MEIZU スマートフォン

Meizu 17 Pro 5Gの詳細スペック!Snapdragon 865、27Wワイヤレス充電に対応して価格は6.5万円

投稿日:

Meizuは5月8日に「Meizu 17 Pro 5G」を正式発表しました。

Meizu 17 Pro 5Gを3行でまとめると、、、

  • Meizu初のワイヤレス充電対応機種
  • Samsung製Super AMOLEDを搭載
  • 標準では日本語表示がないため、ツールを使用して導入する必要がある

Meizu 17 Pro 5Gのファーストインプレッション

Meizu 17 Pro 5Gの基本情報:スペック

価格8GB+128GB:4299元(約6.5万円)
12GB+256GB:4699元(約7.1万円)
OSAndroid 10.0 (Flyme OS 8.1)
SoCSnapdragon 865(X55モデム搭載)
RAM8GB/12GB(LPDDR5)
ROM128GB/256GB(UFS3.1)
Antutuスコア60万スコア
ディスプレイ6.6インチ 2340 x 1080
アスペクト比: 19.5:9
リフレッシュレート: 90Hz
カメラクアッドカメラ
6400万画素(メイン) F1.8
800万画素(望遠) F2.4
3200万画素(超広角) F2.2
ToF F1.4
インカメラ
2000万画素 F2.2
バッテリー4500mAh
Wi-fi802.11 а/b/g/n/ac/ax(2.4/5.0GHz Wi-Fi 6対応)
Bluetooth5.1
カラーホワイト、ブラック、グリーン
サイズ160×77.2×8.5mm
重量219g
防水防塵なし
接続端子USB Type-C
イヤホン端子なし
生体認証ディスプレイ指紋認証/顔認証
対応バンドNR:N41 / N78 / N79
TD-LTE:B34 / B39 / B40 / B41
FDD-LTE:B1 / B3 / B5 / B7 / B8
技適認証なし
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

Meizu 17 Pro 5Gの付属品

  • 充電器
  • USB Type-Cケーブル
  • 保護ケース
  • SIMピン
  • 保証書
  • クイックスタートガイド

Meizu 17 Pro 5Gのデザイン

Meizu 17 Proのデザイン
Meizu 17 Pro 5Gは、6.6インチSuper AMOLEDを搭載したスマートフォンです。

ディスプレイ右上にパンチホールを採用しており、上部や下部のベゼルは薄め。
背面上部中央には横並びにカメラが配置されています。

Meizu 17 Proのカラー
カラーは、ブラック、ホワイト、グリーンの3色です。

Meizu 17 Pro 5Gの性能

SoCにSnapdragon865 5Gを搭載

Meizu 17 ProのSoC
Meizu 17 Pro 5GはSoCにSnapdragon 865 5Gを搭載。
このSoCはハイエンド端末向けに開発されたものであり、「Galaxy S20」や「Mi 10 Pro」にも搭載されています。

Meizu 17 ProのAntutuスコア
Antutuベンチマークは60万スコアをマークしており、SNSやWeb検索など普段使いで問題なく使用可能です。
3Dゲームなどを高設定でプレイすることも可能です。

Meizu 17 Proのメモリーとストレージ
また、LPDDR5規格のメモリーとUFS3.1規格の内蔵ストレージを搭載しているため、アプリのインストールや起動もより早くなっています。

Samsung製Super AMOLEDでスプレイを搭載し、90Hzのリフレッシュレートに対応

Meizu 17 Proのディスプレイ
Meizu 17 Pro 5GはSamsung製のSuper AMOLEDを搭載しています。
nubia Red Magic 5GではVisionox製のOLEDを搭載し、Black Shark 3 ProではBOE製AMOLEDを搭載していますが、品質の面を気にすると、やはりSamsung製のディスプレイを採用している方が品質が高く安心感があります。
(ディスプレイはMeizu 17もMeizu 17 Proも同じものを使用しています。)

Meizu 17 Proは90Hzリフレッシュレートに対応
また、Meizu 17 Pro 5Gは90Hzのリフレッシュレートに対応しています。
90Hzに対応している端末に「OnePlus 8」や「Xiaomi Mi 10 Pro」などがあります。
(Meizu 17もMeizu 17 Proも90Hzのリフレッシュレートに対応)

64MPを含むクアッドカメラを搭載

Meizu 17 Proのカメラ構成
Meizu 17 Pro 5Gのカメラ構成は6400万画素(メイン)+800万画素(望遠)+3200万画素(超広角)+ToFを搭載しています。

Meizu 17 Proの超広角撮影写真
超広角カメラで撮影された画像では、広い範囲を撮影することができています。
また、画像は暗い場所で撮影したものと思われますが、白飛びもなくキレイな写真を撮影できています。
Meizu 17 Pro 5Gは夜景もキレイに撮影することが可能でしょう!

Meizu 17 Proのマクロ撮影写真
さらに、Meizu 17 Pro 5Gはマクロカメラを搭載していないですが、被写体に3cmまで近づいてマクロ撮影ができます。

Meizu 17 Proのポートレート撮影
6400万画素のメインカメラとToFカメラを搭載しているため、ポートレート撮影時に背景をしっかりぼかしてくれます。
ぼけ味のある写真を手軽に撮影することが可能です。

4500mAhのバッテリーを搭載し、30W急速充電と27Wワイヤレス充電に対応

Meizu 17 Proのバッテリー容量
Meizu 17 Proの急速充電規格
Meizu 17 Pro 5Gは4500mAhのバッテリーと30W急速充電に対応しています。

Meizu 17 Proのワイヤレス充電規格
さらに、2020年のフラグシップ端末では搭載していて当たり前になりつつある、ワイヤレス充電に対応!

Meizu 17 Pro 5Gでは27Wのワイヤレス充電が可能となっています。
同じように27Wワイヤレス充電が可能な機種に、HUAWEI Mate 30 ProやHUAWEI P40 Proなどがあります。

27Wのワイヤレス充電を30分間行った場合、0%~47%までの充電ができるとしています。

同日に発表されたMeizu 17 5Gはワイヤレス充電に非対応となっています。

まとめ:Meizu 17 Pro 5Gはどんな人にオススメか?

Meizu 17 Pro 5Gの価格は、8GB+128GBモデルが4299元(約6.5万円)で、12GB+256GBモデルが4699元(約7.1万円)となっています。

Meizuは中国版モデルと国際版モデルがありますが、中国版のモデルを購入してしまうとGoogleサービスが入っていない場合があります。
また、日本語にも対応していないので、誰にでも奨められる端末とは言えないですが、6.5万円という価格でSnapdragon 865とワイヤレス充電に対応した端末が買えるのは、お得な気がします。
Snapdragon 865を搭載した、端末では約4.2万円で買えるiQOO Neo 3がありますが、そちらはワイヤレス充電に非対応です。

標準で日本語に対応していないため、使用する際には日本語化できるツールを使用する必要があり、ツール導入のための知識も必要となりますが、最新SoCを搭載し、ワイヤレス充電に対応した端末が安く欲しい方はそこまでのリスクを覚悟の上で購入するのもありでしょう。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-MEIZU, スマートフォン
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.