ニュース

OPPO 副社長「パンチホールは左側に配置でしょ」各社の動向は?

投稿日:

OPPOの副社長であるBrian Shen氏が2月20日に投稿したツイートが興味深かったので掘り上げていきます。

日本語に意訳すると以下の通り。

スマートフォンのディスプレイにパンチホールを採用する場合、ある理由で私たち(OPPO)は左上に配置します。
(横持ちで)ゲームをしている際に、左手でインカメラを覆うのでフルスクリーンを体感できます。
ユーザー向けのフルスクリーンイノベーションには様々な形がありますね。(ニヤリ)

大変恥ずかしながら、今まで深く考えたことはありませんでしたが「なるほど!!!」と納得してしまった自分がいます。

確かにOPPOのRenoシリーズの最新機種「OPPO Reno 3 Pro 5G」は左上にパンチホールを配置

Huawei、5G対応のハイスペックモデル 「HONOR V30」を発表
また、HUAWEIのサブブランドHonorのフラグシップ機「Honor V30」と「Honor V30 Pro」はデュアルインカメラで、左上にパンチホールを配置

一方、Redmi K30やPoco X2では右上にパンチホールを配置
デュアルインカメラということもあり、やや存在感を感じないこともないです。

Xiaomiは、右上に配置する方針なの?と思いきや
Redmi K30やPoco X2の後に発表された最新機種「Xiaomi Mi 10」と「Xiaomi Mi 10 Pro」では左上にパンチホールを配置
右上に配置したら邪魔ということに気付いたのでしょうか。

Xiaomi公式サイトのイメージでは、横持ちした際にパンチホールがスッポリと隠れて、あたかもフルスクリーンでプレイしているように見えます。

何気ない配置1つで印象の変わるスマートフォン
リアカメラの多眼化で、カメラモジュールの形や配置が各メーカーの色が出るようになった昨今ですが、デザインにも注目すると面白いかもしれません。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.