モバイルWi-fi

ポケットWi-Fiで圏外になってしまったり、電波が弱くなる原因は?理由や対処法を解説!

投稿日:

WiMAXなどのポケットWi-Fiは、同じモバイル回線を利用したサービスでありながら、スマホの通信と比べると、圏外になりやすいですし、地下や建物の内部で電波が弱くなってしまいがちです。

なぜ、同じモバイル回線を利用しているのにもかからわず、通信の安定性に差があるのか、圏外や電波が弱まるのを防ぐためには具体的にどうすれば良いのか等を解説していきます。


ポケットWi-Fiはどうして圏外になりやすいの?

WiMAXなどのポケットWi-Fiが圏外になりやすい理由は、通信方式にあります。

スマホのモバイル回線は基地局から波上に電波を発信し、端末が受診します。通信速度がやや低速になってしまう弱点がありますが、その分障害物などの影響を受けにくく、建物の中等でも比較的安定した通信が可能となっています。


一方でWiMAXなどのポケットWi-Fiは基地局から直線的に電波の送受信を行っています。真っ直ぐに電波のやり取りをするため、スマホと比べると高速の通信ができるのですが、障害物の影響を受けやすく、基地局と端末の間に沢山の障害物があると、それだけ干渉を受けて通信が不安定になります。

ポケットWi-Fiはスマホとは通信方式が異なること、速さとトレード・オフで障害物に弱く、圏外になりやすいことを覚えておきましょう。


どういう場合に電波が弱くなる?

WiMAXなどのポケットWi-Fiは、障害物の干渉を受けて圏外になってしまいがちなのですが、具体的には鉄筋コンクリート構造の建物や地下などで利用した場合に電波が弱くなりがちです。


鉄筋コンクリートは磁気遮断性が高いですし、地下は単純に電波が届きにくくなっています。

特に鉄筋コンクリート構造のビルの内部の深いところや、地下鉄での移動する際などには絶望的なほど、電波が弱くなるので、これらの場所でポケットWi-Fiを利用する場合には特に注意が必要です。


圏外や電波が弱い場合の対処法

屋外に移動する

最も効果的で簡単なのが、自分自身が移動することです。

建物の内部や地下などでポケットWi-Fiを利用している場合、屋外に出るだけで劇的に通信が安定することがよくあります。

急ぎの調べごとなどがあり、すぐに電波を強化したい場合には、屋外への移動がおすすめです。



窓際で利用する

建物の内部で利用していて、屋外に移動できない場合には、ポケットWi-Fiを窓際に移動させるのがおすすめです。


建物の内部であっても窓際は比較的電波を受信しやすいですし、窓際で使ったところ、劇的に通信が安定したという実例も数多くあります。

ラジオも窓際で利用すると感度が安定しますが、ポケットWi-Fiも同じ理屈で通信が安定します。



専用クレードルを利用する

SPEED Wi-F NEXT WX05など一部のモバイルルーターにはオプション品として専用のクレードルが利用できます。

専用クレードルの両サイドには補助アンテナが搭載されていて、クレードルにセットすることで電波の送受信が強化されるので、専用のクレードルがある端末の場合にはクレードルにセットしての利用がおすすめです。



宅内アンテナを設置する

UQ WiMAXでは電波をキャッチしやすい特定の端末を使っているのにもかかわらず、自宅で通信が安定しない場合、申請することで無料で宅内アンテナを設置するサービスを実施しています。

宅内アンテナを設置するためにはauひかりなどの固定回線の導入が必須など、ハードルは高いのですが、もし導入ハードルをクリアしている、クリアできるのであれば、申請する価値は大いにあると考えられます。



圏外になりにくいおすすめの機種は?

WiMAXの中でも比較的新しい機種であれば、高性能のアンテナを内蔵しているため、圏外になりにくくなっています。
安定して通信をしたい人のためのおすすめの機種を紹介していきます。




SPEED Wi-Fi NEXT W06

SPEED Wi-Fi NEXT W06
モバイルルータータイプの端末であれば、SPEED Wi-Fi NEXT W06という機種がおすすめです。


この機種は専用のクレードルこそありませんが、高性能ハイモードアンテナが内蔵されているので、クレードルなしでも安定して電波をキャッチできますし、Wi-Fi TXビームフォーミングという機能が利用できるので、室内で利用した場合でも部屋の隅々までWi-Fiが届きやすいメリットがあります。



WiMAX HOME 01

WiMAX HOME 01
自宅用の固定回線としてWiMAXを利用するのであれば、WiMAX HOME 01という機種が絶対的な通信安定性を誇っているので、おすすめです。



WiMAXのホームルーターはもともと室内でも安定した通信ができる点に定評がありますが、WiMAX HOME 01は高性能のワイドレンジアンテナとμSRアンテナを搭載している上に、広い範囲で安定した通信ができる「ビームフォーミング」や、送受信時の出力をアップする「WiMAXハイパワー」に対応しています。


旧機種と比較して通信の安定性、Wi-Fiが使える広さが圧倒的に広く、現在WiMAXで販売されている機種の中では最も通信安定性が高くなっています。


固定回線の代わりとして自宅でWiMAXを利用する場合には、WiMAX HOME 01が絶対的におすすめです。





まとめ

WiMAXなどのポケットWi-Fiは電波の送受信を直線的におこなっているために、速度が速いものの、電波が弱くなってしまいがちです。


利用する際には電波をキャッチしやすい場所で利用する、最新の端末を利用する、専用のクレードルにセットして利用するなどの工夫を凝らすことで、快適に通信ができるようになります。


スマホと上手に併用しながら利用をしてみて下さい。





スポンサーリンク

-モバイルWi-fi
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.