OPPO スマートフォン

【Dimensity 800搭載】OPPO A92sの詳細スペック!5G,120Hz対応の3.4万円ミドルレンジ機

投稿日:

OPPOは、Androidスマートフォン「OPPO A92s」を中国で発表しました。

OPPO A92sを3行でまとめると、、、

  • SoCにMediaTek Dimensity 800を搭載したミドルレンジスマートフォン
  • 120Hzのリフレッシュレートに対応
  • パンチホール式デュアルインカメラを搭載

OPPO A92sのファーストインプレッション

OPPO A92sの基本情報:スペック

価格6GB+128GB:2199元(約34,000円)
8GB+128GB:2499元(約39,000円)
OSAndroid 10 (Color OS 7)
SoCMediaTek Dimensity 800
RAM8GB/12GB(LPDDR4x)
ROM128GB(UFS 2.1)
Antutuスコア-
ディスプレイ6.57インチ FHD+ 2400×1080 液晶ディスプレイ
アスペクト比:20:9
リフレッシュレート:120Hz
カメラクアッドカメラ
4800万画素(メイン) F1.7
800万画素(超広角) F2.2
200万画素(マクロ) F2.4
200万画素(深度) F2.4

インカメラ
1600万画素(メイン)
200万画素(深度)
バッテリー4000mAh
18W急速充電
Wi-fi802.11 2.4/5GHz
Bluetoothv5.0
カラーブラック、ホワイト
サイズ163.8×75.5×8.1mm
重量184g
防水防塵なし
接続端子USB Type-C
イヤホン端子あり
生体認証側面指紋認証/顔認証
対応バンド-
技適認証認証なし
未公表部分は「-」で表記しています。(※発表され次第、追記します。)

スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

OPPO A92sの付属品

未公表(※発表され次第、追記します。)

OPPO A92sのデザイン

OPPO A92sのデザイン
OPPO A92sは6.57インチの液晶ディスプレイを搭載したスマートフォンです。

ディスプレイ左上にはパンチホールがあり、デュアルレンズを搭載しています。
また、背面左上にはiPhone 11シリーズのような正方形のカメラモジュールを搭載し、本体右側面には指紋認証センサーを搭載しています。

OPPO A92sの性能

SoCにMediaTek Dimensity 800を搭載

OPPO A92sのSoC
OPPO A92sはSoCにMediaTek Dimensity 800を搭載。
MediaTek Dimensity 800は2020年の1月に発表されたSoCであり、5G通信にも対応しています。

Dimensity 800はKirin 820やSnapdragon 765Gと同じミドルレンジ向けSoCで、GeekBenchスコアでもこれらとほぼ同じスコアが出ています。
さらに、GPUにはMali-G77MC4を搭載し、MediaTek のゲーミングテクノロジーである「HyperEngine」によりフラグシップレベルの性能を実現しているとされ、ゲームもデフォルトの設定で問題なく行うことができるでしょう。

120Hzのリフレッシュレートに対応

OPPO A92sの120Hzのディスプレイ
OPPO A92sは120Hzのリフレッシュレートに対応しています。
ただし、有機ELではなく液晶ディスプレイの採用となっています。

リフレッシュレートが高いことで、画面の動きが激しいレースゲームやFPSゲームなどで、敵の動きをハッキリと目で追えたり、目が疲れにくいなどのメリットがあります。

48MPを含むクアッドカメラを搭載

OPPO A92sの4,800万画素を含むクアッドカメラ
OPPO A92sは4800万画素(メイン) + 800万画素(超広角) +200万画素(マクロ) +200万画素(深度)のクアッドカメラを搭載しています。

カメラモジュールは本体左上にあり、iPhone 11シリーズと同じような正方形の形をしています。
カメラのレンズが斜めに取り付けられていることも特徴的!

4800万画素のメインカメラには、SONY製IMX 586センサーを搭載しており、夜間撮影などの暗い場所でも白飛びを抑えた写真が撮れます。

OPPO A92sのパンチホール式デュアルインカメラ
さらにインカメラには1600万画素(メイン) + 200万画素(深度)のデュアルカメラを搭載しています。
インカメラに深度カメラが搭載されており、自撮りの際に背景をぼかすこともできそうです。

約3.4万円のスマートフォンにパンチホール式デュアルインカメラが搭載されているのは凄い!

OPPO A92sのバッテリー容量は4,000mAhと大容量で18Wの急速充電にも対応しています。
必要とされる基本性能をしっかりと抑えた、コストパフォーマンスの良いスマートフォンです。

まとめ:OPPO A92sはどんな人にオススメか?

約3.4万円の価格で5Gに対応していることや、120Hzのリフレッシュレートに対応していることには驚きを隠せません!

カラーはブラックとホワイトの2種類です。
OPPO A92sは中国で2020年4月29日に発売され、価格はRAM6GB+ROM128GBモデルが2199元(約34,000円)、RAM8GB+ROM128GBモデルが2499元(約39,000円)となっています。

5Gに対応した安価なミドルレンジスマートフォンが欲しい方や、120Hzのリフレッシュレートを体感してみたい方にオススメのスマートフォンです。
ただ、個人的にはこの価格なら少し予算を上げてグローバル版「OPPO Reno3 Pro」を購入すると思います。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-OPPO, スマートフォン
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.