OnePlus スマートフォン

OnePlus 7Tの詳細スペック!Snapdragon 855 Plus +8GB/RAM+UFS 3.0のモンスタースペック

更新日:

OnePlus 7T
中国メーカーOnePlusはインド時間9月26日、OnePlus 7Tを正式発表しました。
SoCにはSnapdragon 855 Plusを搭載し、90Hzのリフレッシュレートや30分で70%の充電が可能な急速充電に対応、4800万画素を含むトリプルカメラとモンスター級のスペックを搭載しています。

OnePlus 7Tを3行でまとめると、、、

  • Snapdragon 855 Plus +8GB/RAM+UFS 3.0のモンスタースペック
  • 円形モジュールの4800万画素を含むトリプルカメラ
  • 30分で70%の充電が可能な急速充電

OnePlus 7Tのファーストインプレッション

OnePlus 7Tの基本情報:スペック

価格8GB+128GB:37,999INR(約58,000円)
8GB+256GB:39,999INR(約61,000円)
OSAndroid 10 (OxygenOS 10)
SoCSnapdragon 855 Plus
RAM8GB LPDDR4X
ROM128GB/256GB UFS 3.0
Antutuスコア-
ディスプレイ6.55インチ FHD+ (2400×1080)
アスペクト比 20:9
リフレッシュレート 90Hz
HDR10+ / Fluid AMOLED
背面カメラトリプルカメラ
・4800万画素( SONY IMX586  F値1.6 OIS)
・1600万画素(超広角 F値2.2)
・800万画素(2倍 望遠 F値2.2 OIS)
前面カメラ1600万画素カメラ (SONY IMX471 F値2.0)
バッテリー3800mAh 急速充電(WarpCharge 30T)
Wi-fi802.11 a/b/g/n/ac, 2.4G/5G
Bluetoothv5.0
カラーFrosted Silver / Glacier Blue
サイズ160.94 x 74.44 x 8.13 mm
重量190g
防水防塵-
接続端子USB Type-C
イヤホン端子無し
生体認証ディスプレイ指紋認証/顔認証
対応バンドCN&IN
FDD-LTE:B1,2,3,4,5,7,8,12,13,17,18,19,20,26,28,29
TDD-LTE:B34,38,39,40,41
TDS:B34,B39
UMTS:B1,2,4,5,8,9,19
CDMA:BC0,BC1
GSM:B2,3,5,8

NA
FDD-LTE:B1,2,3,4,5,7,8,12,13,17,18,19,20,25,26,28,29,30,46,66,71
TDD-LTE:B34,38,39,41,48
UMTS:B1,2,4,5,8,9,19
CDMA:BC0,BC1,BC10
GSM:B2,3,5,8

EU
FDD-LTE:B1,2,3,4,5,7,8,12,13,17,18,19,20,25,26,28,29,32,66
TDD-LTE:B34,38,39,40,41
UMTS:B1,2,4,5,8,9,19
CDMA:BC0,BC1
GSM:B2,3,5,8
技適認証無し
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

OnePlus 7Tの付属品

  • 充電アダプター
  • USB Type-Cケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 保証書
  • ウェルカムレター
  • ロゴステッカー
  • 保護ケース
  • 保護フィルム(貼り付け済み)
  • SIMピン

OnePlus 7Tのデザイン

OnePlus 7Tの筐体
OnePlus 7 Proのカメラモジュールとは異なり、円形のモジュールにトリプルカメラを配置
個人的には、最近のフラグシップ機らしくて好印象

ただ、OnePlus 7 Proのようにポップアップ式カメラを採用しなかったため、前面には水滴型ノッチが残っています。

背面パネルは艶消しガラスが採用されており、高級感満載。

接続端子はUSB Type-Cでイヤホンジャックは非搭載です。

OnePlus 7Tの性能

Snapdragon 855 Plusを搭載

OnePlus 7TのSoC
OnePlus 7TはSoCにSnapdragon 855 Plusを搭載
OnePlus 7や7 ProはSnapdragon 855だったので、パワーアップし2019年9月現在において最高性能を持つスマートフォンの一つとなります。
RAMは8GBと申し分なく、ストレージは128GB/256GBでUFS 3.0に対応
フラグシップ機の中でもストレージ規格がUFS 2.1の端末も多く、UFS 3.0に対応しているのはOnePlusの特徴とも言えるでしょう。

UFS 3.0に対応しているとストレージ速度が高速化し、アプリの起動速度やファイルの読込速度が速くなります。

6.55インチ 90Hz のディスプレイを搭載

OnePlus 7Tのディスプレイ
OnePlus 7Tは6.55インチのFHD+ディスプレイを搭載
スペックだけでなく、サイズもOnePlus 7(6.41インチ)とOnePlus 7 Pro(6.67インチ)の中間となります。
そして、リフレッシュレートは90Hz
ディスプレイの応答速度が非常に速く、滑らかな描画を実現します。

4800万画素を含むトリプルカメラ

OnePlus 7Tのカメラ
OnePlus 7Tはメイン4800万画素+広角1600万画素+望遠800万画素のトリプルカメラを搭載
OnePlus 7はデュアルカメラだったのでパワーアップし、OnePlus 7 Proと概ね同様のカメラスペックを備えています。(OnePlus 7 Proでは3倍ズームが可能なので若干異なります。)

117°の超広角撮影

OnePlus 7Tの広角カメラ
もはや、フラグシップ機では当たり前となった超広角撮影にも当然対応しています。
OnePlus 7Tの光学ズーム
光学2倍ズームでの撮影も可能
また、被写体から2.5cmでの距離で撮影ができるマクロ撮影にも対応しています。
OnePlus 7Tは、広角撮影から夜景、ズーム、マクロと多くの撮影シーンに対応する撮影モードを搭載

1600万画素のインカメラ

OnePlus 7Tのインカメラ
OnePlus 7Tは1600万画素のインカメラを搭載
画素数こそOnePlus 7 Proと同じですが、ポップアップ式にはなりませんでした。

ポップアップ式カメラを期待していた方は残念でしょう。
私もポップアップ式を期待していました。

3800mAhのバッテリー+急速充電に対応

OnePlus 7Tのバッテリー
OnePlus 7Tのバッテリー容量は3800mAhでWarpCharge 30Tの急速充電に対応
WarpCharge 30Tはバッテリーが0の状態から僅か30分で約70%の充電が可能です。

また、OnePlus 7 ProはWarpCharge 30の対応で、それより23%も高速に充電が可能とのこと。
公式HPではSamsungの「Galaxy S10+」よりも充電速度が非常に優れていることをアピール!

凄いのは充電速度だけではないようです。
ゲームをプレイしながら端末を充電した際に、発熱を感じた経験は一度はあるはず。
なんと、OnePlus 7Tは筐体だけでなく充電アダプター内にも熱放散が行われ、充電しながらのゲームプレイでも発熱を抑えることができるとのこと。
バッテリー容量こそは、OnePlus 7 Proに劣りますが、充電速度や冷却性能はOnePlus 7Tの方が優れています。

まとめ:OnePlus 7Tはどんな人にオススメか?

ズバリ、OnePlus 7 Proの購入を考えていて価格で迷っていて方でしょう。
ポップアップ式カメラでないこと以外は概ね同じようなスペックで価格も約58,000円〜と抑えられています。
SoCやバッテリーの性能はOnePlus 7Tの方が高く、"コスパ"を考えるならOnePlus 7 Proよりも優れているのではないでしょうか。
上位版となるOnePlus 7T Proも発表されたので是非、御覧ください。

販売サイト価格(10/25更新)
Banggood66,309円(割引クーポンあり
スポンサーリンク

-OnePlus, スマートフォン
-, , , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.