ニュース

UFS 3.1が発表!読み込み速度や電力効率が向上、OnePlus 8やGalaxy Note 20に搭載か

投稿日:

JEDEC(半導体技術協会)は新たなストレージ規格、UFS 3.1を発表しました。

スマートフォンに搭載される内蔵ストレージには規格があります。
数年前まではeMMCが採用されていましたが、現在では転送速度の早いUFSが採用されることが多いです。

そして、UFSの中にはさらに細かいバージョンが存在します。
2020年2月現在の一般的なスマートフォンに採用される規格が「UFS 2.1」
OnePlus 7T ProやRealme X2 Pro(上位モデル)、ROG Phone 2などの一部のフラグシップモデルのみで採用されている規格が「UFS 3.0」

JEDECのプレスリリースによると、UFS 3.1には以下の3つの新技術が採用されています。

  • Write Booster:書き込み速度を向上させる
  • DeepSleep:不要な電力消費を抑える
  • Performance Throttling Notification:発熱によりパフォーマンスが低下した際に通知を行う
さらにパフォーマンスの向上が期待できるUFS 3.1
しかし、UFS 2.1とUFS 3.0のような大きな差は生じないようです。

新バージョンであるUFS 3.1は早くも2020年前半にはスマートフォンに搭載されると見られています。
最有力候補として、OnePlus 8シリーズやGalaxy Note 20シリーズの名前が上がっています。

source(1)(2)
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.