vivo スマートフォン

1.7万円からのミッドレンジスマホ、vivo U20を発表!

投稿日:

vivo、1.7万円からのミッドレンジスマホU20を発売!
中国のメーカーvivoは、Snapdragon 675、6.53インチのディスプレイを搭載したミッドレンジスマートフォン、U20を発表しました。
2019年11月に発売予定ですが、日本では未発売となっています。

U20を3行でまとめると、、、

  • Snapdragon 675搭載
  • 5000mAhの大容量バッテリーと18W急速充電
  • 6.53インチの大型ディスプレイ

U20のファーストインプレッション

U20 の基本情報:スペック

価格17,000円(RAM4GB/64GB )
19,000円(RAM6GB/64GB )
OS Funtouch OS 9.2(Android 9ベース)
SoC Snapdragon 675
RAM 4GB/6GB
ROM 64GB
Antutuスコア 174000
ディスプレイ 6.53インチ FHD+
カメラ フロント16MP /リア16MP + 8MP + 2MP
バッテリー 5000 mAh(18W高速充電)
Wi-fi 2.4G + 5G
Bluetooth Bluetooth 5.0
カラー レーシングブラック、ブレイズブルー
サイズ 162.15×76.47×8.89mm
重量 193g
防水防塵無し
接続端子 microUSB
イヤホン端子あり
生体認証指紋認証、顔認証
対応バンド 2G GSM
B3 / 5/8
3G WCDMA
B1 / 5/8
4G FDD-LTE
B1 / 3/5/8
4G TDD-LTE
B38 / 40/41
技適認証-
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

U20 の付属品

  • 取扱説明書
  • USBケーブル
  • USB電源アダプター
  • SIMイジェクター
  • 保護ケース
  • 保護フィルム

U20 のデザイン

U20 のデザイン1
U20 のデザイン横
U20 のデザイン縦
6.53インチフルHD+ディスプレイを搭載したU20の厚さは8.9mm重さは193gです。 カラーバリエーションはレーシングブラック、ブレイズブルーの2色となっています。背面のリプルカメラが特徴で、接続端子はmicroUSB、イヤホン端子は有りとなっています。

U20 の性能

U20の性能を解説していきます。

Snapdragon 675 を搭載でゲームも快適に

U20
vivo U20はSnapdragon 675 を搭載し、普段使いはもちろん、ほぼ全てのゲームが快適に遊べるでしょう

5000mAhの大容量バッテリーと18W急速充電

5000mAhの大容量バッテリーと18W急速充電
vivo U20 は5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、スタンバイ状態では237時間、youtubeの連続再生も11時間としています。
また、18Wの急速充電も可能です。

6.53インチの大型ディスプレイ

6.53インチの大型ディスプレイ
このセグメントとしては最大級の6.53インチの大型ディスプレイ を搭載し、90.3%の画面占有率を誇ります。

ソニー製カメラセンサーIMX499を含むトリプルカメラ

ソニー製カメラセンサーIMX499を含むトリプルカメラ
120度の超広角カメラ
U20のリアカメラはソニー製カメラセンサーIMX499を含むトリプルカメラが搭載されています。120度の超広角カメラも装備されています。

ウルトラゲームモード

ウルトラゲームモード
U20はウルトラゲームモードを搭載し、ほとんどのゲームを快適に楽しむことができます。

まとめ: U20はどんな人にオススメか?

U20はミッドレンジモデルということもあり、スペックとして目立った点はありません。
バッテリーが5,000mAhで18W急速充電に対応しているのが唯一目立った特徴ですが、Type-Cではないことが惜しまれます。
特におすすめできるポイントがないというのが現状です。
スポンサーリンク

-vivo, スマートフォン
-, , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.