ニュース

【144Hz,ゲーミング】iQOO Z1はMediaTek Dimensity 1000+を搭載して近日発表か!?

投稿日:

5月7日に発表されたMediaTek Dimensity 1000+を搭載した端末がiQOOから発表されるようです。

MediaTekはDimensity 1000+を発表した際に、「同社のSoCはiQOO端末に初めて搭載し、その後は同じチップを搭載した多くの端末がリリースされる。」と発言していました。

iQOO Z1の詳細
リーカーである数码闲聊站氏はWeibo上で、Dimensity 1000+を搭載した端末は「iQOO Z1」であると投稿しており、MediaTek製の新しいSoCを搭載した初めての端末になるとしています。

この新しいSoCはDimensity 1000を強化したモデルで、最大144Hzのリフレッシュレートと5G通信をサポートしています。

iQOO Z1に144Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイが搭載されるかは、今のところ不明ですが4月23日に発表されたiQOO Neo 3はSoCにSnapdragon 865を搭載し、144Hzのリフレッシュレートに対応していました。(※ディスプレイは液晶。iQOO 3は60Hz、有機EL)
そのため、iQOO Z1も144Hzのリフレッシュレートに対応する可能性が十分あると考えられます。

iQOO Z1が3C認証を通過
また、iQOO Z1は既に中国の3C認証を通過しており、iQOO 3 5GやiQOO Neo 3と同じように44Wの急速充電に対応しているようです。

MediaTekのDimensity 1000+は7nmのプロセスで製造され、電力効率の高い(消費電力の低い)5G UltraSaveモデムを搭載しています。
その他の主な仕様として、HyperEngine 2.0とLPDDER4XのRAMをサポートします。
(HyperEngineとは、画質の向上やオンラインでのスムーズな動きを、高速で信頼性の高いネットワークに接続することで、モバイルゲーム体験を向上させることを目的とした技術です。)

4月23日に発表されたiQOO Neo 3はSnapdragon 865、UFS3.1規格のストレージを搭載、144Hzのリフレッシュレートを採用して、4.1万円という価格で発売されました。
MediaTek製Dimensity 1000LはSnapdragon 865よりも安いコストでの供給が予想されるため、iQOO Z1はiQOO Neo 3やiQOO 3以上にコスパに優れた端末となることが期待されます。

source(1)(2)(3)
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-ニュース
-, , ,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.