HUAWEI スマートフォン

HUAWEI P30 Pro New Editionのスペック詳細!Googleサービス搭載で8.7万円!

投稿日:

HUAWEIは5月12日に「HUAWEI P30 Pro New Edition」を正式発表しました。

HUAWEI P30 Pro New Editionを3行でまとめると、、、

  • Googleサービス(GSM)に対応したモデル
  • 2019年3月26日に発表されたHUAWEI P30 Proより価格が安い
  • 新色として「シルバーフロスト」が追加されている

HUAWEI P30 Pro New Editionのファーストインプレッション

HUAWEI P30 Pro New Editionの基本情報:スペック

価格8GB+256GB:749ユーロ(約8.7万円)
OSAndroid 10 (EMUI 10.1)
SoCHisilicon Kirin 980
RAM8GB
ROM256GB
Antutuスコア約374,119スコア
ディスプレイ6.47インチ FHD+ 2340×1080 OLEDディスプレイ
アスペクト比:19.5:9
カメラクアッドカメラ
4000万画素(メイン 27mm) F1.6
2000万画素(超広角 16mm) F2.2
800万画素(望遠 光学5倍ズーム 125mm) F2.4
ToF(深度)
インカメラ
3200万画素 F2.0
バッテリー4,200mAh
40W急速充電
15Wワイヤレス充電
5Wワイヤレス給電
Wi-fi802.11 a/b/g/n/ac (wave2), 2.4 GHz and 5 GHz
Bluetoothv5.0
カラーブラック、オーロラ、シルバーフロスト
サイズ157.8×73.4×8.41mm
重量192g
防水防塵IP68
接続端子USB Type-C (USB 3.1)
イヤホン端子なし
生体認証画面内指紋認証/顔認証
対応バンド-(未公開)
技適認証なし
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

HUAWEI P30 Pro New Editionの性能

HUAWEI P30 Pro New EditionとHUAWEI P30 Proの違いは価格、筐体のカラー、ROMの容量、初期搭載OS (EMUI)の4点です。

他のスペックは同様となっています。

HUAWEI P30 ProとNew Editionの違い

HUAWEI P30 ProとNew Edition
HUAWEI P30 ProHUAWEI P30 Pro New Edition
価格999ユーロ(約11.6万円)749ユーロ(約8.7万円)
カラーブリージングクリスタル、ブラック、アンバーサンライズ、パールホワイト、オーロラブラック、オーロラ、シルバーフロスト
ROM容量128GB/256GB/512GB256GB
初期搭載OSAndroid 9.0Android 10
初期搭載EMUIEMUI 9.1EMUI 10.1

価格の違い

価格の違い
HUAWEI P30 Pro New Editionは、8GB+256GBのみのモデルとなっており、価格は749ユーロ(約8.7万円)です。
一方、2019年3月26日に発表されたHUAWEI P30 Proは、8GB+128GB、8GB+256GB、8GB+512GBの3モデルがあり、価格は999ユーロ(約11.6万円)からとなっています。

HUAWEI P30 Pro New EditionはP30 Proに比べ、約2.9万円安いです。

カラーの違い

HUAWEI P30 Pro New Editionは、ブラック、オーロラ、シルバーフロストの3色が用意されています。
一方のP30 Proでは、ブリージングクリスタル、ブラック、アンバーサンライズ、パールホワイト、オーロラの5色でした。
共通しているカラーとして、ブラック、オーロラの2色があり、今回のNew Editionでは新しくシルバーフロストが追加されています。

初期搭載OSの違い

初期搭載OSの違い
HUAWEI P30 Pro New Editionの初期搭載OSには、Android 10が搭載されており、UIには2020年3月26日に発表のあった、EMUI 10.1を搭載しています。
一方のP30 Proでは初期搭載OSに、Android 9.0を搭載し、UIにはEMUI 9.1が搭載されています。
P30 ProはOSアップデートを行うことで、Android 10へアップデートすることができます。

その他、性能面での違いや仕様の変更は無いようです。
今回のHUAWEI P30 Pro New EditionはP30 Proのリメイクモデルであるため、Googleサービスが問題なく使用できます。
価格差が約2.9万円もあることや、国内docomoから販売されているP30 Proの6GB+128GBのモデルでは容量が足りない人や、気に入るカラーが無い人にはこちらのモデルも選択肢となりそうです。

ただし、今のところ日本での発売はなく、技適マークの確認はできていませんので、購入される際は自己責任となります。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-HUAWEI, スマートフォン
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.