OPPO スマートフォン

【中国版とは別物】OPPO Reno3 Proのグローバル版が発表!世界初の4400万画素デュアルインカメラを搭載

投稿日:

OPPOは先日、OPPO Reno3 Pro グローバル版を発表しました。
中国で発売済みのモデルとは違い、カメラやSoCなど様々な部分が変更されており、全く別のスマートフォンとして捉えて良いでしょう。

OPPO Reno3 Proを3行でまとめると、、、

  • 世界初4400万画素のインカメラを搭載
  • ゲームにも最適な最新SoCや大容量のRAMを搭載
  • VOOC Flash Chargeで高速充電が可能に

OPPO Reno3 Proのファーストインプレッション

OPPO Reno3 Proの基本情報:スペック

価格8GB+128GB: 29,990インドルピー(約45,000円)
8GB+256GB: 32,990インドルピー(約49,000円)
OSAndroid 10(ColorOS 7)
SoCMediaTek Helio P95
RAM8GB LPDDR4X
ROM128GB/256GB UFS2.1
Antutuスコア現時点では不明
ディスプレイ6.4インチ AMOLED FHD+ 1080×2400
カメラアウトカメラ(クアッドカメラ)
・6400万画素(広角カメラ F/1.8)
・1300万画素(遠望カメラ F/2.4)
・800万画素(超広角カメラ F/2.2)
・200万画素(モノクロセンサ F/2.4)
インカメラ(パンチホール型ダブルカメラ)
・4400万画素(広角カメラ F/2.4)
・200万画素(深度センサ F/2.4)
バッテリー4025mAh
Wi-fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetoothv5.0
カラーオーロラブルー/ミッドナイトブラック/スカイホワイト
サイズ158.8×73.4×8.1
重量175g
防水防塵無し
接続端子USB Type-C
イヤホン端子有り
生体認証画面内指紋認証/顔認証
対応バンドGSM(2G): 850/900/1800/1900
WCDMA(3G): B1/2/4/5/6/8/19
FDD(4G): B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
TDD(4G): B38/39/40/41
中国版と違い5G非対応
技適認証未認証
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

OPPO Reno3 Proの付属品

  • アダプター
  • イヤホン
  • MicroUSBケーブル
  • 取扱説明書
  • クイックスタートガイド
  • 保護フィルム(貼り付け済み)
  • ケース

OPPO Reno3 Proのデザイン

reno3 proのデザイン
前面には、パンチホールの2眼カメラと、画面占有率91.5%の広いディスプレイを採用しています。


背面には縦に並んだ四眼のカメラと、右下にoppoのロゴデザインがあります。
(oppoのロゴデザインは結構かっこいい)


また、最近のOPPO機種と変わらず、今回も側面の電源ボタンと音量ボタンは左右に分かれています。

OPPO Reno3 Proの性能

前モデルからより進化したカメラ

reno3 proのカメラ
OPPO Reno3 Proは、世界初となる4400万画素の広角カメラと、200万画素の深度センサーからなる、パンチホール型のデュアルインカメラを搭載しています。


インカメラで差をつけてくるスマホは珍しく、今までよりもっときれいにセルフィーが撮れます。
reno3 proのカメラ2
もちろんアウトカメラにも抜かりはなく、6400万画素のメインカメラを筆頭に、遠望、超広角、モノクロという構成になっています。


こちらもいうまでも無く、鮮明な写真を撮ることがが出来ます。

SoCにMediaTek Helio P95を採用

reno3 proのSoC
SoCには最新のMediaTek Helio P95を採用しています。中国版のSnapdragon 765Gと比較すると性能は少し落ちますが、Snapdragon 730G程度の性能はあると思います。


Snapdragon730GはXiaomi Mi Note 10などが該当し、今でも現役のスペックです。

ゲームにも最適なスペック

Reno3 proのディスプレイ
6.4インチの巨大なAMOLEDディスプレイを採用し、RAMも8GBと大容量で、それなりに高負荷なゲームも卒なくこなせそうです。


また、従来よりOPPOが意識してきたパンチホールの配置は、ゲームの邪魔になることも少ないと思います。

しかし、PUBGなどの重めの3Dゲームを本気でプレイする場合、Helio P95ではパワー不足な印象です。

VOOC Flash Charge 4.0搭載で高速充電

OPPO Reno3 ProはVOOC Flash Charge 4.0を搭載することにより、理論上20分で50%もの充電をすることが可能です。


開いた時間に少し充電するだけで丸一日使えてしまうので、モバイルバッテリーを持ち歩く必要性も無くなります!

まとめ:OPPO Reno3 Proはどんな人におすすめか?

OPPO Reno3 Proは、中国版と比べ様々な部分でブラッシュアップされており、価格も抑えられているため、どんな方でも手を出しやすい一台になっています。


また、世界初の4400万画素インカメラを搭載しているので、セルフィーなどをよくされる方にはすごくおすすめです。
ゲームもそこそこ可能で、普段使いで困る事はなさそうです。


似たような機種で5G対応がいい!という方は、2020年7月に販売開始するOPPO Reno3 5Gを検討されてみてはいかがでしょうか?
Snapdragon 765Gが良い!という方は、中国版OPPO Reno 3 Proを併せてご覧ください。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-OPPO, スマートフォン
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.