【高コスパ端末】ASUS製人気スマホ、ZenFone 4 MAXを深掘りレビュー!

ZenFone 4 MAX ASUS
今回はASUSのZenFoneシリーズの「ZenFone 4 Max」についてレビューしていきます。ZenFoneシリーズの中でも人気が高い端末となっているのですが、なぜ人気なのでしょうか?

ZenFone 4 MAXを3行でまとめると、、、

・2万円の高コスパ端末
・片手でも扱いやすいサイズ感とクールなデザイン
・大容量バッテリーの搭載

ZenFone 4 MAXのファーストインプレッション

アクティブな毎日に、超・ロングバッテリー。ZenFone 4 Max ZC520KL|ASUS JAPAN

ZenFone 4 MAXの基本情報:スペック

価格24,800円
RAM/ROM
3GB/32GB
SoCオクタコア1.4GHz×4+1.1GHzx4 Snapdragon 430
OSAndroid™ 7.1.1
バッテリー容量 4,100mAh
Antutuスコア54008
カラーネイビーブラック/サンライトゴールド/ローズピンク
重量156g
対応バンドFDD-LTE, TD-LTE, W-CDMA, GSM/EDGE

FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B26/B28
TD-LTE:B38/B41
キャリアアグリゲーション:非対応
W-CDMA:B1/B2/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz

ZenFone 4 MAXの付属品

・USB ACアダプターセット
・SIMイジェクトピン
・ZenEar
・ZenEar交換用イヤーピース
・OTGケーブル
・ユーザーマニュアル
・製品保証書

ZenFone 4 MAXのデザイン

ZenFone 4 MAXのデザイン
緩やかなカーブを描く2.5Dの曲面ガラスを採用しています。ボディは高級感のあるメタリック仕上げとなっているため、チープな見た目にはなっていません。むしろ、スタイリッシュな見た目でデザイン性も良しと言えるでしょう。 また、現行の機種としてはやや小さめの5.2インチディスプレイとなっていて片手でも扱いやすいサイズ感となっています。

ZenFone 4 MAXの性能

Qualcomm Snapdragonプロセッサを搭載

Qualcomm Snapdragonプロセッサを搭載
Antutuスコアは55,000程度で、2Dグラフィックを使用するゲーム等は問題なくサクサク遊ぶことができます。また日常的に使用するであろう、メールやSNS・ネット等でも同様に問題なく使えるスペックとなっています。 ただ、3Dグラフィックを使ったゲームアプリでは厳しさを感じます。

ディアルSIMとSDカードのトリプルスロット

ディアルSIMとSDカードのトリプルスロット
ZenFone 4 Maxでは2枚のSIMカードを同時に挿入し、2つの電話番号で同時に音声通話の着信を待ち受けできる4G+3Gの同時待ち受けの機能があります。
また、256GBまでのmicroSDカードスロットが搭載されています。

ハイスペックなバッテリー

バッテリー寿命が2倍

バッテリー寿命が2倍
ZenFone 4 Maxに搭載されたASUS PowerMaster™により、バッテリーの寿命が一般的なスマートフォンに比べ2倍の寿命となっています。

4,100mAhの大容量バッテリー

4,100mAhの大容量バッテリー
ZenFone 4 Max最大の魅力でもある4,100mAhの大容量バッテリー
2万円程度の価格帯のスマホでは3,000mAhほどが多いのでバッテリー容量に関しては価格以上の性能があると考えて良いでしょう。

急速充電に対応

急速充電に対応
15分の充電で約2時間の通話が可能といったように急速充電に対応しております。また、付属のアダプターで充電すれば約3.5時間で満充電ができます。

リバースチャージ機能を搭載

リバースチャージ機能を搭載
ZenFone 4 Maxでは付属のケーブルを用いて他のスマホに給電することができます。これも、大容量バッテリーだからこそ魅力の1つです。

パフォーマンスをチェックする12のシステムを搭載

パフォーマンスをチェックする12のシステムを搭載
ZenFone 4 Maxはバッテリー性能に特化したスマホとも言え、バッテリーパフォーマンスのため12のチェックシステムを搭載しているとのことです。
これだけあれば、バッテリー面での心配はなそそうです。

進化したカメラ性能

ディアルカメラで、F値2.0の大口径レンズを搭載

ディアルカメラで、F値2.0の大口径レンズを搭載
ZenFone 4 Maxのもう1つの特徴でもある、ディアルカメラ
HUAWEI nova lite 2が発売された時は2万円スマホでディアルカメラ?と言った衝撃がありましたが、ZenFone 4 Maxでも2万円スマホでありながらディアルカメラを搭載しているのです。 また、f値2.0のレンズを使用しており、高画質の写真を撮影することができます。

広角カメラでワイドな撮影が可能

広角カメラでワイドな撮影が可能
メインカメラは1,300万画素の標準カメラとなっていますが、もう1つのカメラは500万画素の120°の広角カメラとなっています。
この広角カメラでは通常のスマホと比べ約2倍のワイドな撮影が可能であり、メインカメラからワンタッチで切り替えられるので撮影の幅が広がります。

手ブレ補正機能もあり

手ブレ補正機能もあり
メインカメラには手ぶれ補正機能も搭載されています。

自撮りもバッチリ!インカメラの性能も高い

自撮りもバッチリ!インカメラの性能も高い
インカメラは800万画素とLETフラッシュを搭載しており、インカメラの性能も比較的良いと言えるでしょう。

 格安SIMでの取り扱い

格安SIM本体価格購入ページ
BIGLOBEモバイル19,680円BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら
DMMモバイル販売終了DMMモバイル公式サイトはこちら
楽天モバイル17,880円 楽天モバイル公式サイトはこちら

まとめ:ZenFone 4 MAXは買いか否か

ズバリ、ZenFOne 4 Maxは買いです。2万円を切るスマホの中ではコスパが高く十分オススメができます。ただ、コスパが良いのはバッテリーとカメラの性能であり、処理性能に関しては標準的と言えます。同じ価格帯で処理性能を求めるのならHUAWEIのnove liteシリーズがオススメでZenFone 4 Maxの1.5倍ほどの処理速度となっています。カメラの性能は同じようなものなので、バッテリーと処理速度のどちらを取るかになってきます。

Follow me!