初心者入門 格安SIM 格安SIM

格安SIMの審査は厳しい?審査通過のポイントを解説!

投稿日:

大手キャリアと契約してスマホを使う場合、所定の審査を通過する必要があるのですが、実は格安SIMも契約の際には審査が行われていて、契約するためには審査をパスする必要があります。

格安SIMの審査は大手キャリアと比較して厳しいのか、審査の際にはどのような点に気をつけて申し込みをすれば良いのか、審査落ちしてしまう原因は何なのかなどを解説していきます。



格安SIMの審査は厳しいの?

結論から申し上げますと、格安SIMの審査は大手キャリアの審査と比べてゆるくなっています。


格安SIMの場合、支払い方法はクレジットカード支払いが原則ですし、クレジットカード支払いにのみ対応というケースも少なくなりません。

クレジットカードは一定の社会信用度がなければ持つことができませんし、もしも支払いの延滞があった場合でも、カード会社から格安SIMへお金はきちんと支払われるため、格安SIM会社が利用者に対して取り立てを行う必要はありません。


格安SIM会社からすれば、クレジットカード支払いで登録をしてくれれば料金を取り損ねるリスクは殆どないため、格安SIMは基本的に本人確認書類とクレジットカードさえあれば、誰でも契約できるサービスと言っても過言ではないのです。



審査を通過するためのポイントとは?

格安SIMの審査は大手キャリアの審査と比較して、やや緩やかではあるものの、ポイントを抑えて申し込みをすることでよりスピーディーに契約ができます。

格安SIMの審査をスムーズに通過するためにポイントを確認していきましょう。


支払い方法はクレジットカード支払いで!

格安SIM会社によってはクレジットカード支払いだけでなく、口座振替による支払いにも対応しています。


クレジットカード支払いと比べて、個人情報漏えい等のリスクが低いことから、口座振替支払いにはついつい飛びついてしまいがちですが、口座振替支払いはクレジットカード支払いと比較して厳しく審査されるので、スムーズな審査通過・契約を目指すのであればクレジットカード支払いで申し込みをしましょう。


先程も少し触れましたが、クレジットカード支払いであれば格安SIM会社は利用料金を取り損ねるリスクが低いため、比較的寛大に審査をします。

一方で口座振替支払いの場合、利用者の口座にお金がなければ格安SIM会社は料金を取り損ねることとなりますし、督促などを自社で行わなければならないため、業務が増加します。


これらの理由から、格安SIM会社はできるだけクレジットカード支払いで登録してほしいと考えていますし、クレジットカード支払いで申し込みをすることで口座振替支払いで申し込みをするよりも圧倒的にスムーズに契約ができます。


本人確認書類を確認しておく!

音声通話SIMを契約する場合、基本的にどの格安SIM会社でも本人確認書類の提出が必須です。

利用可能な本人確認書類は格安SIM会社によって異なるため、事前にどの書類が有効なのかを確認しておきましょう(基本的には運転免許証があれば大丈夫です)。


また本人確認書類の有効期限や住所などを確認しておくと共に、事前にデジカメで撮影したり、スキャンする等してデジタル化をしておくとスムーズに申し込みができます。



格安SIMの申し込みで審査落ちしてしまう原因は?

格安SIMは丁寧に準備をして申し込みをすれば高確率で審査を通過できますが、場合によっては審査落ちしてしまうこともあります。


具体的にどのような場合に審査落ちしてしまうのかを解説していきます。


本人確認書類に不備がある

最も多いケースがこのパターンです。

本人確認書類は基本的にはWEBからアップロード提出をするのですが、画像が不鮮明であったり、端が写っていなかったりすると再度提出を求められます。


また申し込みの際に登録した住所と本人確認書類の住所が異なっている場合も、再度書類の提出が求められます。


単身赴任をしていたり、免許証の住所欄にアパート名や部屋番号等が記載されておらず再提出を求められた場合には、公共料金の領収証などの補助資料を提出すれば基本的にOKです。
もしも指摘された場合には速やかに対処しましょう。


信用情報に問題がある

過去にクレジットカードの支払い延滞を起こしていたり、ローンの支払いを滞納した経験がある場合には、審査落ちしてしまうことがあります。

特に口座振替支払いで申し込みをした場合、過去の延滞歴などは細かくチェックされます。

自分の信用情報に問題があるかどうかは、信用情報機関に情報の開示請求をすることで自分自身で確認ができます。

もしも自分の信用情報に不安があれば、事前に確認をしておくと良いでしょう。



過去に別の携帯電話会社とトラブルを起こした

特にMNP制度を利用して格安SIMへ乗り換えをする場合に多いのがこのパターンです。

過去に別の携帯電話会社に対して利用料金を滞納した経験があったり、短期間での契約や解約を繰り返していた場合、実はその情報を通信事業者間で共有され、「危険人物」と認知されてしまっています。


未納料金がある場合などには、速やかにお金を納めることで問題が解決することもあるので、過去に契約していた通信事業者に改めて問い合わせをしてみるのも良いでしょう。



まとめ

格安SIMは大手キャリアの審査と比較すると、比較的緩やかですし、申込情報に不備がなく、有効なクレジットカードを登録して申し込みをすれば、まず審査は通過できると言っても過言ではありません。


申込み内容に不備等があった場合でも、いきなり審査不通過としないで、連絡をくれて適切な対処をすれば契約できる格安SIM会社も多くあります。


丁寧に申し込み手続きをすると共に、格安SIM会社から指摘があった場合には速やかに対応することで、スムーズに契約ができます。



-初心者入門, 格安SIM, 格安SIM
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.