UMIDIGI スマートフォン

UMIDIGI S3 Proのスペック詳細!3万円台で48MPカメラに6GB/RAM

更新日:

UMIDIGI S3 Pro
2019年はじめに2万円ゲーミングスマホ「UMIDIGI F1」を発売し、日本でも多くの話題を集めたUMIDIGIが新機種を発表しました。
UMIDIGI S3 Proは、クラウドファンディングIndiegogoにて展開中です。

UMIDIGI S3 Proのスペック

価格269$〜(約30,000円〜)
OSAndroid 9 Pie
CPUMediaTek Helio P70 2.1GHz オクタコア
RAM6GB
ROM128GB
Antutuスコア不明
ディスプレイ6.3インチ FHD+ 2340×1080 19.5:9 , LTPS
カメライン20MP/アウト48MP+12MP
バッテリー5150mAh(急速充電18W)
カラーブラック
重量216.6g
対応バンドLTE 対応
2G: GSM 2 /3 /5 /8
2G: CDMA1X BC0,BC1
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B


スペックの見方、判断基準については以下の記事をご覧ください。

48MP+12MPのディアルカメラ

この端末の一番の特徴がカメラ性能です。背面側は48MP+12MPのディアルレンジ構成となっていて、センサーは、ソニーの最新ハイエンドである「Sony IMX586」を搭載しています。
また、インカメラも20MPと高精細で自撮りにも最適です。 特にアウトカメラの48MPを3万円台の価格の端末に搭載されているだけで期待してしまいます。

5150mAhのバッテリー容量に18W急速充電

UMIDIGI S3 Proは安心の5,150mAhもの大容量バッテリーとなっています。
ディスプレイの解像度も4K対応はしておらず、Full HDディスプレイを採用しているので、ディスプレイによる過度な電力の喪失も起こらないでしょう。

高性能CPUにRAM6GBのパワフルスペック

CPUはAI対応で高性能な「MediaTek Helio P70」を搭載しています。
「MediaTek Helio P70」を搭載する端末、Realme U1(RMX1833)のAntutuスコアが145000ほどなので、同様のスコアが出ると考えられます。
Snapdragon 845や855には及ばないものの、重いゲームでも操作が快適になると思います。

RAMは6GB、ROMは128GBと、こちらも非常に強力で、メモリだけで見ると12万円のHUAWEI製ハイスペックである「Mate 20 Pro」の128GBモデルと同一になります。
実際、RAM6GBもあれば困ることはないでしょう。

ノッチ採用、6.3インチディスプレイ

ディスプレイは、ノッチを採用し6.3インチ、解像度は2,340×1,080となっていています。
サイズはUMIDIGI F1と近く、リークされた画像を見ると、下部のベゼルがF1よりも小さくなっていたので期待度が高まります。

まとめ

UMIDIGI S3 Proは3万円台という価格ながらも48MPカメラに6GBRAM、推定Antutuスコアが14万越えという、スマホ業界の価格破壊とも考えられる端末となっています。
しかし、今のところ販売が中国のECサイトやクラウドファンディングに限られているので少し不安があります。UMIDIGI F1はAmazonでも発売されていたので、S3 ProもAmazonで販売されるのを待ちたいところでもあります。
とは言え、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて直接購入するのが現在の価格では最もお得になっています。
追記
中国のECサイトにて製品ページが追加されました!
販売サイト価格(4/19更新)
Banggood31,918円
Gearbest36,159円
スポンサーリンク

-UMIDIGI, スマートフォン
-, , ,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.