vivo スマートフォン

vivo Z6 5Gの詳細スペック!5G対応のミドルレンジが約3.6万円

更新日:

vivo Z6 5G
vivoは2020年2月28日、5G通信に対応したミドルレンジスマートフォン「vivo Z6 5G」を正式発表しました。

vivo Z6 5Gを2行でまとめると、、、

  • 5Gに対応したミドルレンジスマートフォン
  • 5,000mAh+44W急速充電の優れたバッテリー性能

vivo Z6 5Gのファーストインプレッション

vivo Z6 5Gの基本情報:スペック

価格6GB+128GB:2298元(約36,000円)
8GB+128GB:2598元(約41,000円)
OSAndroid 10(Funtouch OS 10)
SoCSnapdragon 765G
RAM6GB/8GB LPDDR4X
ROM128GB UFS2.1 (microSD対応 最大128GB)
Antutuスコア推定300,000
ディスプレイ6.57インチ FHD+ 2400×1080
アスペクト比:20:9
カメラクアッドカメラ
・4800万画素(メイン / F1.79)
・800万画素(広角 / F2.2)
・200万画素(マクロ / F2.4)
・200万画素(深度 / F2.4)
インカメラ
・1600万画素(F2.48)
バッテリー5000mAh(vivo Super FlashCharge 44W)
Wi-fi802.11 2.4GHz/5GHz
Bluetoothv5.1
カラーブラック / ブルー / ライトブルー
サイズ163.99×75.71×9.16mm
重量201g
防水防塵無し
接続端子USB Type-C
イヤホン端子有り
生体認証指紋認証センサー(背面)/ 顔認証
対応バンド2G
GSM:850/900/1800/1900
CDMA:BC0
3G
WCDMA:B1/4/5/8
CDMA2000:BC0
TD-SCDMA:B34/39
4G
TDD-LTE:B34/38/39/40/41
FDD-LTE:B1/3/4/5/8
5G
N1 N3 N41 N77 N78
技適認証未認証
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

vivo Z6 5Gの付属品

vivo Z6 5Gの付属品
  • 保護フィルム(貼付け済み)
  • 保護ケース
  • USB Type-Cケーブル
  • 充電アダプター
  • SIMピン
  • ユーザーマニュアル
  • 保証書

vivo Z6 5Gのデザイン

vivo Z6 5Gの筐体
vivo Z6 5Gのデザイン
vivo Z6は、「HUAWEI P40 Pro」や「iQOO 3 Pro 5G」などを彷彿させる縦長スクエア型のカメラモジュールを左上に配置しています。

そして、ミドルレンジ上位帯では珍しく、背面に指紋認証センサーを配置(ディスプレイ指紋認証なら嬉しいですが、コストカットのためか仕方ない。。。)

一方、インカメラに関しては最新のトレンドを取り入れたパンチホールを採用しています。

vivo Z6 5Gの性能

ミドルレンジ最上位 Snapdragon 765G

vivo Z6 5GのSoC
vivo Z6は、Qualcommが2019年12月に発表したばかりのミドルレンジ最上位SoC Snapdragon 765Gを搭載しています。
Snapdragon 765Gは、2020年のハイエンドSoC Snapdragon 865に搭載されている「Qualcomm Snapdragon Elite Gaming 」を搭載しています。
そのため、ミドルレンジクラスながらも高いゲーミング性能が期待できます。

同様のSoCを搭載している端末として、「Redmi K30 Pro 5G」や「OPPO Reno 3 Pro」、「Realme X50 5G」が挙げられます。
Antutuベンチマークは推定、約30万点

液体冷却にも対応

vivo Z6 5Gの液体冷却
Snapdragon 765Gを搭載したスマートフォンでは、搭載されることの多い液体冷却ですが、vivo Z6もしっかりと対応!

4800万画素を含むクアッドカメラを搭載

vivo Z6 5Gのカメラ
vivo Z6のカメラ構成は、4800万画素のメイン+800万画素の超広角+200万画素のマクロ+200万画素の深度を搭載するクアッドカメラとなっています。

4眼は素晴らしいのですが、6400万画素のメインセンサーを搭載する「Redmi K30 5G」や「Realme X50 5G」には、やや見劣りするカメラスペック。

それでも必要十分と言えるカメラスペック
実機でのサンプル画像は以下の通り。
超広角
マクロ
夜景モード
ポートレート

5000mAh+44W急速充電のバッテリー性能

vivo Z6 5Gのバッテリー
vivo Z6 5Gの44W急速充電
vivo Z6は、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、44Wの急速充電に対応
余裕のあるバッテリー容量に加えて、僅か35分で70%、65分で100%の充電が可能な急速充電

ライバルとなる端末は以下のバッテリー性能
・Redmi K30 5G:4,500mAh・30W(※4G版は27W)
・Realme X50 5G:4,200mAh・30W
・OPPO Reno 3 Pro:4,025mAh・30W

比較すると一目瞭然、vivo Z6の優れたバッテリー性能が分かります。

まとめ:vivo Z6 5Gはどんな人にオススメか?

ズバリ、価格やカメラ性能よりもバッテリー性能を最も重視している方で5G端末を求めている方にオススメです。
逆を言えば、それ以外の方やvivo好き以外の方には個人的には勧めにくいです。
理由としては、価格とスペック
vivo Z6は約36,000円ですが、Redmi K30 5Gは約31,000円
5,000円の価格差がありながらも、バッテリー性能以外のスペックがRedmi K30 5Gの下位互換となってしまっています。

他に、同SoCを搭載するRealme X50 5GやOPPO Reno 3 Proと比較するとvivo Z6 5Gの安さが際立ちますが、Redmi K30 5Gが価格破壊過ぎて、印象が薄れてしまっています。

販売サイト価格(3/15更新)
AliExpress約35,800円
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE

-vivo, スマートフォン
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.