けとしても知られるb-mobileは、ソフトバンク系格安SIMに関してもパイオニア的な存在の格安SIMです。
知名度はそれほど高くありませんが、特徴的で豊富なプランが展開されています。
使いやすさや安定感含め、知る人ぞ知る老舗のブランドです。

音声通話付きの1GBプランの安さが(月額990円)が魅力です。
他にも従量制の料金プランが特徴。無駄なく使いこなしたい人におすすめです

ここがおすすめb-mobile

  • 音声通話付きの1GBプランが安い
  • あまりデータ通信を使わない人でも、安心の5段階定額プラン「おかわりSIM」がある
  • 格安SIMが普及し始めた最初からある安心のブランド

b-mobileについて詳しくはこちら

スマモバ

ドコモ回線を利用したサービスで、深夜から朝まで、深夜から夕方まで使い放題になる料金を下げた特定のプランがあり、他社とは違うサービスを展開しています。

また、ライトユーザー向けに1GBのプラン、ヘビーユーザー向けに使い放題のプランも用意しており、ユーザーの使い方に応じたプランを選ぶことができます。
ドコモ回線の格安SIMではトップクラスで通信速度が速い使い放題や1日3GBプランもあるので、たっぷりデータ通信をしたい人にはおすすめ!

ここがおすすめスマモバ!

  • NTTドコモの回線を利用しているため、安定して繋がりやすい
  • 1GBで、データが足らない場合「スマートチャージ」で容量を増やすことも可能(別途料金)
  • 毎月の使用量が異なる人にはおすすめできる

スマモバについて詳しくはこちら

ロケットモバイル

ドコモ回線、ソフトバンク回線を利用する「ロケットモバイル」は、神プランと呼ばれる破格級の激安プランが特徴的です。
神プランのデータ専用SIMは、最大下り200kbpsの低速プランとはなりますが、月額298円で利用が可能です。
サブ用としてゲーム、SNS、音楽、ラジオアプリ専用機を検討している人にとっては、とてもお得に利用することが可能です。
また1GBプランも最安レベルの価格設定となっています。

ここがおすすめロケットモバイル

  • 月の利用状況によりデータ通信量をカバーできる「いますぐプラン変更」がある
  • 通話したい人には、10分300回の国内無料通話がついているプランも用意されている
  • データ繰越、バースト機能あり

ロケットモバイルについて詳しくはこちら

まとめ

いかがでしたか?。
1GB/月で利用できる格安SIMの魅力は、なんといっても毎月の利用料金を節約できることです。
自宅や会社でWi-Fi環境がある人や、外出先ではあまりスマホを利用しない人に低容量のプランは選択肢としてとても魅力的なプランになるでしょう。

また、格安SIMの中ではデータ通信を高速モード/低速モードに切り替えられるサービスもあります。工夫した使い方は1GBの容量でも十分に使うことができると思います。

また、データ繰越機能やバースト機能を上手に使ってデータ容量と相談しながら利用してみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク

-データ量から選ぶ, 格安SIM
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.