vivo スマートフォン

iQOO 3 5Gを実機レビュー!Snapdragon 865を搭載した5万円台ゲーミングスマホの実力は?

投稿日:

iQOO 3 5G 実機レビュー
vivoより独立したiQOOは、2月25日にSnapdragon 865を搭載した5Gスマートフォン「iQOO 3 5G」を発表しました。
今回は実際にiQOO 3 5Gを購入し、しばらく使ってみたのでその感想をレビューしていきます。

iQOO 3 5Gを3行でまとめると、、、

  • SoCにSnapdragon 865を搭載し5G通信も可能!
  • 付属の充電器で55W充電が可能!
  • RAM・ROM共に最新規格であるLPDDR5とUFS3.1に対応!

iQOO 3 5Gのスペック

価格6GB+128GB:3598元(約57,000円)
8GB+128GB:3798元(約60,000円)
12GB+128GB:3998元(約63,000円)
12GB+256GB:4398元(約70,000円)
OSAndroid 10(iQOO UI 1.0)
SoCSnapdragon 865
RAM6GB/8GB/12GB (LPDDR5)
ROM128GB/256GB (UFS3.1)
Antutuスコア588,804
ディスプレイ6.44インチ FHD+ 2400×1080
アスペクト比:20:9
Super AMOLED / HDR10+
カメラクアッドカメラ
・4800万画素(IMX 582 F1.79)
・1300万画素(超広角 F2.2)
・1300万画素(ポートレート F2.46)
・200万画素(深度 F2.4)
インカメラ
・1600万画素 (F2.45)
バッテリー4440mAh (急速充電 55W Super FlashCharge)
Wi-Fi802.11 a / b / g / n / ac / ax
Bluetoothv5.0
カラーシルバー / ブラック / オレンジ
サイズ158.51 × 74.88 × 9.16 mm
重量214.5g
防水防塵なし
接続端子USB Type-C
イヤホン端子あり
生体認証ディスプレイ指紋認証 / 顔認証
対応バンド2G
GSM:850/900/1800/1900
CDMA:BC0/BC1
3G
WCDMA:B1/B2/B4/B5/B8
CDMA2000:BC0/BC1
4G
TDD-LTE:B34/B39/B40/B41/B38
FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B25/B26
5G
n1/n3/n41/n77/n78/n79
技適認証未認証
スペックの見方、判断基準については こちら
対応バンドについては こちら
充電規格については こちら

iQOO 3 5Gのパッケージと付属品

iQOO 3 5Gの外箱
こちらがiQOO 3 5Gの外箱です。
黄色い太文字でiQOO 3と目立つ色で大きく書かれている点が印象的!
下の方に控えめに5Gと記載があるのもポイント!
5Gの文字がシルバーなのはプレミアム感があって良いですね!

iQOO 3 5Gの上箱
上箱はこんな感じ...。
箱は不思議な形をしていて安物感も感じません!

iQOO 3 5Gの上箱内側
上箱の内側を見ると...。
円の中に「MONSTER INSIDE」の文字が!!
箱の中身はヤバいぜ!!って事ですね!

iQOO 3 5Gの付属品
付属品は以下の物が同梱されていました。
  • 充電アダプター (55W充電対応)
  • USB Type-Cケーブル
  • 保護ケース
  • 保護フィルム(貼り付け済み)
  • SIMピン
  • ユーザーマニュアル
  • 保証書
iQOO 3 5Gのオマケ
また、これらの付属品とは別で購入したショップから3つ程オマケも付いてきました。
  • コンセント変換機
  • スマホリング
  • vivo XE 100イヤホン (詳細ページ)
iQOO 3 5Gの付属ケース
ケースは柔らかい素材でできています。
色は半透明ですが、すこし白色が濃いかも...。

iQOO 3 5Gの付属ケース側面
電源ボタンや音量調節ボタンの上下にL・R感圧センサー用のボタンのようなものまで付いています!
主にゲームの時に使うボタンです!

しかし、注意点も!
ケースを付けるのも外すのもピッタリサイズなので時間がかかり面倒でした。

iQOO 3 5Gの付属充電器
付属の充電器は最大55Wの出力!
もちろん、iQOO 3 5Gは55W充電に対応です!(例えばHUAWEI Mate 30 Pro 5Gは40W、OPPO Find X2 Proは65W)
充電を開始してから僅か15分でバッテリーを50%充電することが可能です。
通勤・通学前に少し充電するだけで、1日使用できると思います。
これで夜寝る前の充電も不要ですね。

iQOO 3 5Gの付属USB Type-Cケーブル
珍しい形をしたUSB Type-Cケーブルです。
カプセル薬に似た形をしていますね!間違えて飲み込んではいけませんよ!!
※小さなお子様がみえる家庭では、手の届かない場所に保管して下さい

iQOO 3 5Gのデザイン・外観をチェック

iQOO 3 5Gの本体正面画像
iQOO 3 5Gの本体正面
左:HUAWEI P30 Pro(19.5:9)画面と右:iQOO 3 5G(20:9)画面の比較
左:HUAWEI P30 Pro(19.5:9)画面と右:iQOO 3 5G(20:9)画面の比較
iQOO 3 5Gを正面から見た様子です。
アスペクト比は20:9とかなり縦長ですが、普段から19.5:9のアスペクト比であるHUAWEI P30 Proを使っているからか全く違和感がなかったです。
大画面スマホに慣れている人なら問題なく使用可能です!

iQOO 3 5Gの背面画像
iQOO 3 5Gの背面には、4800万画素(メイン F1.79)+1300万画素(超広角 F2.2)+1300万画素(ポートレート F2.46)+200万画素(深度 F2.4)のクアッドカメラとLEDフラッシュを搭載しています。
SIM太郎編集部が購入したモデルはブラックです。
背面にはガラスが使われていて高級感がありますが、指紋が付きやすいのは残念ポイント。

iQOO 3 5Gの右側面
iQOO 3 5Gの右側面には電源ボタンと音量調節ボタンがあります。
そして、L・Rの感圧センサーも付いてます!
ゲーミングスマホ感が漂っています。
さらに、電源ボタンはオレンジ色になっており、オシャレなアクセントになっています。

iQOO 3 5Gの左側面画像
iQOO 3 5Gの左側面にもボタンが1つあります。
ボタン部分にAIと書かれているため、AIアシスタント機能を使いたい時にはこのボタンから呼び出せます。

iQOO 3 5Gの上部画像
iQOO 3 5Gの上部にはイヤホン端子とノイズキャンセリング用のマイクがあります。

iQOO 3 5Gの下部の画像
iQOO 3 5Gの下部にはスピーカー・USB Type-C端子・通話用マイク・SIMスロットを配置しています。(防水防塵規格には対応していないものの、SIMトレイに防水用パッキンが付いていました。)

iQOO 3 5Gの本体重量
本体のデザインは非常にカッコよく完成度も高いのですが、欠点が1つ。
それは、本体重量が219gとやや重いことです。
公式ホームページには214.5gと記載がありましたが、画面にフィルムが貼られているためか、少し重たくなっています。

スマートフォンの重量が200gを超えている機種も多く存在していますが、片手で使うことが多いスマートフォンがどんどん重たくなるのは不便です。
できることなら、軽くて高性能なスマートフォンが欲しいですね!

iQOO 3 5Gの電源をON!!

iQOO 3 5Gの初期設定画面(1)
iQOO 3 5Gの初期設定画面(2)
iQOO 3 5Gの電源を入れると言語設定画面が現れます。
デフォルトでは中国語に設定されていまが、日本語や英語にも対応しています。 言語を選択した後はネットワークやGoogleアカウントの設定を行えば初期設定は完了です。
(Googleの導入は設定画面のアカウント追加から簡単に行うことができました。)

docomoの必須バンドに対応!

中国メーカーのSIMフリースマートフォンでは、docomoの必須バンドであるBand 19に対応して無い事が多いですが、iQOO 3 5GはBand 19に対応しています。
試しに、筆者の使っているSIMカードを挿し換えて電話をかけてみると、、、。

iQOO 3 5GにdocomoのSIMを挿して着信した画像
何事もなく、電話ができてしまいました。

設定画面を開いてみると!
iQOO 3 5GにdocomoのSIMを挿してAPN設定を確認した画像
なんと日本に上陸していないメーカーであるにも関わらず日本の格安SIMのAPNが既に入っていました!
もしかして、近いうちに日本に来るのかな?(そんなわけないか、、、)

※docomoの4G回線での接続は確認できましたが、5G回線の接続は未確認です。

iQOO 3 5Gのディスプレイ

iQOO 3 5Gのディスプレイ画像
iQOO 3 5Gはパンチホールカメラを採用したノッチレスデザインのディスプレイを採用しています。

パンチホールカメラを採用したことで以下のメリットがあります。
  1. ディスプレイの面積が大きくなった
  2. 画面の真ん中にノッチが無いため圧迫感が無く画面が見やすい
しかしながらデメリットもあります。
  1. 本体の右上にあるため横持ちした時にゲームの邪魔になる
  2. パンチホールディスプレイが好みでない人も多い
そして、20:9の大画面ディスプレイを搭載しているため、ゲームや動画などをより楽しむことができます!

55Wの充電に対応!

iQOO 3 5Gは55W充電に対応しています。
充電を開始してから僅か15分でバッテリーを50%充電することが可能なのは多くの人にとって魅力的なはずです。
バッテリー容量も4440mAhと大容量で電池持ちも良いです。

しかし、バッテリー容量が大きくなったことで本体の重量も重たくなっている点は残念ポイント!
長時間ゲームをする人は手首が痛くなってくるかもしれませんね。
そして、ワイヤレス充電に非対応な点も少し残念です。

実際に充電してみた

付属の充電器で充電!

iQOO 3 5Gの55W急速充電(vivo SUPER FlashCharge)の画像
付属の充電器で充電を行うと、vivo SUPER FlashChargeと表示され急速充電が行われていることが分かります。

サードパーティー製品で充電すると...

iQOO 3 5Gの通常充電の画像
55W以上の充電規格に対応しているサードパーティー製品で充電すると、イナズママークが出ているだけで急速充電はされませんでした。
どうやらサードパーティー製品だと急速充電はできないようです。

iQOO 3 5Gのディスプレイ内指紋認証と顔認証の精度

ディスプレイ内光学指紋認証

iQOO 3 5Gの指紋認証の画像
iQOO 3 5Gはディスプレイ内光学指紋認証に対応しています。
認証制度が高く、認証スピードもHUAWEI Mate 30 Pro 5Gと同じか、それより若干早い印象を受けます。
しかし、一瞬触れただけでもロックが解除されるため、もしかしたら他の機種よりは誤認証が多いかもしれません。

顔認証

iQOO 3 5Gの顔認証の画像
iQOO 3 5Gは顔認証に対応しています。
しかし、iPhoneのような赤外線センサーを用いた3D顔認証ではなく、2D顔認証に対応しています。
しかし、2D顔認証は暗いところで認証できなかったり、よく似た双子の区別ができなかったりと問題点があり3D顔認証程の精度の高さはありません。
ロック解除の速度はHUAWEI Mate 30 Pro 5Gと同じくらい速いです。

9つのアニメーションを変更できる

iQOO 3 5Gのアニメーションエフェクトの画像
iQOO 3 5Gは以下のアニメーションを気分に合わせて変更する事ができます。
  • タッチスクリーンの粒子アニメーション
  • アンビエント照明エフェクト
  • アプリの起動と終了のアニメーション
  • ホーム画面のロックを解除して入力する
  • 指紋認証アニメーション
  • 顔認証アニメーション
  • 充電アニメーション
  • USBの挿入に関するアニメーション
  • 画面オン / オフのアニメーション
変更は[設定]→[動的効果]から行えます。

iQOO 3 5Gの性能チェック!

ベンチマークでパフォーマンスを測定

Antutu v8

iQOO 3 5GのAntutu benchmarkの画像
ベンチマークアプリAntutuのV8での測定
総合スコアは「588,804」
CPUスコアは「184,062」
GPUスコアは「222,980」

Antutuベンチマークスコアは、Snapdragon 865を搭載しているだけあって非常に高いです。
外箱の開いた部分に書いてあった「MONSTER INSIDO」の文字にも納得できます!これが真のモンスタースマートフォン!

さらに、注目の点はCPUスコアよりGPUスコアの方が38,918スコアも高いことです!
今はスマートフォンでゲームする事が当たり前のようになってきているため、GPU性能がCPU性能よりも高いのかもしれませんね。

Geekbench5

iQOO 3 5GのGeekbench結果の画像
Geekbench5での測定
シングルコアは「933」
マルチコアは「3,410」

PC Mark for Android

iQOO 3 5G PC Mark for Andoroid結果の画像
PC Mark for Andoroidのスコアは「10,462」

ウルトラゲームモードでゲームパフォーマンスを向上

iQOO 3 5Gのウルトラゲームモードの画像(1)
iQOO 3 5Gのウルトラゲームモードの画像(2)
ウルトラゲームモードを使用することで通知をブロックしたり、自動でWi-Fiに接続することを無効にしたりできます。
ウルトラゲームモードはゲームプレイ中のみ動作します。
つまり、通常使用時はウルトラゲームモードでは無いため、通知や着信も受け取り可能です。

デュアルWi-Fiアクセラレーション機能

iQOO 3 5GのWi-Fiアクセラレーション設定の画像
デュアルWi-Fiアクセラレーションとは、2つのWi-Fiネットワークを同時に使用して通信速度を向上させる機能!
この機能を使用すれば、速い応答速度を必要とされるオンラインゲーム(PUBGやフォートナイト)時に、通信速度が速く通信の応答速度も非常に速くなるため、有利に遊ぶことができます。

iQOO 3 5Gで実際にPUBGをプレイしてみた

モバイル向けの3Dゲームとして有名な「PUBG」をプレイしました。
気になる方も多いと思います。
早速、どんな感じか見ていきましょう!!

iQOO 3 5GでのPUBGプレイ画像(1)
まず初めに、iQOO 3 5Gのウルトラゲームモードを設定しました。
本体右側面に搭載されている加圧式ボタン(L・R)を好みに合わせて設定することができます。
ボタンは自分の好きな位置に配置でき、後から変更する事も可能です!(上記スクショのAとBボタンを画面上に合わせて、認識する操作をカスタマイズできます。)
とにかく、ゲームがやり易くなるのでオススメの機能です!

iQOO 3 5GでのPUBGプレイ画像(2)
プレイ途中に、乗り物にも乗ってみました。
移動速度が速くなるため、スペックが低い端末だとガクガクする事が多いのですが、iQOO 3 5Gは全く問題なし!
本体背面もほんのり温かい程度で、まだまだ余裕がありそうでした。

iQOO 3 5GでのPUBGプレイ画像(3)
ヌルヌルとサクサクな動作で快適にプレイすることができました!

iQOO 3 5GでのPUBGプレイ画像(4)
iQOO 3 5GでのPUBGプレイ画像(5)
クオリティを「スムーズ」フレーム設定を「極限」にしたり、クオリティを「HDR」フレーム設定を「ウルトラ」にしてプレイすることも可能です!

これがモンスタースマホの実力です!

iQOO 3 5Gのバッテリー性能

スペックが高くても電池の消費が早かったら意味がありませんよね。
今からiQOO 3 5Gの電池持ちを紹介していきます。

iQOO 3 5Gのバッテリー消費画像(1)
バッテリーの残量が100%の状態から検証開始です。

検証内容を下記にまとめると、、、。
  • Youtube視聴(1時間10分)バッテリー残量 96%
  • PUBGアプリインストール(6分)バッテリー残量95%
  • Youtube視聴(38分)バッテリー残量90%
  • PUBGプレイ(1時間00分)バッテリー残量79%
iQOO 3 5Gのバッテリー消費画像(2)
合計2時間54分連続使用した場合、iQOO 3 5Gの電池残量は79%でした。

電池持ちは比較的良いと思います。
ゲームプレイ中はどうしても端末に高負荷がかかっているため、通常時に比べて電池の減りは速いですが、普段SNSやWEB検索をする程度なら1~2日以上電池が持ちそうです。

iQOO 3 5Gのカメラ性能をチェック!

最後にiQOO 3 5Gのカメラ性能を確認していきましょう!

iQOO 3 5Gのには、4800万画素(メイン F1.79)+1300万画素(超広角 F2.2)+1300万画素(ポートレート F2.46)+200万画素(深度 F2.4)のクアッドカメラとLEDフラッシュが搭載されています。
光学2倍ズームにも対応しており、少し離れた場所から撮影する際には嬉しい機能です。

ゲーミングスマートフォンですが、カメラの実力はどれくらいなのでしょうか!
早速見ていきましょう。

実際に撮影してみた

夜景撮影

iQOO 3 5Gの写真撮影(1)
iQOO 3 5Gで撮影
HUAWEI P30 Pro(比較画像1)
HUAWEI P30 Proで撮影
超広角モードで撮影。
写真の比較として、1年前に発売されたHUAWEI P30 Proの画像も用意!
HUAWEI P30 Proで撮影した画像は肉眼で見たものそのまま!
iQOO 3 5Gで撮影した画像は少し暗い印象を受けます。
ライトの部分も白飛びが目立ちます、、、。

iQOO 3 5Gの写真撮影(2)
iQOO 3 5Gで撮影
HUAWEI P30 Pro(比較画像2)
HUAWEI P30 Proで撮影
等倍で撮影。
HUAWEI P30 Proで撮影した画像は、白飛びせずにキレイに撮影されています。
iQOO 3 5Gで撮影すると、周りにノイズが入ってしまっています。
ライトの色は鮮やかではなく真っ青な感じですね。

iQOO 3 5Gの写真撮影(3)
iQOO 3 5Gで撮影
HUAWEI P30 Pro(比較画像3)
HUAWEI P30 Proで撮影
光学2倍ズームで撮影。
HUAWEI P30 Proで撮影した画像はやはりキレイ!
iQOO 3 5Gはノイズが酷く、青が濃すぎる印象です。
やはり、ゲーミングスマホではHUAWEI P30 Proには敵いませんね。

日中に撮影

iQOO 3 5Gの写真撮影(4)
iQOO 3 5Gで撮影
HUAWEI P30 Pro(比較画像4)
HUAWEI P30 Proで撮影
夜景撮影と同じ条件で超広角で撮影

iQOO 3 5Gの写真撮影(5)
iQOO 3 5Gで撮影
HUAWEI P30 Pro(比較画像5)
HUAWEI P30 Proで撮影
等倍で撮影
iQOO 3 5Gの写真撮影(6)
iQOO 3 5Gで撮影
HUAWEI P30 Pro(比較画像6)
HUAWEI P30 Proで撮影
光学2倍ズームで撮影

全体的にパット見た感じでは、HUAWEI P30 Proが明るくキレイに撮影できていますが、iQOO 3 5Gも日中の撮影ならそこそこキレイに撮影できます。

1年前のモデルでもHUAWEIは凄くキレイな写真が撮れますね!
日中にカメラを使うくらいならiQOO 3 5Gで撮影しても問題無いでしょう!
57,000円からのスマートフォンのカメラにしたら上出来です!!

食事はキレイに撮れるか検証!

iQOO 3 5Gで食事を撮影した画像(1)
フードモードON
iQOO 3 5Gで食事を撮影した画像(2)
フードモードOFF
ポテトを撮影してみました。
フードモードがONになっているなっている方が全体的に明るい色になっており、おいしそうに見えます。

iQOO 3 5Gで食事を撮影した画像(3)
フードモードON
iQOO 3 5Gで食事を撮影した画像(4)
フードモードOFF
ヒレカツ膳を撮ると、フードじゃないトレーの部分まで明るく撮れていました。
全体的に明るさを調整する事で、キレイな写真を撮れるようになっているようです。

ボケ味は不自然ではないか検証!

iQOO 3 5Gで食事を撮影した画像(5
)
こちらの写真では、背景のポテトがしっかりボケており、目の前のハンバーグがとても美味しそうに見えます。
しかし、よく見るとブロッコリーが嫌いなのか、その辺もボケているように見えます。

細かいところを気にすると気になる点も出てきますが価格を考えるとカメラ機能も頑張っている方だといえます。

まとめ : iQOO 3 5Gはどんな人にオススメか?

iQOO 3 5GはSnapdragon 865を搭載したゲーム特化のモンスタースマートフォンです。
外箱の内側に書かれていた「MONSTER INSIDE」に恥じぬ結果を残しています。

付属の充電器を使用するだけで55Wの急速充電ができるのも魅力的!
しかし、ワイヤレス充電に対応していない点は少し残念ポイントでもあります。
本体も厚みがあり重たいことが残念ですが、使っていくうちに慣れていくことでしょう。

本体にL・Rのゲーム用タッチボタンも採用されており、デュアルWi-Fi接続ができるなどゲームをプレイするユーザーへの最適な配慮がされている端末です。

とにかく安くて性能が良いスマートフォンを探している人
重たくても良いから5Gに対応した高性能スマートフォンが欲しい!
ワイヤレス充電は使わないから無くていい!
ゲーム専用のスマートフォンが欲しい!
docomo回線を中華スマホで使いたい!
という人にはピッタリのスマートフォンです。
逆に、
カメラ性能にこだわりたい人
重いのはちょっと無理かな、、、。
そこまでの性能は要らないよ、、、。
ゲームやらないしな、、、。
という人には向いていない端末といえます。

iQOO 3 5Gの販売サイト

販売サイト価格(4/5更新)
AliExpress約54,400円
Banggood約74,400円
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-vivo, スマートフォン
-, , ,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.