ZTE スマートフォン

Nubia Play 5Gの詳細スペック!有機EL,144Hz,Snapdragon 765Gを搭載して3.6万円

更新日:

ZTEのサブブランドであるNubiaは4月21日「Nubia Play 5G」を正式発表しました。

Nubia Play 5Gを3行でまとめると、、、

  • 36,000円なのに本体側面に金属フレームを採用
  • AMOLEDを搭載し144Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応
  • 48MPのメインカメラにSONY製IMX 582センサーを搭載

Nubia Play 5Gのファーストインプレッション

Nubia Play 5Gの基本情報:スペック

価格6GB+128GB:2399元(約36,000円)
8GB+128GB:2699元(約41,000円)
8GB+256GB:2999元(約45,000円)
OSAndroid 10(nubia UI 8.0)
SoCSnapdragon 765G
RAM6GB/8GB(LPDDR4x)
ROM128GB/256GB(UFS2.1)
Antutuスコア約302,847スコア
ディスプレイ6.65インチ FHD+ 2340×1080 AMOLED
アスペクト比:19.5:9
リフレッシュレート:144Hz
タッチサンプリングレート:240Hz
カメラクアッドカメラ
4,800万画素(メイン)F1.75
800万画素(超広角)F2.2
200万画素(マクロ)F2.4
200万画素(深度)F2.4

インカメラ
1,200万画素 F2.0
バッテリー5,100mAh
30W急速充電
Wi-fi802.11 a/b/g/n/ac 5GHz 2.4GHz
Bluetoothv5.0
カラーブルー、ブラック、ホワイト
サイズ171.7×78.5×9.1mm
重量210g
防水防塵なし
接続端子USB Tyep-C
イヤホン端子なし
生体認証画面内指紋認証/顔認証
対応バンド5G
NR n41/n78/n79
FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20
TDD-LTE
B34/B38/39/40/41
GSM
850/900/1800/1900
WCDMA
850/900/1900/2100
技適認証技適認証なし
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

Nubia Play 5Gの付属品

  • 充電器
  • USB Type-Cケーブル
  • ディスプレイ保護フィルム
  • SIMピン
  • 製品マニュアル
  • 保証書
  • アフターカード

Nubia Play 5Gのデザイン

Nubia Play 5Gのデザイン
Nubia Play 5Gは6.65インチのAMOLEDディスプレイを搭載したスマートフォンです。
前面にはノッチやパンチホールは無く、上部のベゼル部分にインカメラを搭載しています。

Nubia Play 5Gの側面ボディー
さらにNubia Play 5Gの側面部分には金属フレームが採用されています。
同じミドルレンジスマートフォンであるRedmi K30 5GやRealme X50 5Gの本体側面部分はプラスチック製であるため、Nubia Play 5Gの方が放熱性能に優れています。

Nubia Play 5Gの色
Nubia Play 5Gのカラーはブルー、ブラック、ホワイトの3色です。
背面はHONOR 9Xのようなグラデーションカラーを採用しており、高級感がありカッコいいです!

Nubia Play 5Gの性能

SoCにSnapdragon 765Gを搭載

Nubia Play 5GのSoC
Nubia Play 5GのSoCにはSnapdragon 765Gが搭載。
Snapdragon 765GはRedmi K30 5Gや、Realmi X50 5Gなどのミドルレンジスマートフォンに搭載されています。

ミドルレンジスマートフォンと言っても、AnTuTuベンチマークスコアは302,847あり、3Dゲームなどの重たいゲームもデフォルト設定で問題なくプレイが可能です。

144Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応

Nubia Play 5GはAMOLEDを搭載
Nubia Play 5GはAMOLEDディスプレイを搭載しています。
同じSnapdragon 765Gを搭載しているミドルレンジスマートフォンのRedmi K30 5GやRealme X50 5Gなどは液晶デイスプレイを搭載していますが、Nubia Play 5Gは有機ELディスプレイであるAMOLEDを搭載しており、発色が良く動作も滑らかです。

Nubia Play 5Gは144Hzのリフレッシュレートに対応
Nubia Play 5Gは144Hzのリフレッシュレート対応しており、ゲームも快適動作します。
ミドルレンジで高リフレッシュレートに対応する端末も増えつつありますが、あくまでも液晶ディスプレイでの対応が多いです。

その点、Nubia Play 5Gは有機ELかつ144Hzが凄い!

Nubia Play 5Gは240Hzのタッチサンプリングレートに対応
さらに、240Hzのタッチサンプリングレートにも対応しています。
240Hzのタッチサンプリングレートに対応している機種はOPPO Find X2 Proなどのハイエンドモデルに搭載されていることが多かったですが、ミドルレンジスマートフォンであるNubia Play 5Gでも対応!

Nubia Play 5Gの液体冷却機能
またICE2.5(液体冷却)にも対応しており、CPUの熱を最大で16℃も下げることが
可能としています。
長時間ゲームをしても端末が熱くなりにくく、パフォーマンスも低下しにくいです。

Nubia Play 5Gの液体冷却管は61mm
ICE2.5(液冷)部分には61mmと大きな水冷管を搭載しており、素早く熱を逃がせられるとしています。

Nubia Play 5Gは画面内指紋認証に対応
指紋認証センサーは画面内に搭載しています。

48MPを含むクアッドカメラを搭載

Nubia Play 5Gのカメラ構成
Nubia Play 5Gのカメラ構成は、4800万画素(メイン)+800万画素(超広角)+200万画素(マクロ)+200万画素(深度)のクアッドカメラを搭載しています。

さらに、4800万画素のメインカメラにはSONY製IMX 582センサーを搭載しており、夜間でもキレイな写真を撮影することが可能です。

Nubia Play 5Gのメインカメラで撮られた写真
Nubia Play 5Gのメインカメラで撮影した画像。
夜間の暗いシーンでも白飛びすることなく写真が撮影できます。

Nubia Play 5Gの超広角カメラで撮られた写真
Nubia Play 5Gの超広角カメラでは広範囲をよりキレイに撮影することが可能です。

5,100mAhと30W急速充電に対応

Nubia Play 5Gのバッテリー容量
Nubia Play 5Gは5,100mAhの大容量バッテリーを搭載し、30Wの急速充電に対応しています。
ただし、ワイヤレス充電には非対応。

Nubia Play 5Gのバッテリー容量比較
他のミドルレンジスマートフォンより、大容量なバッテリーを搭載しており、バッテリー持続時間も長いことをアピール!

まとめ:Nubia Play 5Gはどんな人にオススメか?

Nubia Play 5Gの価格は2399元(約36,000円)からと非常に安いのが魅力的です!
144Hzのリフレッシュレートや240Hzのタッチサンプリングレートに対応しており、ディスプレイにはAMOLDEを搭載しています。
ディスプレイ品質に力を入れた機種となっており、本体側面に金属フレームを使用したり、画面内指紋認証を搭載し、コストが増加しているにも関わらず2399元(約36,000円)からなのは驚きを隠せません!

5Gに対応した安いスマートフォンが欲しい方や、安くゲーミングスマートフォンを手に入れたい方にはオススメのスマートフォンです。
3万円台でAMOLEDかつ144Hzのリフレッシュレートに対応しているスマートフォンは非常に珍しいです。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-ZTE, スマートフォン
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.