OUKITEL スマートフォン

OUKITEL C17 Proのスペック詳細!エントリースマホでパンチホール+トリプルカメラ搭載

投稿日:

OUKITEL C17 Pro
中国 OUKITELはパンチホールディスプレイを採用したエントリースマートフォン「OUKITEL C17 Pro」を発表しました。
パンチホールディスプレイは最近になって登場したモデルであり、主にハイエンドスマートフォンで採用されることが多いのですが、C17 Proはなんと約15,000円のエントリースマートフォンとなります。

また、Helio P23・トリプルカメラ搭載と前モデルである「OUKITEL C16 Pro」から大きく性能が向上しています。

OUKITEL C17 Proを3行でまとめると、、、

  • 1万円台なのにパンチホールを採用
  • 1万円台なのにトリプルカメラ搭載
  • ただ、SoCや解像度には妥協点あり

OUKITEL C17 Proのファーストインプレッション

OUKITEL C17 Proの基本情報:スペック

価格約15,000円
OSAndroid 9 Pie
SoCMediaTek Helio P23/MT6763
RAM4GB
ROM64GB(MicroSD対応/最大128GB)
Antutuスコア約74,000点
ディスプレイ6.35インチ HD+ 1560×720
19.5:9 パンチホール
カメラアウト:1300万画素+500万画素+200万画素
イン:500万画素
バッテリー3900mAh
カラーブラック
サイズ不明
重量不明
防水防塵無し
接続端子USB Type-C
イヤホン端子無し
生体認証顔認証 指紋認証
対応バンドLTE対応
2G GSM
B2/B3/B5/B8
3G WCDMA
B1/B2/B4/B5/B8
4G FDD
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28A
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

OUKITEL C17 Proの付属品

  • USB Type-Cケーブル
  • 充電アダプター
  • 保護ケース(シリコン製)
  • 保護フィルム
  • OTGケーブル
  • イヤホン変換器
  • SIMピン
  • 保証書
  • ユーザーマニュアル

OUKITEL C17 Proのデザイン

OUKITEL C17 Proのデザイン
OUKITEL C17 Proの筐体
OUKITEL C17 Proの最大の特徴は何と言ってもパンチホール型を採用したディスプレイです。
パンチホールと言ったらHUAWEIの「Honor 20 Pro」などハイエンドモデルをイメージする方も多いと思いますが、1万円台のエントリーモデルに採用されるのは驚きです。
おそらく、パンチホームを採用したスマートフォンの中では最安値でしょう。

また、背面にはトリプルカメラと指紋認証センサーを配置し、接続端子はUSB Type-Cをサポートします。
イヤホンジャックの搭載は有りません。

OUKITEL C17 Proの性能

6.35インチのパンチホームディスプレイ

OUKITEL C17 Proのディスプレイ
ディスプレイサイズはトレンドでもある縦長の6.36インチを採用
パンチホールを採用しているため、ノッチがなく同じサイズのスマートフォンよりもディスプレイは大きく感じるでしょう。

ただ、解像度はHD+とやや低め。
普段、FHD+のスマホを使っている方は慣れるまで画質の粗さを感じるかもしれません。

SoCにHelio P23を搭載

OUKITEL C17 Proのスペック
OUKITEL C17 ProはSoCにHelio P23、RAMは4GBの構成となっています。
Antutuベンチマークは約74,000点と想定でき、スペックもエントリーと言えるでしょう。

普段使いでも動作の遅さを感じる可能性があるので注意が必要です。

SONYセンサーを採用したトリプルカメラを搭載

OUKITEL C17 Proのカメラ
OUKITEL C17 Proは1300万画素のメインカメラ・500万画素の超広角カメラ・200万画素の深度カメラを搭載しています。
エントリーモデルの中でもトリプルカメラ構成は数少なく、同価格帯のスマートフォンと比較すると高いカメラ性能と言えるでしょう。

ただ、ハイエンドモデルをはじめとした4800万画素を含むトリプルカメラを搭載したスマートフォンには遠く及ばないカメラ性能です。
カメラ性能を重視したい方は、少し価格を上げて「Redmi Note 7」を検討してみて下さい。
上記の画像は実機で撮影された画像です。
エントリースマホが苦手とする夜景の撮影も比較的キレイに撮れているのが分かります。

3900mAhのバッテリー容量

OUKITEL C17 Proのバッテリー
OUKITEL C17 Proは3900mAhのバッテリー容量を搭載しています。
SoCに採用しているHelio P23の消費電力を考慮すると十分、大容量で1日を通してバッテリー切れになる可能性は低そうです。

顔認証と指紋認証に対応

OUKITEL C17 Proの顔認証
OUKITEL C17 Proの指紋認証
OUKITELのCシリーズは毎回、顔認証と指紋認証に対応していますが今回も、もちろんW生体認証です。
安価ながらも使い勝手が良く素晴らしいのですが、認証精度や速度にはやや不安が残ります。

まとめ:OUKITEL C17 Proは買いか否か

OUKITELのCシリーズは安価な価格帯で頻繁に新しいモデルが展開されていますが、今回のOUKITEL C17 Proは前モデルと比較しても大幅にアップグレードされており、パンチホール採用のインパクトは非常に大きいです。

ただ、SoCのスペックを考慮すると普段使いでは物足りない印象があるのでライトユーザーやサブ機としての使い道になるのではないでしょうか。

販売サイト価格(8/8更新)
AliExpress約15,000円
スポンサーリンク

-OUKITEL, スマートフォン
-, , , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.