格安SIM

auのVoLTE対応スマホをUQモバイルで使うにはSIMロック解除が必要?そもそもVoLTEとは?

投稿日:

UQモバイルは、auの通信回線を使用して事業を行っているため、auのスマホをそのまま使うことができます。 しかし、一部にはSIMロック解除をしなければ使うことができないスマホも存在しています。 それはauのVoLTE対応端末です。 知らずに乗り換えてしまうと「通話やデータ通信ができない」「SIMロックが掛かって使えない」ということにもなりかねません。 auのVoLTE対応端末でUQモバイルへ乗り換えを検討中の方は、ぜひご一読ください。

もそもVoLTEとは?

「VoLTE(ボルテ)」とは「Voice over LTE」の略称です。LTEのデータ通信技術を使って音声通話を行います。 従来の3G音声通話と比べて、より高音質な通話や、音声通話を行いながらの高速データ通信、呼び出し音が鳴るまでの時間の短縮などを実現しています。 VoLTEは、携帯電話やスマホでの通話を、電話回線ではなくパケット通信で行う技術です。LINE電話などのVoIPサービスと似たような技術ですが、VoLTEは携帯電話会社のサービスなので最適・安定化されてより実用性が高いのです。 また、周波数を効率的に利用できるため、一度にたくさんの通信ができるという特長があります。

LTEとは?

「 Long Term Evolution」の略称で携帯電話・移動体データ通信の技術規格の一つ。3G(第3世代)の技術を高度化し、音声通話のデータへの統合やデータ通信の高速化を図ったものです。当初は3Gと4G(第4世代)の中間の世代とされていましたが、現在ではLTE-Advancedと共に4Gの一つとされています。

VoLTEのしくみ

VoLTEはLTEネットワークを利用した通話サービスです。最近のスマホは、ほとんどの機種が、高速通信が可能なLTEネットワークに対応していますが、VoLTE以前は通話を利用する際に低速な3Gネットワークに切り替えていました。 3Gは古い通信方式なのでネットワークの利用効率が悪いですし、LTEネットワーク上で通話も通信もできる方が便利です。そこで、LTEネットワーク上で通話が可能になる技術「VoLTE」が登場したのです。

3G音声とVoLTEの違い

VoLTEは、LTEのパケット通信ネットワークを使って音声サービスを提供する技術です。以前はLTE対応端末であっても、通話の際は3Gネットワークに切り替えて接続していましたが、VoLTE対応端末では、LTEの高速通信ネットワークに接続したまま音声通話を行うことが可能です。

3G音声とVoLTEの性能

 

比較項目

3G音声

VoLTE

音質(音声周波数帯域) 300~3,400Hz 50~7,000Hz(高音域が鮮明に)
通話接続にかかる時間 約6~8秒 約2~3秒(VoLTE対応機種同士の場合)
高速マルチアクセス
(通話中のパケット通信速度)
最大384kbps 最大150Mbps
(パケットのみの通信速度と同程度)
高速通話時のエリアメール受信 非対応 対応
ビデオコール 非対応 対応

VoLTEはSkypeやLINEとは異なります

データ通信で音声通話を実現するという意味では、SkypeやLINEと同じですが、VoLTEでは通話用に帯域を確保し、より遅延を小さく、かつ確実に通話ができるようにしているのです。 通話ならLTEで通話無料のSkypeやLINEの音声通話を使えば十分と考えている人もいるでしょう。確かにSkypeやLINEといった各種通話アプリの音声通話はデータ通信を利用していますので、理論上はVoLTEと同じ仕組みです。 しかし、VoLTEは携帯会社が音声通話用の帯域を確保し、優先度の高いクラスで運用されるという点が大きく異なります。つまり通話アプリでは音声が途絶えたり、聞きとりづらいような状況でも、VoLTEなら安定して高品位な音声通話が実現できるのです。 また、110番や119番などの緊急通話に対応しているのもポイントといえます。 さらに留守番電話など従来の音声通話で提供していた機能も用意されています。その点でSkypeやLINEと全く違うものだとといえます。 ただし、VoLTEで通話をしても、これまでのスマホで通話したときとの違いを感じる機会は音質以外にはあまりないでしょう。

VoLTEの特徴

  • 通話音声の品質向
  • 遅延などが少なく、安定した通話を実現
  • 着信が速くて待ち時間が少ない
  • 通話中でも高速データ通信が可能

VoLTE対応機種購入の注意点

VoLTEが利用できるのは、LTEエリア内のみです。エリアは拡大中ですが、現在どこでも網羅しているというわけではありません。 もちろん、エリア外ででも従来の通話回線への切り替えが自動的に行われるため、問題なく通話は継続できます。

非VoLTEとVoLTE対応の端末ではSIMカードに互換性がありません

SIMカードはVoLTE対応とVoLTE非対応では仕様が異なります。VoLTE対応端末にVoLTE非対応SIMカードを挿入しても圏外となり動作しません。 逆にVoLTE非対応端末にVoLTE対応SIMカードを挿入しても同様に圏外となり動作しません。

VoLTEのメリット

3Gを利用した通話に比べて音声品質が高い

VoLTEには3Gに比べてより高品質な広帯域音声符号化方式が採用されておりサンプリング周波数やビットレートは3Gと比べて約2倍程度、情報量に差があります。 VoLTEは従来の通話回線より広い音域を使えるため、通話先の声がより鮮明に聞こえるようになるといわれています。 特に効果を発揮するのは高音域で、女性の声はより鮮明に聞こえるようになります。 また、通話先が騒音の多い場所にいると、周囲の音まで歪んでマイクで拾うため、話を聞き取るのが大変になりますが、VoLTEでは環境音もクリアになり、はっきりとした会話が可能になります。

発着信スピードが速い

VoLTE同士であれば発信ボタンを押してから発信までの時間が、かなり短くなります。 3Gは発着信に7〜8秒程かかっていましたが、VoLTE 2〜3秒程でつながるようになりました。VoLTEは格段に速度が向上しています。LTEから3Gの回線に切り替える時間が不要となったため、格段の時間短縮が実現できたのです。

「LINE通話」、「Skype」などと比べて、より安定している

VoLTEは遅延が少なく、帯域保証があります。LINE通話などでは通信環境が悪くなると、急に相手の声が聞き取りにくくなり、通話が途切れてしまう場合もあります。VoLTEでは、そのようなトラブルが少なく安定した通話を楽しむことができます。 VoLTEは遅延許容値が100ms(0.1秒)であり帯域保証型通信で、LINE等のIP通信に関しての通話の遅延許容値は200ms〜400ms(0.2〜0.4秒)とされており、さらに帯域保証型通信ではないため混雑時間帯などの条件によって通話の品質が左右される場合が多いのです。

通話終了後、すぐに高速接続が可能

VoLTE非対応のスマホは通話中に3G接続になるので、通話終了後LTE接続に切り替わるまで少し時間がかかります。その為、通話を切ってすぐに、インターネットを使おうとすると3Gの非常に遅い通信となり、ストレスが発生してしまいます。 VoLTE対応機種であれば、通話終了した直後でもLTEでの接続がが繋がった状態なので、通話中や通話を終了してすぐのインターネット利用もスムーズなのです。

通話中でもインターネットが利用可能

通話中もインターネットを利用する時の速度が高速になります。VoLTE非対応のスマホは音声通話時に3Gのネットワークに切り替えるため、データ通信も3Gのネットワークを使う必要があり、通信速度が遅くなります。 一方、VoLTEでは、LTEでの接続を維持していますので、通話中であっても高速なLTE接続でのインターネット利用ができます。

り高品質なテレビ電話

LTEの高速ネットワークを利用するため、VoLTE端末同士であれば、従来よりも高画質、高音質のテレビ電話が利用できるのです。

VoLTEのデメリット

VoLTEメリットが有効になるのは、通話先が同じ携帯電話会社のVoLTE対応機種の時だ

VoLTEのメリットが有効となるのは、通話相先が同じ携帯会社のVoLTE対応機種でVoLTE機能を有効にしている時だけです。 同じ携帯電話会社同士であっても、相手先の機種がVoLTE未対応機種であったり、VoLTE機能をオンに設定していない場合は、VoLTE機能による音声通話ではなく、従来の3G回線の音声通話となってしまいます。 現在は全員が、同じ携帯会社とは限らず、さらに対応機種も限られているので、VoLTEで通話する人というのは限られた人ということになります。VoLTE対応機種がさらに普及していけば、VoLTEのメリットはさらに大きくなるでしょう。

通話料がかかる

最近では定額料金がかからないLINEやSkypeでの無料通話が当たり前の時代となってきました。通話さえできれば音質の良さなんて関係ないという人達にとって、有料通話となるVoLTEはデメリットとなります。

auのVoLTE対応スマホはSIMロックの解除が必要

auのVoLTE対応端末でVoLTE機能を使うにはSIMロックの解除が必要となります。 auの端末にはVoLTE対応のものとVoLTE非対応のものがあり、SIMカードも同様にVoLTE対応のものとVoLTE非対応のものが存在しています。 このVoLTE対応とVoLTE非対応との間では互換性がないのです。 VoLTE対応スマホにはVoLTE対応SIM、VoLTE非対応スマホにはVoLTE非対応SIMと互いに対応したもの同士でないと使用できません。 au系の格安SIMであれば、auの端末はSIMロック解除なしで使用できると言われています。 VoLTE非対応の端末に関してはVoLTE非対応SIMカードを解除なしで使うことができますが、VoLTE対応端末でVoLTE対応SIMカードを使うためには、SIMロック解除をしなければならないのです。 2015年5月~2017年7月までのauのVoLTE対応端末でUQモバイルを使うには、SIMロック解除が必要と覚えてもらえれば分かりやすいと思います。

なぜauのVoLTE対応端末はSIMロック解除が必要なのか?

総務省の「SIMロック解除の義務化」により2015年以降に販売された端末については180日(現在は100日)が経過すればSIMロック解除が可能となりました。 au系列のモバイルサービスであればSIMロック解除が不要でした。 この時期から普及が始まったauのVoLTE対応端末について、KDDIでは改正案と同様にSIMロック解除をしなければauのVoLTE対応SIMを使うことができないと決定したのです。 なぜ、このような決定を下したのかに関しては「SIMロック解除に関するガイドライン」に従っただけだと説明しています。 さきほどの180日間という期間は不正利用防止のために設けられた期間ですが、同じ通信回線を使うモバイルサービスであれば期間に関係なく使えるという状況が「不公平」であるというのがKDDIの主張のようです。 KDDI側の主張によりauのVoLTE対応端末はSIMロック解除が必要になったわけです。

2017年8月以降のVoLTE端末はSIMロック解除の必要なし

2017年総務省が「SIMロック解除に関するガイドライン」を新たに改正したことを受けて、2017年8月1日以降に販売されたVoLTE対応端末は、SIMロック解除なしでVoLTE機能を使えるようになりました。 auが2017年8月以降に販売した端末はiPhoneシリーズであれば「iPhone8」、Android端末であれば「Galaxy Note8」からが、該当します。 つまり、2017年8月以降に販売されたauのVoLTE対応端末であればSIMロック解除なしで使うことができます。 今後、VoLTE対応端末が主流になっていくのは間違いないでしょう。 auで新たに販売されるVoLTE対応端末をau系のモバイルサービスで使う場合、SIMロック解除なしで使えると考えて良いかと思います。

SIMロック解除が必要かどうか調べるには?

VoLTE対応端末はSIMロックの解除が必要なことは前項で説明しました。では、SIMロック解除が必要かどうかを調べるにはどうすればいいのでしょう。? UQモバイルの動作確認端末一覧を見ればすぐに確認できます。 「動作確認端末一覧」とはUQモバイルが操作確認済みの端末を、公式で掲載しているページです。 このページではSIMロック解除の必要の有無やSIMカードの種類、データ通信、通話、テザリングなどの機能が使えるかどうかを確認できます。 このページを確認すれば、SIMロックの解除が必要かどうかを簡単に確認することができます。 実際に「動作確認端末」一覧で調べてみましょう。
  1. 「携帯会社を選択」で「auブランド端末」を選びます。
  2. 「Apple」から「iPhone7」を選択するとSIMロック解除が必要なのが確認できます。
商品を注文して届いてから「SIMロック解除が必要だった!」とか「SIMカードの合わない!」などというトラブルもあるようです。 UQモバイルに乗り換える前は、まずここで端末が使えるかどうかを確認した方が良いでしょう。 SIMロック解除方法と手順については【完全解説】auでのSIMロック解除の方法と手順をご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。VoLTEについて、VoLTEのメリット・デメリットについて、ご説明してきました。 また、auのスマホであってもVoLTE対応のスマホでは、SIMロック解除が必要になる場合があるということをご理解いただけたでしょうか。UQモバイルに乗り換える際は、ぜひ事前にチェックしてトラブルのないように対処してください。

スポンサーリンク

-格安SIM
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.