格安SIM

UQモバイルの端末補償オプションは本当に必要?判断の目安は?

投稿日:

UQモバイルの端末補償オプションは本当に必要?判断の目安は?
UQモバイルに加入しようと思ったときに迷うのは端末の補償オプションに入ったほうが良いかどうかではないでしょうか。

せっかく月々の支払いを安くするためにUQモバイルに乗り換えるのに、さらにコストのかかる端末補償オプションに加入する意味はあるのか?
また、インターネットで検索すると「無駄」、「必要ない」などと出てきますが、本当に必要ないのでしょうか?

さらにUQモバイルの端末保障オプションは2種類に分かれています。

この記事では2種類の端末補償オプションサービスを詳しく解説するとともに、加入したほうがいいかどうかの目安も解説していきたいと思いますのでUQモバイルへの乗り換えを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

UQモバイルの端末補償オプションは2種類ある

UQモバイルの端末補償オプションには下記の2種類があります。
  • UQモバイルで購入した端末:端末補償サービス(月額料金380円)
  • UQモバイル以外で購入した端末:つながる端末保証(月額料金500円)
UQモバイルで購入した端末には「端末補償サービス」が月額380円で、UQモバイル以外で購入した端末には「つながる端末保証」が、月額500円でそれぞれオプションサービスとして受けられます。

では次にこの2つのサービスそれぞれの詳細とオプションに加入すべきがどうかを見ていきましょう

UQモバイルで購入した端末向けの「端末補償サービス」

端末補償サービスはUQモバイルで購入した端末を対象に故障時の修理サービス、端末交換サービスに加えて盗難・紛失時の補償サービスが受けられます。

補償内容

補償内容は以下の通りです。
  • 月額380円
  • iPhoneは対象外
  • 端末交換サービスは1回目5,000円、2回目8,000円
  • 預かり修理は上限5,000円で対応
  • 代替え機は1,000円で利用可能
  • 盗難紛失の際は10,000円補填
  • 加入月のオプション料金は日割り計算
提供内容 端末補償サービス会員 (参考)非会員
月額料 380円 -
端末が故障した
際の補償
端末交換
サービス
自然故障 1年目
(メーカー保証)
無償 -
2年目以降 5,000円/1回目
8,000円/2回目
(年2回まで)
部分破損
水濡れ・全損
預かり修理 自然故障 1年目
(メーカー保証)
無償 無償
2年目以降 上限5,000円 実費
部分破損
水濡れ・全損
代用機利用料
(1回のご利用につき)※3
1,000円 1,500円
端末が盗難・紛失した
際の補償
盗難・紛失 10,000円補填

UQmobile端末購入代金から1万円補填。

実費
なお購入後1年以内はどのメーカーであってもメーカー保証が付くため自然故障であれば無償で修理が可能です。
ただし「自然故障」なので画面割れや水没は対象外です。
「端末交換」にするか「預かり修理」にするかは好きなほうを選択できます。

「端末補償サービス」に加入すべきかどうか

UQモバイルの「端末補償サービス」は月額380円
1年間で4,560円、2年間で9,120円かかります。
さらに機種を交換する場合1回目であれば5,000円がかかるため、合計で1年間なら9,560円、2年間なら14,120円がかかります。

一方UQモバイルで販売されている端末のほとんどが約2~3万円程度です。
端末の価格が2万円なら「端末補償サービス」2年間の合計金額に14,120円コストを払うよりプラス5,000円で2万円相当の新機種に買い替えたほうがお得と言えるでしょう。

また端末の価格が3万円以上なら約半額の14,120円で新品と交換できる「端末補償サービス」を利用するのが賢いやり方と言えます。

いずれにしても端末を壊してしまうかどうかなので今までに「水没させたことがある」、「画面をよく割ってしまう」といった人向けのサービスと言えるでしょう。

何年間も使っていて「故障させたことがない」という人にはあまりメリットのないサービスかもしれません。

「端末補償サービス」の加入方法

端末補償サービスはUQモバイル申し込み時のみ加入可能です。
申し込み画面でオプションサービスの中の「端末補償サービス」にチェックを入れましょう。
UQモバイル「端末補償サービス」の加入方法

「端末補償サービス」の注意事項

端末補償サービスを受ける際には必ず下記を注意しましょう。

バックアップを必ず取っておく

故障したスマホを修理に出す前には必ずバックアップを取っておきましょう。
修理に出している間にデータが消えてしまう恐れがあります。

電池パックなどの付属品・アクセサリは対象外

スマホが水没すると、電池パックも使えなくなってしまうことが多いですが、端末補償の対象は、あくまでもスマホ本体であり、電池パック、バックカバーなど付属品やアクセサリは対象ではありません

UQモバイル以外で購入した端末向けの「つながる端末保証」

つながる端末保障はキャリア、SIMフリーを問わず、アンドロイド端末が自然故障、破損、全損、水没した場合に無償修理、または機器交換の提供が受けられるサービスです。
  • 月額500円
  • アンドロイドのみ対象
  • 自然故障・破損・水没・故障のみ対象
  • 交換の場合は1回目4,000円、2回目8,000円
  • 修理は年に2回までで上限は5万円
  • 修理の際の送料は自己負担
  • 保証開始はサービス申込日の翌月から
交換は「修理が困難だと判断された場合のみUQモバイルが指定するスマホが提供される」とあるのですが、UQモバイルが提供するスマホというのが何かはわかりません
原則修理対応と考えておいたほうが良いでしょう。

「つながる端末保証」に加入すべきかどうか

「つながる端末保証」は月額500円
1年間で6000円、2年間で12,000になります。

一般的なアンドロイド端末の修理代金は10,000円から15,000程度ですから、「つながる端末保証」に加入するメリットはあまりないように思えます

しかし高価なハイエンドモデルを使っている場合は修理代金が高額になる場合があります。例えばソニーのXperia 1の場合フロントパネルの交換料金だけでもが25,000円以上かかります。

こうなると2年間で考えても「つながる端末保証」のコストのほうが安いですから加入する意味は大いにあると思います。

まずはお持ちの端末の修理代金がどれくらいかを調べてから加入を検討するのが良いでしょう。

「つながる端末保証」の加入の仕方

つながる端末保証はUQモバイル申し込み時のみ加入可能となっています。
申し込み画面のオプションサービス内にある「つながる端末保証」にチェックを入れればOKです。
UQモバイル「つながる端末保証」の加入の仕方

まとめ:保証オプションに入るべきか否か

いかがでしたか?
UQモバイルにはUQモバイルで購入した端末が対象の「端末補償サービス」とUQモバイル以外で購入した端末が対象の「つながる端末保証」の2種類があります。

加入したほうが良いかどうかは「端末補償サービス」は購入する端末の値段が、「つながる端末保証」の場合はお持ちの端末の修理代金が、それぞれ補償サービスのコストと比較して高いか安いかが判断の基準になると思います

また最も重要なのは故障させてしまうかどうかです。今までスマホを使っていて、液晶パネルを割ってしまったとか水没させてしまったという人や、初めてのスマホなので心配、という人には検討に値するサービスだと言えます。

一方で何年間もスマホを使っていて故障させたことがないという人にとってはあまりメリットがないサービスかもしれません。

ご自分の使い方や端末の価格、修理代金の相場をよくしらべて判断しましょう。

スポンサーリンク

-格安SIM
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.