MEIZU スマートフォン

MEIZU 16Sのスペック詳細!MEIZUからフラグシップ機が登場、気になる実力は?

投稿日:

MEIZU 16S
中国、MIEZUはフラグシップスマートフォン「MEIZU 16S」を発表しました。日本では聞き馴染みの薄いMEIZUですが、「MEIZU 16X」や「MEIZU Note 9」などの2.3万円台のエントリースマホが人気です。そんなMEIZUが、今回発表した「MEIZU 16S」は「Galaxy S10」や「Xiaomi Mi 9」などのフラグシップ機で採用されているSnapdragon 855が搭載されており注目を集めていました。

MEIZU 16Sを3行でまとめると、、、

  • Snapdragon 855を搭載
  • 7.6mm 165gのコンパクトボディ
  • バッテリー性能が高い

MEIZU 16Sのファーストインプレッション

MEIZU 16Sの基本情報:スペック

価格6/128GB 3,198元(約53,200円)
8/128GB 3,498元(約58,200円)
8/256GB 3,998元(約66,500円)
OSAndroid 9.0 (Pie) / Flyme 7.3
SoCSnapdragon 855
RAM6GB / 8GB
ROM128GB / 256GB
Antutuスコア372000
ディスプレイ6.2インチ / 有機ELディスプレイ
1080 x 2232px (フルHD+) / アスペクト比18.5:9
カメラアウト:48MP + 20MP F値/1.7
イン:20MP F値/2.2
バッテリー3600mAh / mCharge(24W急速充電)
カラーブラック/ホワイト/ブルー
重量165g
対応バンドGSM:B2/B3/B5/B8
WCDMA:B1/B2/B5/B8
TD-SCDMA:B34/B39
CDMA:BC0
TD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41
FDD-LTE:B1/B3/B4/B5/B8
スペックの見方、判断基準についてはこちら

MEIZU 16Sの付属品

  • 充電器
  • Type-C USBケーブル
  • SIMピン
  • ユーザーマニュアル

MEIZU 16Sのデザイン

MEIZU 16Sの筐体
MEIZU 16Sのデザイン
ベゼルレスデザインによりノッチのないディスプレイを搭載
ディスプレイ指紋認証を搭載することにより、背面はカメラのみの配置
また、MEIZU 16Sでは自然な形で丸みを帯びており、持ち心地を追求したデザインになっています。そのため、7.6mmで165gというコンパクトボディを実現しています。
充電ポートはType-Cをサポートし、イヤホンジャックは非搭載

MEIZU 16Sの性能

6.2インチ 有機ELディスプレイ

MEIZU 16Sのディスプレイ
フラグシップ機の名に相応しく、6.2インチの有機ELディスプレイを搭載
画面占有率は91.53%でノッチがないため描画が欠ける心配もありません。
解像度は1080 x 2232px (フルHD+) で他のフラグシップ機同様に高精細な表示が可能です。

そして、画面が暗くなった時に発生するちらつきを軽減させるDC調光機能を搭載し、ユーザーの目への悪影響を最小限に抑えることにも重点が置かれています。
DC調光機能はBlack Shark 2で採用されたことで注目を集めた機能で、まだ採用されているスマホは少なくMEIZUは先駆けて採用した企業の一つとなりました。

Snapdragon 855を搭載

MEIZU 16Sのプロセッサー
そして、注目のプロセッサーですが、Android市場で最高性能である「Snapdragon 855」を搭載
メモリ仕様は6GBと8GBでフラグシップ機と呼べる高い処理能力を有しています。

Snapdragon 855はQualcomm社の最新かつ最高性能のSoCであるため、搭載するスマートフォンの価格が高くなりがちです。
しかし、MEIZU 16Sは5万円台での発売で、同様のスペックのスマホよりも1段階価格が安いのが特徴です。

4800万画素+2000万画素のメインカメラ

MEIZU 16Sのメインカメラ
MEIZU 16Sのカメラ構成はSONY IMX586の4800万画素+SONY IMX350の2000万画素のディアルカメラとなっています。
多くのフラグシップ機で採用される4800万画素のSONY製イメージセンサーのIMX586を搭載しており、カメラ機能としても十分な性能が期待できます。


MEIZU 16Sのインカメラ
インカメラは前モデルの「MEIZU 16th」と同じ2000万画素となっているものの、ソフトウェアにArcSoft AI Beautyを搭載することにより美しいセルフィーを撮影できるとしています。

3600mAhのバッテリー容量

MEIZU 16Sのバッテリー
MEIZU 16Sは3600mAhのバッテリー容量を搭載
Xiaomi Mi 9などの他のフラグシップ機は3300mAhほどで10%ほどバッテリー容量が大きいです。

また、MEIZUの急速充電規格である「mChage」を搭載し、30分で60%の充電が可能になっています。
165gというコンパクトなボディなのにバッテリー性能が高く高評価のポイントです。

まとめ:MEIZU 16Sは買いか否か

ズバリ、買いではありません。
まず、対応バンドが日本での使用に適さないこともありますが、Snapdragon 855を搭載したスマートフォンで選ぶ際にライバルが多いということが挙げられます。
Xiaomi Mi 9vivo iQOO、そしてGalaxy S10などのビックネームが乱立するフラグシップ市場でわざわざMEIZU 16Sを選ぶには、決定打に欠ける印象です。

-MEIZU, スマートフォン
-, , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.