格安SIM

【利用者が語る】UQモバイルは結局どうなの?使って分かったメリット・デメリットまとめ

更新日:

UQモバイル ずーっと1,480
※この記事は、2020年7月8日に更新されました。



今や大人気の格安スマホ、
UQモバイル」。

UQモバイルの詳細については、以前の記事で紹介しています。

しかし、
SIMのような日常的に使うものは、
スペックシートだけではわからないことも多いものです。

実際に使ってみないと不安
お金をもらって、メリットばっかり書いているんじゃないの?

と思う方も、きっといるはず。

でも、ご安心ください!
筆者が今から、そんなあなたの不安を解消します!

今回の記事では、
UQモバイルの、メリットとデメリットを特集。

いいことずくめのように思えるUQモバイルも、
完璧ではありません。
できる限り「客観的」な目線で、
UQモバイルをチェックしていきます


特に、
これからUQモバイルへの乗り換えを検討している人は要チェック!

契約してからじゃ遅い! 
UQモバイルのデメリット

格安SIM(UQモバイル)のデメリット
UQモバイルをすごい勧めてくるけど、本当に良いの?
何か裏があるにちがいない

特に格安SIMを知りたての方なら、そう思うのも無理はありません。

まずは
UQモバイルのネガティブな情報から、ご紹介しましょう。

UQモバイルのデメリット① 
月額料金は他の格安SIMより若干高め

UQモバイル ずーっと1,480
UQモバイルは事実、月額料金が他社よりも高めです。

次の表をご覧ください。

  データ量/月 月額料金
UQモバイル 3GB 1,980円
IIJmio(au) 3GB 1,600円
mineo(au) 3GB 1,510円
当サイトで検索数が多い人気格安SIM、IIJmioと、
au系SIMの老舗である、mineo
を比較対象として用意しました。

やはり、
UQモバイルは、月額料金が高めです。

仮に、
毎月の価格差が300円程度だとししましょう。

たかが300円。されど300円。
年間にすると、3,600円もの差が出ます。

月額基本料が高いというのは、かなり残念なポイントです。

UQモバイルがなぜ高い値段設定をしているのか
正確な理由ははわかりません。
おそらく、
UQモバイルは通信速度を維持するために、
かなりの帯域(数)の回線をauから借りている
と予想できます。

結論、
UQモバイルは、高速な回線を維持するために、月額料金が高め
ということです。

UQモバイルのデメリット② 
選べるプラン、端末が少ない

正直に言いますと、
UQモバイルは、
料金プラン、販売スマートフォンのバリエーションに乏しい印象です。

プランは実質4種類のみ(音声通話つきはわずか2種)

UQモバイル スマホプラン
料金プラン。
他社では、
1GB、3GB、5GB、7GB、、、と
容量ごとに細かくプランが分かれているものがあります。

そのような格安スマホと比べて、
UQモバイルは実質的に、プランは4種類のみになっています。
しかも、
そのうち2種はデータ専用SIMなので、
UQモバイルの音声通話付きSIMは、わずか2種類なのです。

スマホプラン/プラン名データ容量 料金 節約モード時
スマホプランS3GB1,980円最大300kbps
スマホプランR10GB2,980円最大1Mbps
UQモバイルの2種類の音声通話付きSIM
プランの種類だけで言えば、
UQモバイルはプランに乏しい、という評価が妥当です。

ただ、
スマホ利用者の半数は月に3GBも使っていない
というデータがあるのも事実。

もしかしたら、
この2種類のプランでも、
「大半の方にはマッチした料金プラン」 が実現できているのかもしれません。

販売するスマートフォンは現在(2020年7月)10種のみ

UQモバイルが扱うスマートフォン
UQモバイル公式に販売している端末の、種類が少ない
これは紛れもない事実です。

iPhoneの取り扱いは、
現状iPhone7のみ。

格安SIMでiPhoneの取り扱いをしているところは少ないので、
iPhoneがラインアップされているだけで良いのですが、
やはり最新のiPhoneがセット購入できないのは残念です。

Androidに関しても、
Galaxy Note 10+やXperia 1などの、
ハイエンドスマートフォンの取り扱いはありません。

UQモバイルのデメリット③ 
データ容量のシェアができない

mineoのパケットシェア
(例)mineoのパケットシェア
mineoやLINEモバイルにはデータシェア機能がありますが、
UQモバイルにはありません。

しかし、
データの繰り越しは可能。
一か月分は繰り越せるので、
余った分は翌月に使うことができます。

UQモバイルのデメリット④ 
家族間無料通話はない

IIJmio 10分通話定額オプション 7ヵ月間0円キャンペーン2
(例)IIJmioには家族優遇の通話オプションがある
家族割(毎月500円)はありますが、
IIJmioのような、
家族間での無料通話はありません。

特に家族とよく通話をする人たちにとっては、
通話料を気にする必要があり、ここが残念なポイントになります。

家のWi-Fiなどを使って、
LINEの無料通話やFaceTimeを利用することになるでしょう。

UQモバイルにすべき明確なメリット

格安SIM(UQモバイル)のメリット
ここまで、
UQモバイルのネガティブな部分を紹介してきました。

ここからは、ポジティブな要素を紹介していきましょう。

これを読んだあなたは、
きっとUQモバイルに乗り換えたくなるはずです

UQモバイルのメリット① 
速度が速く安定(格安スマホで最速)

UQモバイルの圧倒的な通信速度
UQモバイルの速度は、
格安スマホの中で圧倒的に速いです。

UQモバイルの公式でも、実績No.1と謳っています。

そして、
全時間帯で通信速度が安定しています。
UQモバイルはauとほぼ同等の速度が出るので、
使い勝手がauとほとんど同じです。

通常の格安スマホは通信速度がそこそこ速くても、
平日の昼の時間帯は速度が急に遅くなる場合があります。
通信品質の悪い格安スマホの場合、
平日の夜の時間帯も速度があまり出ないようです。

しかし、
UQモバイルは平日の昼夜かかわらず
全ての時間帯で最も速い通信速度が出ます(他社格安SIMと比較)。

UQモバイルの通信速度は3大キャリア並みか、それ以上です。
いつでも快適にネットをすることができると言えるでしょう。

実際の速度については、以下の記事で検証しています。

UQモバイルのメリット② 
キャリアメールと同等のメールアドレスが使える

UQモバイルの場合、
月200円でキャリアメールと同等のメールサービス
(〜@uqmobile.jp)が使えます。


MMSが使えれば、
いわゆるガラケーのPCメールのブロック(迷惑メール)ではじかれずにメールできます。

この機能があるのは格安スマホではUQモバイルだけです。
他の格安スマホも独自のメールが使えたりしますが、
それらはすべてPCメールです。

しかし、
月額200円のUQメールを使っている人は、
UQモバイルを契約している人の中で数少ないのが現状。

ほとんどの人は、
無料で使えるGmailやYahooメールなどを
スマホに設定して使っているようです。

UQモバイルのメリット③ 
口座振替、キャリア決済が可能

通帳の画像
UQモバイルでは支払いに、
口座振替と、
キャリア決済である「auかんたん決済」

を使うことができます。

特に口座振替は、
対応している格安SIMが少ない印象で、かなり貴重です。

キャリア決済に関しての詳細は、以下の記事でご確認ください。

UQモバイルのメリット・デメリット
まとめ

UQモバイル
いかがでしたでしょうか。

今大人気のUQモバイルのメリットデメリットについて徹底的に解説してきました。

振り返って見ると、
デメリットは確認不足や誤解によるものが多く、
よく調べてみると逆にメリットだったりします。

一方のメリットは大変明確ですね。

安くて速い。

これに尽きると思います。


以上、「徹底検証!UQモバイル」のメリット・デメリットでした。
この記事が読んでくださった皆さんのお役に立てることを願っています。

UQモバイルのお申し込みは、こちらから!

スポンサーリンク

-格安SIM
-

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.