【SIMとセットで5000円!?】コスパ最強端末、HUAWEI nova lite 2を深掘りレビュー!

HUAWEI nova lite 2 HUAWEI
HUAWEI nova lite 2は2018年2月に発売され、コスパ最強スマートフォンとして高い人気を誇りました。その後、2019年2月には後継機の「nova lite 3」が発売されました。
しかし、性能面はあまり変わらなく、このタイミングで値下げされた「nova lite 2」の注目度が高まっています。
今回はそんなHUAWEI nova lite 2をレビューしていきます。

HUAWEI nova lite 2を3行でまとめると

・2万円端末でのコスパ最強の敵なし
・ディアルレンズ搭載
・指紋認証も搭載

HUAWEI nova lite 2のファーストインプレッション

Innovation Returns | Introducing The Huawei Nova 2 Lite

基本情報:スペック

価格約2万円
RAM/ROM3GB/32GB
SoCHUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU (4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
OSAndroidTM 8.0 Oreo/EMUI 8.0
バッテリー容量3,000mAh
Antutuスコア88492
カラーゴールド/ブルー/ブラック
重量143g
対応バンドFDD LTE:B1/3/5/7/8/19/20,
WCDMA:B1/2/5/6/8/19,
GSM:850/900/1800/1900MHz,
セカンダリーSIM:GSMの上記周波数(音声通話のみ)
SIM:Nano SIM*2″
2019年現在で見るとCPUがやや古く感じますが、RAMは3GBでnova lite 3と同じで、性能的にはやはり似ています。 ただ、2万円ほどの端末の中ではAntutuスコアが88,000超えと非常に高く、コスパの高さが伺えます。対応バンドも幅広くLETバンドにて国内利用も問題なく行えます。 スペックの読み方、判断基準についてはこちら

HUAWEI nova lite 2の付属品

・ACアダプタ
・USB ケーブル
・保護ケース
・イヤホンマイク
・クイックスタートガイド nova lite 2の付属品は上記となっています。

低価格でありながら、マイク付きイヤホンや保護ケースが同梱されているのは高く評価できます。

HUAWEI nova lite 2の性能

背面に指紋認証でワイドなディスプレイ

novalite2のディスプレイ
nova lite 2は、縦長の18:9ディスプレイを採用しており5.65インチの大画面となっております。現在一般的な16:9ディスプレイよりも画面サイズは大きいのに加え、横幅が狭いので非常に持ちやすい形状となっています。
また、ボディ背面に指紋認証センサーが搭載されていて、その精度も良好です。低価格の中華端末だと指紋認証センサーがコストカットのために削られていることが多いので嬉しいですね。

2万円でディアルカメラ!?と世界を驚かしたカメラ性能

novalite2のカメラ性能
メインカメラは1300万画素、サブカメラは200万画素となっていて自然な背景ぼかしが作れるのが特徴。この価格帯では十分なカメラ性能であり、カメラにこだわりたい方は「HUAWEI P20」や「HUAWEI P20 Lite」を比較すると良いでしょう。
novalite2のインカメラ
また、インカメラにも800万画素のカメラレンズが搭載されていて、顔の特徴を検知して自然なエフェクトをかけてくれる「スマートビューティー機能」や、インカメラに手のひらをかざすだけでシャッターが切れる「楽々セルフィー機能」などがあります。

格安SIMでの取り扱い

格安SIM本体価格購入ページ
LINEモバイル25,980円LINEモバイル公式サイトはこちら
LINEモバイル
BIGLOBEモバイル25,920円
15,120円(通話SIM3G以上の同時契約)
BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら
DMMモバイル19,800円DMMモバイル公式サイトはこちら
IIJmio16,800円IIJmio公式サイトはこちら
楽天モバイル25,980円
5,980円(通話SIMと同時契約)
楽天モバイル公式サイトはこちら

まとめ:nova lite 2は買いか否か

ズバリ、低価格でコスパの高い端末を求める方には「買い」です!nova lite 2は同じ価格帯の他のスマホと比較しても処理性能やカメラ性能は非常に優れています。nova lite 2と似たような端末で「ZenFone 4 MAX」があるので、こちらと比較しても良いでしょう。

Follow me!