格安SIM

楽天モバイル解約の手順と解約時の注意点・おすすめ乗り換え先は?

更新日:

楽天モバイル 解約
こんにちは、ライターのテックボーイです。
今回は「楽天モバイル」の解約方法と、ベストな解約のタイミングそしておすすめの乗り換え先までご紹介したいと思います。

楽天モバイルの解約手続きはWEBからのみ行える・店舗・電話では不可

他者に乗り換えず通話・データSIMを解約する場合

楽天モバイルで通話SIM・データSIM解約するにはWEB上から手続きを進める必要があります。まずは「メンバーズステーション」にログインしましょう。
「メンバーズステーション」ログイン後は下の写真のような画面に切り替わります。
次はスクロールダウンし、画面左側の「オプションサービスの申し込み」という欄の下から二番目にある「楽天モバイル解約申請」をクリックしてください。
契約しているプランによっては契約解除料がかかる場合があります。
契約解除料に関して確認し、同意する場合は「契約解除料について同意しました」にチェックを入れ「解約手続きに進む」をクリックしてください。その後は案内に従えば簡単に解約することができます。

SIMカードに返却方法・解約したらSIMカードの返却を忘れずに

「楽天モバイル」の解約後は必ずSIMカードを返却するようにしましょう。
2018年4月5日以降返却先は下記の住所に統一されたようです。

■返却先
〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
「楽天モバイル SIM返却係」宛

SIMカードを返却しないと、損害金として3000円を請求される場合があります。
返却の際はSIMカードを封筒に入れ、上記の返却先に普通郵便で発送しましょう。 尚、返却時の送料はこちら側の負担ですが、82円切手で送れます!発送中にSIMカードが封筒から出ていかないように、しっかりと封をしましょうね!

楽天モバイルを解約する際の注意点

解約タイミングに注意・日割り計算は適用されない。

楽天モバイルを解約する際は、解約するタイミングに注意してましょう。というのも、解約締め日が毎月の15日に設定されており、当月に解約したい場合には15日までに解約の手続きを進める必要があります。
また、16日から翌月15日までの受付分が、翌月末日の解約となります。

ですから例えば、4月に解約したい場合は、逆算し3月16日から4月15日に解約の手続きをしなければなりません。

締め日が15日と月末ではないので要注意です!

解約すると楽天メールが使えなくなる

楽天モバイルの解約手続きはWEBから簡単にすることができますが、解約してしまうと、楽天メールを使えなくなってしまいます。
楽天メール契約し日常的に使っている方は事前に知人や、登録している友達にメールアドレス変わるということを知らせておくようにしましょう。

楽天メールについてはこちら

楽天モバイルの解約手数料・解約金

データSIMを解約する場合は原則解約手数料はかからないのですが、通話SIMを解約する際は解約時期・契約プランによっては解約手数料がかかることがあります。

「スーパー放題」を契約している場合の解約金

楽天モバイルの通話SIMの主なプランであるスーパー放題を契約しており、解約する場合は以下の契約解除料がかかります。
2018年6月14日以降にお申し込みの方は一律9800円がかかりますが、
最低利用期間12か月で契約した場合は12か月経過以降は手数料がかかりません。 24か月、36か月で契約した場合も同様に契約してから24か月、36か月経過していれば解約手数料は無料となります。 また組み合わせプランなどを契約しており、12か月以内に解約する場合は9800円の違約金がかりますが、契約から12か月以上経っている場合は解約手数料はかかりません。

オプションサービスの解約について

まずは解約日を決めよう

通話SIM・データSIMの解約とは違い、26日翌月25日までの間に解約手続きを行った場合翌月末解約となります。 つまり、3月末で解約したい場合、2月26日~3月25日にオプション解約手続きをしましょう。 オプションの解約も予めいつ解約するか決めておくといいでしょう。

オプション解約のためにはメンバーズステーションで手続きをしよう

通話SIM・データSIMを解約する際と同じようにメンバーズステーションから解約の手続きを進める必要があります。 ログイン後は会員メニューより「オプションサービスの申し込み」→「オプション解約申請」を選びましょう。 後は手順が示されるのでその案内に従いましょう。

まとめ

では、これまで解説してきたことをまとめてみましょう

楽天モバイルの解約は電話ではできず、メンバーズステーションから行う必要がある

他のMVNOなどど違い「メンバーズステーション」からしか楽天モバイルの解約は行なえません!間違ってキャリアショップに行かないようにしましょうね。

解約にかかる費用

  • 違約金(スーパー放題を契約しており、一定期間を経過していない場合)
  • 端末代の残り(割賦金が残っている場合)
  • 手数料(MNP転出の場合)

楽天モバイルの回線もオプションも日割りは適用されない

先程も言ったように楽天モバイルには日割りというものがありません。解約時は今月解約できるかどうか、逆算で求めるようにしましょう。

乗り換えるならイオンモバイル!

「楽天モバイル」からどこの格安SIMに乗り換えてるか迷っている方には「イオンモバイル」をおすすめします。

というのも「イオンモバイル」には楽天モバイルと同様に「10分かけ放題」プランがあり、1GBなら1383円からと非常にリーズナブルだからです。

また、「イオンモバイル」も「楽天モバイル」と同様に実店舗がイオンの中などに多数あるため、プランの変更やサポートを気軽に受けることができます。


イオンモバイルのプランや料金はこちら
スポンサーリンク

-格安SIM
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.