ニュース

【リーク】iPhone SE2は4万円程度でA13チップを搭載するかも

投稿日:

iPhone
毎年発売の噂される「iPhone SE」の後継機にあたる「iPhone SE2」に関する噂がまた現れてきました。

「2020年にiPhone SE2が発売される」有名アナリストが言及

情報によると、「iPhone SE2」は「iPhone 8」のデザインで、SoCは「A13 Bionic」チップを積み、メモリ3GB、ストレージは64GB/128GBとになるということです。発売は2020年の第1四半期で400ドル以下、日本円にすると4万3000円程度です。

この手の話はよくあるのですが今回の情報は有名アナリスト「 Ming-Chi Kuo」氏を情報源とするもの。 信憑性は比較的高いのですが、気になるのは 「A13 Bionic」 を搭載するということです。 「A13 Bionic」 は最新の「iPhone 11」シリーズに搭載されているのものと同一のチップ。 ですから「A13 Bionic」 を搭載するということになれば、4万円程度で「iPhone 11」シリーズと同等の処理性能を実現することになります。
そうなると、最新のモデルが売れなくなるのでは?という疑問や、そもそも400ドル以下の比較的安い価格でA13チップを搭載した端末を販売できるのか?という疑問も残ります。

個人的には仮に「iPhone SE2」が発売されることになっても価格等から予想するに、「A10 Bionic」チップ辺りを搭載するのではいかと予想しています。 因みに本体カラーはスペースグレー、シルバーに加えレッドも発売されるという予想です。

source
スポンサーリンク

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.