MEIZU スマートフォン

【魅族の本気】MEIZU 16s Proの詳細スペック!三眼カメラ&スナドラ855+で約4万円

投稿日:

MEIZU 16s Pro
中国メーカーMEIZUより、Qualcommの最新SoCであるSnapdragon 855 Plusを搭載したフラグシップスマートフォン「MEIZU 16s Pro」が正式発表されました。 MEIZU 16sの上位モデルであり、SoCはSnapdragon 855 からSnapdragon 855 Plusにカメラはディアルからトリプルへとアップグレードされています。

MEIZU 16s Proを3行でまとめると、、、

  • 最高性能SoC Snapdragon 855 Plus搭載で約40,000円
  • 光学手ブレ補正や光学3倍ズーム対応の4800万画素トリプルカメラ
  • UFS 3.0やDC調光に対応

MEIZU 16s Proのファーストインプレッション

MEIZU 16s Proの基本情報:スペック

価格6GB/128GB:2699元(約4.0万円)
8GB/128GB:2999元(約4.5万円)
8GB/256GB:3299元(約4.9万円)
OSAndroid 9 Pie (Flyme 8)
SoCSnapdragon 855 Plus
RAM6GB/8GB LPDDR4X
ROM128GB/256GB UFS 3.0
Antutuスコア464411
ディスプレイ6.2インチ FHD+ 2232×1080 18.6:9 , Super AMOLED , DC調光
カメラアウト:4800万画素(IMX586 F1.7)+2000万画素(IMX350 F2.6)+1600万画素(IMX481 F2.2)トリプルカメラ , 4軸OIS
イン:2000万画素カメラ(Samsung 3T2 F2.2)
バッテリー3600mAh 急速充電(mCharge 24W)
Wi-fi802.11 a/b/g/n/ac 2.4G+5GHz
Bluetoothv5.0
カラーグリーン、ブラック、ホワイト、グラデーションホワイト
サイズ151.9 × 73.4 × 7.6mm
重量166g
防水防塵-
接続端子USB Type-C
イヤホン端子-
生体認証ディスプレイ指紋認証
対応バンドGSM B2/B3/B5/B8
WCDMA B1/B2/B5/B8
TD-SCDMA B34/B39
CDMA BC0
TD-LTE B34/B38/B39/B40/B41
FDD-LTE B1/B3/B5/B8
技適認証-
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

MEIZU 16s Proの付属品

  • 充電アダプター
  • USB Type-Cケーブル
  • SIMピン
  • ユーザーマニュアル
  • 保証書

MEIZU 16s Proのデザイン

MEIZU 16s Proの筐体
MEIZU 16s Proは他社のフラグシップ機とは少しデザインが異なります。
最近では一般的となっているノッチを採用せず、ベゼルを採用しています。
インカメラを中央に配置するスマートフォンが多いですが、同端末では右上部に配置
接続端子はUSB Type-Cで3.5mmイヤホンジャックは搭載されていません。

MEIZU 16s Proの性能

最も高性能なSoC Snapdragon 855 Plus を搭載

MEIZU 16s ProのSoC
MEIZU 16s ProはプロセッサにSnapdragon 855 Plusを搭載
Snapdragon 855 PlusはQualcomm社の最新かつ最高性能を有するSoCであり、MEIZU 16s Proは事実上、最高の性能を搭載するスマートフォンになります。
また、Snapdragon 855 Plusを搭載する端末は価格が高くなりがちですが、MEIZU 16s Proは約40,000円と破格!
MEIZU 16s Proのスピーカー
もちろん、ゲーム性能に特化していることは言うまでもないですが、スピーカーに注目!
MEIZU 16s Proはスピーカーを横持ちした際に左右に1つずつ、計2つのスピーカーを搭載しています。
そのため、グリップによってスピーカーを遮ってしまうことが防げます。
また、ゲームだけでなくYouTubeなどもキレイなサウンドで楽しむことができます。
MEIZU 16s ProのUFS 3.0
さらに、ストレージは256GB UFS 3.0
ファイルの読み込み速度が110%、ソフトウェアの起動速度が40%向上しています。
この、UFS 3.0はフラグシップ機ならではの性能ですが、なんせ40,000円、、、

6.2インチ フルスクリーンディスプレイ

MEIZU 16s Proのディスプレイ
MEIZU 16s Proは6.2インチのフルスクリーンディスプレイを採用
ノッチがないため、フルスクリーンでゲームや動画の描画が欠けてしまう心配はありません。

さらに、目への負担を軽減させるDC調光機能を搭載
最近では、Black Shark 2などの高性能スマホで採用され始めているDC調光ですが、MEIZUは先駆けて採用している印象があります。

4800万画素を含むトリプルカメラ

MEIZU 16s Proのカメラ
フラグシップ機ではお馴染みの、4800万画素AIトリプルカメラ
MEIZU 16s Proのカメラ構成は、4800万画素(IMX586 F1.7)+2000万画素(IMX350 F2.6)+1600万画素(IMX481 F2.2)のトリプルカメラとなっています。
4800万画素の高画素数なことは言うまでもないですが、OIS(光学手ブレ補正)や3倍光学ズームにも対応していることが注目です。
もちろん、F1.7のメインレンズは多くの光を取り組むことができるので夜景の撮影にも強い!
Flyme OS 8は「Super Nightモード2.0」に対応し、夜景撮影の性能が向上しています。

MEIZUさん、ようやく本気を出してきましたね!と思うような本気度を感じます。

2000万画素のAIビューティー インカメラ

MEIZU 16s Proのインカメラ
そして、インカメラには2000万画素のレンズを採用
AIビューティーアルゴリズムにより、被写体を自動で認識し最適なシーンで撮影をしてくれます。
一度、MEIZUのカメラで自撮りをしたことがありますが別人のような加工が自動で施された記憶があります。

ディスプレイ指紋認証と顔認証に対応

MEIZU 16s Proの生体認証
生体認証でもトレンドをバッチリと抑えています。
ディスプレイ指紋認証は0.15秒の認証速度で正確なロック解除が可能
また、スマホ決済やパスワード入力も指紋認証で対応ができます。

まとめ:MEIZU 16s Proはどんな人にオススメか?

素晴らしい!MEIZUの本気を感じました。
ただ、日本のユーザーにはオススメができません。
なぜなら、MEIZUは日本をマーケットの対象としておらず、Google関連サービスや日本語設定が初期状態ではインストールされていません。
自分でインストールができるような玄人なら、コスパ最強とも言えますが万人にオススメできる端末ではありません。

MEIZUさん、日本もマーケットに入れてください。
スポンサーリンク

-MEIZU, スマートフォン
-, , , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.