HUAWEI スマートフォン

HUAWEI nova 7 SE 5Gの詳細スペック!Kirin 820搭載のミドルハイが3.6万円

投稿日:

HUAWEIは4月23日、「HUAWEI nova 7 SE 5G」を正式発表しました。

HUAWEI nova 7 SE 5Gを3行でまとめると、、、

  • 40W急速充電に対応しているが、ワイヤレス充電は非対応
  • 最新のEMUI10.1に対応
  • GMS(Google Mobile Service)は使えないため、HMS(HUAWEI Mobile Service)を使用することになる。

HUAWEI nova 7 SE 5Gのファーストインプレッション

HUAWEI nova 7 SE 5Gの基本情報:スペック

価格8GB+128GB:2399元(約37,000円)
8GB+256GB:2799元(約43,000円)
OSAndroid 10(EMUI 10.1)
SoCKirin 820
RAM8GB
ROM128GB/256GB
Antutuスコア約375,270スコア
ディスプレイ6.5インチ 2,400×1080 液晶ディスプレイ
アスペクト比:20:9
カメラクアッドカメラ
6,400万画素(メイン) F1.8
800万画素(超広角) F2.4
200万画素(マクロ) F2.4
200万画素(深度) F2.4

インカメラ
1,600万画素 F2.0
バッテリー4,000mAh
40W急速充電
Wi-fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetoothv5.1
カラーグリーン、パープル、シルバー、ブラック
サイズ162.31×75.0×8.58mm
重量189g
防水防塵なし
接続端子USB Type-C
イヤホン端子あり
生体認証側面指紋認証/顔認証
対応バンド5G NR:n1/n3/n41/n78/n79
4G FDDLTE:B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B18/B19/B26
4G TD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41
技適認証技適認証なし
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

HUAWEI nova 7 SE 5Gの付属品

  • 充電器
  • USB Type-Cケーブル
  • SIMピン
  • イヤホン
  • TP保護フィルム
  • TPU保護ケース
  • ユーザーマニュアル
  • クイックガイド
  • 保証書

HUAWEI nova 7 SE 5Gのデザイン

HUAWEI nova 7 SE 5Gは6.5インチ FHD+液晶ディスプレイを搭載したスマートフォンです。

ディスプレイ左上には、パンチホールを搭載しており、下部のベゼルがやや太めです。
背面左上には長方形のカメラモジュールがあり、64MPを含むクアッドカメラを搭載しています。

HUAWEI nova 7 SE 5Gは側面指紋認証に対応しています。
(HUAWEI nova 7 Pro 5GやHUAWEI nova 7 5Gは画面内指紋認証を搭載)

ロック解除にかかる時間は僅か0.25秒と速いです。

カラーはグリーン、パープル、シルバー、ブラックの4色です。

HUAWEI nova 7 SE 5Gの性能

SoCにKirin 820を搭載

HUAWEI nova 7 SE 5GはSoCにKirin 820を搭載。
Kirin 820のAntutuベンチマークは約375,270スコアとなっており、3Dゲームなどもデフォルト設定で問題なくプレイが可能となっています。

同じSoCを搭載しているモデルとして、HONOR 30Sがありますがメモリやストレージは同様であり、処理性能はほぼ同等と言えるでしょう。

64MPを含むクアッドカメラ

HUAWEI nova 7 SE 5Gのカメラ構成は6,400万画素(メイン)+800万画素(超広角)+200万画素(マクロ)+200万画素(深度)のクアッドカメラを搭載しています。

超広角カメラでは、広い範囲を一度に美しく撮ることができます。
その他にも、ぼかし機能で背景をぼかしたり、マクロ撮影に対応したりしています。

HUAWEI nova 7 SE 5Gは、960fpsのスローモーション動画撮影や、4K動画撮影に対応。

インカメラには1,600万画素のカメラを搭載しており、夜間でも美しい写真の撮影を可能にしています。

SoCやRAM・ROMの容量が同じHONOR 30Sと比較すると、HUAWEI nova 7 SE 5Gのカメラ性能はやや低めです。
HONOR 30Sはメインカメラに6,400万画素のカメラを搭載し、3倍光学ズームに対応しています。
カメラ性能ではHONOR 30Sの方が魅力的!

4,000mAhのバッテリーを搭載し40W急速充電に対応

HUAWEI nova 7 SE 5Gは4,000mAhのバッテリーを搭載し、40Wの急速充電に対応しています。
40W急速充電では4,000mAhのバッテリーを約30分で0%~70%まで充電できます。

しかし、残念なことにワイヤレス充電には対応していません。

まとめ:HUAWEI nova 7 SE 5Gの総評

HUAWEI nova 7 SE 5Gは中国で2020年4月に発売され、価格は8GB+128GBが37,000円(2399元)、8GB+256GBが43,000円(2799元)です。

HUAWEI nova 7 SE 5Gのディスプレイ下部にあるベゼルはやや太く、ワイヤレス充電にも対応していませんが、お手軽価格ではあります。

しかし、今回もGMS(Google Mobile Service)に対応しておらず、HMS(HUAWEI Mobile Service)を使用することとなります。
自分でGoogleサービスを導入することもできますが、動作の保証はなく全て自己責任となります。
その点を踏まえた上でKirin 820のパフォーマンスを試してみたい方や、お試しでHMSを使ってみたい方には良い端末だと言えるでしょう。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-HUAWEI, スマートフォン
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.