データ量から選ぶ 格安SIM

【徹底比較】月5~6GB使えるオススメの格安SIMは?選び方や特徴を解説

投稿日:

格安SIMを購入・契約を検討している人で、どれくらいのデータ通信量のプランが良いか迷っている人も多いと思います。
今回は、毎月5~6GBのデータ通信量が使える格安SIMの料金プラン、特徴をまとめてみました。

5~6GBのプランは、docomo、au、ソフトバンクといったキャリアの平均的なスマホの料金プランと同等の容量といえます。
月々の通信費を節約しながらも、データ容量をある程度確保したい、初めて格安SIMへ乗り換えるという人にもピッタリのプランといえますので、ぜひ参考にしてみてください。

5~6GBのプランの選び方

多くの格安SIM会社から提供されている5~6GBのプランですが、どのような点に気をつけて選べば良いのか、注意すべきポイントや特徴を解説していきます。

どんな人におすすめ?

5GBの通信量というとWebサイトのページ数であれば約5,000ページ分、YouTubeの動画ですと480pで約12時間再生できる容量です。
SNSやメール、LINE通話などの利用で使い切ることはほぼなく、さらに、それらにプラスして動画や音楽ストリーミングを時々楽しめる程度と考えると良いでしょう。

スマホ利用者の多くがこの容量を使いきる事がないとも言われており、いつも動画を見たいというような場合を除き、この5~6GBのプランにしておくのがおすすめです。
選ぶポイントとしては、月額料金はもちろんですが、オプションサービスや各格安SIMサービスの特徴がどこにあるかという部分を考慮して検討しましょう。

SNSや動画をよく使う人には「カウントフリー」がおすすめ

格安SIMによっては、オプションとして、SNSなどの通信量が無制限となるような、カウントフリーオプションが利用を用意しています。
代表的なのは、BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプション。月額480円(税別)でYouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWAを利用した際の高速データ通信がカウントされず無制限となります。

他にも、LINEモバイルはLINEや主要SNSのデータ通信料を消費しないなど使い放題となっています。
ご自分の利用用途を良く考えて、このようなサービス、オプションを上手く活用していくことで、月々の料金を節約することができます。

オプションサービスを使えば通話もお得に

データ通信だけでなく通話料金も格安SIMを選ぶ際の重要なポイントです。格安SIMの中には音声通話のオプションが用意されているところもあります。
これらをうまく組み合わせて利用することで、データ通信だけでなく通話料金もお得になります。
例えばBIGLOBEモバイルの場合は「BIGLOBEでんわ」というサービスがあり、月額650円で最大60分の国内通話がセットになる「通話パック60」、3分以内の通話が何度でもかけ放題の「3分かけ放題」が用意されています。

IIJmioは月額600円で3分以内の国内通話が無料、同一契約間の通話なら10分以内まで無料となる「誰とでも3分 家族と10分」というサービスが受けられます。
さらに月額830円の「誰とでも5分 家族と30分」では5分以内の国内通話が無料で、同一契約間の通話が30分以内まで無料になります。
ここでは2つの例をご紹介しましたが、各社さまざまな通話のオプションが用意されています。
これらをご自身の用途にあわせてうまく活用するのが良いでしょう。

まずは、データ通信専用プランで通信速度を試してみる

せっかく自分に合った料金プランやサービスが充実しているからと選んだ格安SIMの通信速度が遅くては日々の利用にストレスを抱えることになってしまいます。
ひとつの手段として、データ通信専用プランをお試しで契約してみるという方法をお勧めします。
ほとんどの格安SIMがデータ通信専用の場合、最低利用期間が非常に短いか無しというケースが多く、また解約時の違約金がかかりません。

まず試しにデータ通信専用プランで実際に使ってみて納得が出来なかった場合、解約して他の格安SIM に変えてみるという方法はいかがでしょうか。
格安SIMへの乗換えを考えている方は、実際に利用するエリア内、時間帯でストレスなく使えるのか試してみると良いでしょう。

おすすめなデータ通信容量5~6GBの格安SIM

ここでは、おすすめできるデータ容量5~6GB/月の格安SIMをそのプラン、料金、特徴とともにご紹介していきます。

UQ mobile

auのサブブランドとして安定した高速回線やキャリアに近い料金プランが特徴的な格安SIMが「UQ mobile」です。
J.D.パワー2018-2019年格安スマートフォンサービス顧客満足度調査で2年連続のNo.1を獲得するなどユーザーから高い評価を得ています。
格安SIMにして料金を安くしたい、でも通信速度は落としたくない、そんなユーザーにぴったりな格安SIMです。

ここがおすすめ!UQ mobile

  • SMS、テザリング機能が無料
  • iPhoneでテザリングが利用可能・データ容量の翌月繰越ができるのでたくさん使う月
  • 使わない月がある場合に便利
  • 「Wi2 300 for UQ mobile」の公衆無線LANサービスが無料で利用可能
  • 顧客満足度調査で実証された高品質で安定した回線速度

UQ mobileの6GBプラン

音声通話機能つき(無料通話付または5分以内かけ放題のプラン)

プラン名

容量

月額料金

おしゃべりプランM

6GB

2,980円

ぴったりプランM

6GB

2,980円

※ぴったりプラン:1ヶ月間に使える無料通話の時間が選べる(S 60分 / M 120分 / L 180分)
※おしゃべりプラン:5分以内の国内通話が何度でも無料

mineo

au回線・ドコモ回線・ソフトバンク回線の3つに対応する数少ないトリプルキャリアのmineo(マイネオと読む)。
他の格安SIMにはないユーザーコミュニティであるマイネ王が大きな特徴で、mineoに関する情報発信やユーザー同士の積極的な意見交換が行われています。
データ通信量をお得にやりくりできるのもmineoならではで、余ったデータの翌月繰り越しはもちろん、家族間のパケットシェアや他のmineoユーザーとシェアできるという特徴的なサービスを備えています。

ここがおすすめmineo

  • au回線で月額料金の安いプランを探す場合におすすめ
  • 最低利用期間、解約金が無い※
  • 高速モード・低速モードの切り替えでデータ使用料を節約
  • 「家族割引」、余ったパケットをシェアできる「パケットシェア」が利用可能

mineoの5GBプラン

データ通信専用プラン(Dプラン:ドコモ回線)

プラン名

容量

月額料金

シングルタイプ

5GB

1,580円

音声通話対応プラン(Dプラン:ドコモ回線)

プラン名

容量

月額料金

デュアルタイプ

5GB

2,280円

データ通信専用プラン(Aプラン:au回線)

プラン名

容量

月額料金

シングルタイプ

5GB

1,580円

音声通話対応プラン(Aプラン:au回線)

プラン名

容量

月額料金

デュアルタイプ

5GB

2,190円

※シングルタイプ(データ専用)/デュアルタイプ(音声通話付き)
※解約金はありませんが、利用開始翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合、手数料11,500円がかかります

BIGLOBEモバイル

大手プロバイダのビッグローブが提供する格安SIMサービスです。
豊富な料金プラン、端末保証サービスが用意されており、スマホとセットになった「BIGLOBEスマホ」が数多くラインナップされています。
YouTubeやAbemaTVなど、特定のアプリのデータ通信量を消費しない「カウントフリーオプション」が最大の特徴で月額480円から利用可能。動画・音楽コンテンツが使い放題となります。

ここがおすすめBIGLOBEモバイル

  • 6GB、12GB、20GB、30GBのプランは全国86,000カ所で使えるBIGLOBE Wi-Fiが無料。
  • 比較的安定した通信速度
  • エンタメフリー・オプションならYouTubeなどの対象サイトが使い放題
※データ専用プランは契約期間1ヶ月目以降から違約金を支払うことなく解約可能

BIGLOBEモバイルの6GBプラン

データ通信のみ

プラン名

容量

月額料金

6ギガプラン

6GB

1,450円

音声通話機能つき

プラン名

容量

月額料金

6ギガプラン

6GB

1,570円

LINEモバイル

ドコモ・ソフトバンク・au回線を選べるトリプルキャリア対応の格安SIM。
さらに、コミュニケーションツールの「LINE」の通信量が無制限で使えるプラン、インスタグラム、TwitterなどSNSがデータフリーで使えるプランがあります。
シンプルで分かりやすい万能な格安SIMといえます。

LINEモバイルはここがおすすめ!

  • 「コミュニケーションフリープラン 5GB/月」はLINE、Facebook、Twitterが使い放題
  • 余ったデータ容量を翌月に繰り越すことが可能
  • 毎月LINEポイントが貯まる

LINEモバイルの5GBプラン

データ通信のみ

プラン名

容量

月額料金

コミュニケーションフリープラン

5GB

1,640円

音声通話機能つき

プラン名

容量

月額料金

コミュニケーションフリープラン

5GB

2,220円

楽天モバイル

楽天が運営する格安スマホの楽天モバイル。
楽天モバイルのメリットはやはり楽天スーパーポイントが貯まるということ。
月々の利用料金に応じてポイントが貯まり、セット端末やアクセサリーの購入や月々の支払いにも使えます。
もちろん、楽天市場や楽天カードで貯まったポイントも利用することも可能です。

楽天モバイルはここがおすすめ!

  • 高速モード/低速モードの切り替えが可能
  • 通話が良くする人は「5分かけ放題オプション」がおすすめ
  • 新規で申し込むと、月額料金が初月無料に
  • 格安スマホのラインナップが豊富
データ通信のみ

プラン名

容量

月額料金

データSIM 5GBプラン

5GB

1,450円

音声通話機能つき

プラン名

容量

月額料金

通話SIM 5GBプラン

5GB

2,150円

IIJmio

高い通信品質とその技術力により多くのユーザーから強い支持を受ける格安SIMの老舗的ブランド。
格安SIM利用者のシェアも高く、定期的に行われるIIJミーティングでは多くのユーザーが参加するほど。
格安SIMを初めて利用するに選ばれることが多い格安SIMサービスです。
料金プランはシンプルで、ドコモ回線・au回線を選べるマルチキャリアであるのもポイント。
多くのスマホに対応しているため幅広いユーザーに選ばれています。

IIJmioはここがおすすめ!

  • 高速モード/低速モードの切り替えが可能
  • 10GBプランでSIMカードを最大10枚所有可能(4枚目以降の追加SIMには+400円/月)
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越し可能
  • 低速時でも通信し始めの一定量だけ高速通信で読み込み可能な「バースト転送機能」

IIJmioの6GBプラン

データ通信専用プラン(タイプD:ドコモ回線)

プラン名

容量

月額料金

ライトスタートプラン

6GB

1,520円

音声通話対応プラン(タイプD:ドコモ回線)

プラン名

容量

月額料金

ライトスタートプラン

6GB

2,220円

データ通信専用プラン(タイプA:au回線)

プラン名

容量

月額料金

ライトスタートプラン

6GB

1,520円

音声通話対応プラン(タイプA:au回線)

プラン名

容量

月額料金

ライトスタートプラン

6GB

2,220円

まとめ

いかがでしたか?一口に5~6GBの格安SIMといっても会社によっていろいろな特色出しているのがお分かりいただけたと思います。
ご自分の利用状況を良く分析してみてぴったりの格安SIMを見つけてください。
また、お試しで、まずデータ通信専用SIMを契約してみるというのもありなので、ぜひ試してみてください。
スポンサーリンク

-データ量から選ぶ, 格安SIM
-, ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.