Xiaomi スマートフォン

ついに正式発表!Mi CC 9 Proの詳細スペック!1億画素を含む5眼カメラで4.4万円

投稿日:

Mi CC9 Pro
Xiaomiは11月5日、Mi CC9 Proを正式発表しました。

Mi CC 9 Proを3行でまとめると、、、

  • 1億画素超えの5眼カメラを搭載
  • 5260mAhの大容量バッテリーに30Wの急速充電に対応
  • SoCはSnapdragon 730Gでミドルクラス

Mi CC 9 Proのファーストインプレッション

Mi CC 9 Proの基本情報:スペック

価格6GB+128GB:2799元
8GB+128GB:3099元
8GB+256GB:3499元
OSAndroid 9.0 (Pie) / MIUI 11
SoCQualcomm Snapdragon 730G
RAM6GB / 8GB / 12GB
ROM64GB / 128GB / 256GB(MicroSD対応最大256GB)
Antutuスコア-
ディスプレイ6.47インチ / 有機EL
1080 x 2340px (FHD+) / アスペクト比19.5:9
カメラ5眼カメラ
10800万画素(Samsung HMX 1/1.33inch 25mm F値1.69 OIS)
1200万画素(望遠 2x 50mm 1/1.26inch  F値/2.0)
2000万画素(超広角117° SONY IMX350 F値/2.2)
800万画素(望遠 ハイブリット10x 94mm F値/2.0 OIS)
マクロ (F値/2.4)
インカメラ
3200万画素カメラ F2.0
バッテリー5260mAh(30W急速充電対応)
Wi-fi802.11
Bluetoothv5.0
カラーホワイト/ブラック/グリーン
サイズ157.8 x 74.2 x 9.7mm
重量208g
防水防塵無し
接続端子Type-C
イヤホン端子有り
生体認証ディスプレイ指紋認証 / 顔認証
対応バンド-
技適認証未認証
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

Mi CC 9 Proのデザイン

筐体厚さは9.67mmですが、エッジ加工が施されており最も薄い部分で3.57mm
発表会では手にホールドしやすい形状であることをアピール
下部のベゼルが薄いこともアピール
HUAWEIにフラグシップ機「HUAWEI P30 Pro」が4mmに対し、Mi CC9 Proは3.43mm

Mi CC 9 Proの性能

1億800万画素の5眼カメラ

Mi CC9 Proのカメラ構成は10800万画素+1200万画素+2000万画素+800万画素+マクロレンズの5眼構成となっています。
日本では最近になって、ようやくトリプルカメラが普及してきたのですがこちらは5眼カメラ!

メインカメラの10800万画素で高精細な写真が撮影できるのはもちろん、多彩な撮影シーンに対応する豊富なカメラ機能を搭載。
1億800万画素と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、撮影した写真を後からズームすると凄さが分かります。
超高画素なので、写真を拡大しても細部までノイズが少ない!
まつ毛まで鮮明に描画できるほど。

そして、10倍ハイブリッドズームに対応
発表会ではOPPO Reno 10x Zoomと比較してもズーム性能が優れているとアピール

10倍もズームしても、これほどノイズを抑えた撮影ができるのは驚異的です。
さらに、大きなカメラセンサーが多くの光を取り込むことができ夜景などの暗所での撮影にも強いのが特徴
iPhone 11 Pro MaxやHUAWEI Mate 30 Proと比較しても、Mi CC9 Proの明るさはズバ抜けています。
スマートフォンのカメラ性能を評価する第三者機関「DXOMARK」にて121点の総合スコアを獲得
これはHUAWEI Mate 30 Proと並んで、世界1位のスコアになります。

Snapdragon 730Gを搭載

Mi CC9 ProはSoCにSnapdragon 730Gを搭載
カメラ性能はフラグシップ機トップクラスですが、パフォーマンスはミドルレンジ

(カメラ性能世界TOPのスマートフォンがミドルレンジというのは何とも言えない気持ち、、、)

6.47インチ OLEDディスプレイ

Mi CC9 Proのディスプレイは6.47インチの水滴ノッチを採用したOLED
指紋認証センサーはディスプレイに内蔵

5260mAhのバッテリー容量+30W急速充電

Mi CC9 Proのバッテリー容量は5260mAh
Xiaomiのフラグシップ機「Mi 9」は3300mAhでバッテリー容量の少なさが欠点でしたが、バッテリーを大きく増量

さらに、30Wの急速充電に対応
4500mAhで40Wの急速充電が可能なHUAWEI Mate 30 Proが73分で満充電できるのに対し、Mi CC9 Proは65分で満充電が可能

まとめ:Mi CC9 Proはどんな人にオススメか?

スマートフォンの中で最高レベルのカメラ性能を有するMi CC9 Proですが、販売価格は2799元!(日本円にして約43,500円)
SoCがミドルレンジとは言え、OLEDディスプレイを搭載し急速充電にも対応するなどSoC以外はフラグシップ機レベルのスペック

また、カメラ性能が同水準のスマートフォンと比較しても圧倒的に安い価格になります。
つまり、パフォーマンスはミドルレンジでも良いけど写真を綺麗に撮影するためのスマートフォンが欲しい!という方には最も推奨できるスマートフォンになります。

しかし、パフォーマンスはミドルレンジで良いけど、カメラも1億800万画素も必要ない!という方は「Redmi Note 8 Pro」をおすすめします。
Redmi Note 8 ProはSoCにHelio G90Tを搭載し、ベンチマークスコアはSnapdragon 730Gを上回っています。加えて、カメラ構成は6400万画素を含むクアッドカメラ!これで20,000円程度で購入できるので、全体的なコスパを考えるとRedmi Note 8 Proに軍配が上がりそうです。

コスパなんて知らない!ロマンを追い求める!という方へ

Mi CC9 Proはグローバル版では「Mi Note 10」の名前で発売されるようです。
Mi Note 10はGearbestにて11月6日20時より独占販売が開始。

現在は商品ページのみの公開で100万円超えの価格に設定されていますが、6日20時より価格が発表されるようです。
クーポンコードは「GBMINOTE10」このコードを入力すると割引が行われます。

また、商品ページに「到着通知」のボタンがありますが、この設定を行うと、クーポンコードよりも安いクーポンが発行される予定とのこと。
最新モデルだけあり、すぐに値下げが行われることは考えにくいです。購入をご検討ならお見逃しなく!

販売ページはこちら
スポンサーリンク

-Xiaomi, スマートフォン
-, , , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.