Xiaomi スマートフォン

Poco X2の詳細スペック!64MP+120Hzで2.4万円

投稿日:

Poco F1を発売して以来、長い沈黙の期間を経て当然、Xiaomiから独立することを発表したPoco。
そして、2020年2月4日、独立後初のスマートフォン「Poco X2」が正式発表されました。

Poco X2を3行でまとめると、、、

  • ミドルレンジ上位のSnapdragon 730Gに冷却機能を搭載
  • 120Hzのリフレッシュレートでヌルヌルな描画
  • 多くのシーンで活躍できる6400万画素を含むクアッドカメラを搭載

Poco X2のファーストインプレッション

Poco X2の基本情報:スペック

価格6GB+64GB:15,999INR(約24,600円)
6GB+128GB:16,999INR(約26,100円)
8GB+256GB:19,999INR(約30,800円)
OSAndroid 10 (MIUI 11)
SoCSnapdragon 730G
RAM6GB/8GB LPDDR4x
ROM64GB/128GB/256GB UFS2.1 (microSD対応 最大256GB)
Antutuスコア約250000
ディスプレイ6.67インチ FHD+ 2400×1080
アスペクト比:20:9
リフレッシュレート:120Hz
カメラクアッドカメラ
・6400万画素(SONY IMX 686 F/1.89)
・800万画素(超広角 F/2.2)
・200万画素(マクロ F/2.4)
・200万画素(深度 F/2.4)
デュアルインカメラ
・2000万画素(F/2.2)
・200万画素(深度)
バッテリー4500mAh(急速充電 QC PD 27W)
Wi-fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth v5.0
カラーレッド/パープル/ブルー
サイズ165.3×76.6×8.79mm
重量208g
防水防塵生活撥水P2i
接続端子USB Type-C
イヤホン端子有り
生体認証指紋認証(側面)/顔認証
対応バンドGSM: B2/3/5/8
WCDMA: B1/2/4/5/8
LTE
TDD:B40/41(120MHz)
FDD:B1/3/5/8
技適認証未認証
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

Poco X2の付属品

  • 27W急速充電アダプター
  • USB Type-Cケーブル
  • SIMピン
  • 保証書
  • ユーザーガイド

Poco X2のデザイン

Poco X2のデザインは先日、中国にて発表されているRedmi K30と同一になります。
筐体サイズや重量も同じで背面の「POCO」ロゴのみの違いになります。

背面パネルは光沢感が強く、光が反射するような筺体
指紋認証センサーは右側面に搭載でディスプレイ指紋認証には非対応
インカメラはパンチホールに搭載
インカメラの直径はわずか4.38mmで同じくパンチホールを採用するHUAWEIの「Honor V30」よりもコンパクトに収まっています。

ディスプレイ下部のベゼル幅は4.25mm
充電ポートはUSB Type-Cをサポート
そして、最近の中国系スマートフォンでは珍しく3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。

Poco X2の性能

120Hzの6.67インチディスプレイ

Poco X2は、120Hzのリフレッシュレートをサポートする6.67インチディスプレイを搭載
発表前からこの点を強くアピールしており、Poco X2の最大の特徴と言えるでしょうう。

Xiaomiの2019年のフラグシップ機「Mi 9」をはじめ多くの一般的なスマートフォンは60Hz。2倍の画面表示でヌルヌルな描画が楽しめます。
一度体験したら、低リフレッシュレートのスマホが使えなくなるほど満足感が高いです。

また、FPSなどのゲームも高フレームレートで遊ぶことができるのでゲームにもピッタリ。

Snapdragon 730Gを搭載

Redmi K30の5G版はSnapdragon 765G、4G版はSnapdragon 730Gを搭載し、Poco X2は、Redmi K30 4G版に合わせた感じでしょう。

Snapdragon 730GのAntutuベンチマークは約25万点でミドルレンジ上位レベルのスペックと言えます。

また、Poco F1に引き続き、より強化された冷却性能を搭載
発熱を抑えて、より長い時間、高いパフォーマンスを提供してくれます。

6400万画素を含むクアッドカメラ

Poco X2のカメラ構成は、6400万画素(IMX686)+800万画素(超広角)+200万画素(マクロ)+200万画素(深度)クアッドカメラとなっています。

やはり、SONYの最新センサーIMX 686が期待大です。
6400万画素の高画素数で、解像度も高く画像を切り抜きしても劣化が少ないのが特徴です。

また、120°の広角撮影やマクロ撮影、ポートレート撮影など多くの撮影シーンに対応した万能なカメラ性能

デュアルインカメラで自撮りも高品質

Poco X2は2000万画素のメインカメラに加え、200万画素の深度カメラを採用するデュアルインカメラを搭載

デュアルインカメラはまだまだ普及しておらず、フラグシップ機でもインカメラは1つが一般的。
そんな中、Poco X2は深度カメラがあるので自撮りでもキレイなポートレート撮影が可能です。

4500mAhのバッテリーに27Wの急速充電

Poco X2は大容量の4500mAhのバッテリー容量と27Wの急速充電に対応
120Hzの高リフレッシュレートであるため、バッテリーの減りが心配されますが4500mAhもあれば十分

また、27Wの急速充電では0%から100%まで約68分で充電できるスピード
バッテリー周りも、不満を感じることのない高クオリティ

電源ボタン一体型の指紋認証センサー

Poco X2は、右側面に電源ボタンと一体型になった指紋認証センサーを搭載
少し前のXperiaなどで採用されていた方式で、スマホを手に持った際に自然な形でロックを解除できます。

しかし、左利きの方には不便に感じるかも知れません。

まとめ:Poco X2の総評

前モデルのPoco F1が良い意味で期待を裏切りすぎて高い評価だったので、正直Poco X2ではF1のときのような感動はありません。
とは言っても、120Hzに6400万画素クアッドカメラ、デュアルインカメラ、Snapdragon 730Gのスペックで約24,600円というコスパの良さは事実

去年までは、フラグシップ機のみの対応であったスペックが2.5万円を切る価格で購入できるのは非常に嬉しい。
グローバル版のリリースが待ち遠しいです。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-Xiaomi, スマートフォン
-, , ,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.