MEIZU スマートフォン

MEIZU 16Tの詳細スペック!スナドラ855+UFS 3.0での最安級端末

投稿日:

MEIZU 16T
中国メーカーMEIZUが「MEIZU 16T」を正式発表しました。
9月には「MEIZU 16s Pro」を発表し、それ以降注目をしていたメーカーですが、今回も凄い端末が登場しました。

SoCにSnapdragon 855を搭載したフラグシップ機ながらも価格は約31,000円〜の破格
今まではSnapdragon 855を搭載しており、3万円台で購入できるスマホと言ったら同じく中国メーカーXiaomiの「Mi 9」が有力でしたが、MEIZU 16Tは、UFS 3.0に対応した上で価格もMi 9よりも安い!

MEIZU 16Tを3行でまとめると、、、

  • Snapdragon 855 + UFS 3.0で約3.1万円の良コスパ
  • カメラ性能は、1200万画素を含むトリプルカメラでミドルレンジ
  • 6.5インチの大画面ながらも本体重量は183gの軽さ

MEIZU 16Tのファーストインプレッション

MEIZU 16Tの基本情報:スペック

価格6GB+128GB:1999元(約31,000円)
8GB+128GB:2299元(約36,000円)
8GB+256GB:2499元(約39,000円)
OSAndroid  (Flyme 8)
SoCSnapdragon 855
RAM6GB/8GB LPDDR4X
ROM128GB/256GB UFS 3.0
Antutuスコア約430,000(v8)
ディスプレイ6.5インチ FHD+ 2232×1080
アスペクト比:18.6:9
Super AMOLED
カメラトリプルカメラ
・1200万画素(Sony IMX326 F値1.9 )
・800万画素(超広角 F値2.2)
・500万画素(深度 F値1.9)
インカメラ
・1600万画素
バッテリー4500mAh (急速充電 18W)
Wi-fi802.11 a/b/g/n/ac 2.4G+5GHz
Bluetoothv5.0
カラーグリーン/レッド/ブルー
サイズ159.63× 78.2 × 8.3 mm
重量183g
防水防塵無し
接続端子USB Type-C
イヤホン端子有り
生体認証ディスプレイ指紋認証
対応バンドGSM:B2/B3/B5/B8
WCDMA:B1/B2/B4/B5/B8
TD-SCDMA:B34/B39
CDMA:BC0
TD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41
FDD-LTE:B1/B3/B4/B5/B7/B8/B20
技適認証未認証
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

MEIZU 16Tの付属品

  • 充電アダプター
  • USB Type-Cケーブル
  • SIMピン
  • 保証書
  • クイックスタートガイド

MEIZU 16Tのデザイン

MEIZU 16Tのデザイン
MEIZU 16Tは6.5インチの大画面
この大きさまでなると、片手で操作することはできず両手での操作になるでしょう。
背面パネルは側面に向かってエッジ加工が施されており、手にホールドしやすい形状となっています。
MEIZU 16Tのインカメラ
そして、ポイントなのが"ノッチ"がないこと。
上部のベゼルにインカメラを配置し、フルスクリーンを実現

MEIZU 16Tの性能

Snapdragon 855を搭載したハイスペック端末

MEIZU 16Tの性能
MEIZU 16Tは、SoCにSnapdragon 855を搭載し、RAMは6/8GBのフラグシップ機になります。
また、ストレージ規格はUFS 3.0に対応!
UFS 3.0はストレージの読み込み速度が向上する最新の規格になります。
UFS 3.0に対応しているスマートフォンの中ではおそらく最安になります。
また、Snapdragon 855を搭載したスマートフォンの中でもおそらく最安!
MEIZUのコスパおそるべし、、、

デュアルステレオスピーカーにも対応

MEIZU 16Tのスピーカー
スピーカーはデュアルステレオ、ディスプレイは有機ELを採用し、ディスプレイ指紋認証に対応
この価格でも、妥協がないのが素晴らしい!(妥協点を上げるならカメラ性能)

トリプルカメラを搭載

MEIZU 16Tのカメラ構成は、1200万画素(Sony IMX326 F値1.9 )+800万画素(超広角 F値2.2)+500万画素(深度 F値1.9)となっています。
カメラに関して言えば、フラグシップではなくミドルレンジと言ったところでしょう。
(先ほど、Mi 9と比較しましたがMi 9は4800万画素を含むトリプルカメラの構成)

118°の超広角撮影に対応

MEIZU 16Tの広角カメラ
800万画素のサブカメラは118°の広角撮影に対応
カメラ性能を重視しない方でも、あると嬉しいのが広角撮影モード!

4500mAhのバッテリー容量

MEIZU 16Tのバッテリー
MEIZU 16 Tは6.5インチの大きさながらも本体重量は183gとかなりの軽さです。
バッテリーの容量を減らすことで軽量化したのかと思いきや、4500mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

大画面スマートフォンの欠点として重さが挙げられますが、183g程度なら一般的なスマートフォンと変わりません。
(6.1インチのiPhone 11は194g)

まとめ:MEIZU 16Tはどんな人にオススメか?

まず、MEIZUは一般的な消費者にはオススメできません。
なぜなら、MEIZUの独自OSである「Flyme OS」は日本語に対応しておらず自分で日本語ロケールに対応させる必要があるからです。

しかし、自分で日本語対応くらいできるよ!っていう玄人なら話は変わります。
Snapdragon 855とUFS 3.0が約31,000円で手に入る、魅力的なスマートフォンに早変わり!

スポンサーリンク

-MEIZU, スマートフォン
-, , , , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.