【最強AI搭載】ハイスペック端末、HUAWEI Mate 20 Proを深掘りレビュー!

HUAWEI Mate 20 Pro HUAWEI
2018年12月頃、HUAWEIから最上位モデルとして「Mate 20 Pro」が登場しました。これまでのカメラ性能としてトップに君臨してた「P20 Pro」を上回るカメラ性能にもなっています。また、美しいデザインも特徴的なMate 20 Proをレビューしていきます。

Huawei Mate 20 Proを3行でまとめると、、、

・美しいデザインのモデル
・世界をリードするHUAWEI最新のSoCを搭載
・スマホ最高峰のカメラ性能

HUAWEI Mate 20 Proのファーストインプレッション

HUAWEI Mate 20 Pro Official video

基本情報:スペック

価格約12万円
RAM/ROM6GB/128GB
8GB/256GB
SoCHUAWEI Kirin 980 オクタコア (2 x 2.6 GHz + 2 x 1.92 GHz + 4 x 1.8 GHz)
デュアルNPU (Neural Network Processing Unit)
Mali-G76 10コアGPU
OSAndroid™ 9 / EMUI 9.0
バッテリー容量4200 mAh (一体型) HUAWEI SuperCharge対応 40 W
ワイヤレス充電 (Qi): 対応
Antutuスコア314973
カラーミッドナイトブルー/トワイライト
重量約189g
対応バンドFDD LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 32
TDD LTE: B34 / 38 / 39 / 40 / 41 (2545 ~ 2655 M)
キャリアアグリゲーション対応、auVoLTE対応予定
WCDMA: B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
性能面では申し分ないほどのスペックを備えています。HUAWEI最新チップセットである「HUAWEI Kirin 980」を搭載しています。従来のKirin 970よりも大幅にパワーアップしたパフォーマンスとなっています。
また、RAMも6GBと8GBの2モデル展開しており、6GB以上あれば現状困ることはありません。 スペックの読み方、判断基準についてはこちら

HUAWEI Mate P20 Proの付属品

・USB-C ハイレゾイヤホン
・クリアケース
・40 W HUAWEI SuperCharger
・USB ケーブル (A to C)
・USB-C to 3.5 mm ヘッドフォンジャックアダプタ
・クイックスタートガイド
・SIMピン 付属品としては上記の通りとなっています。 USB Type-CケーブルやUSB-Cからイヤホンジャックの変換アダプタが付属しているので嬉しいです。

HUAWEI Mate 20 Proのデザイン

huawei mate 20 proのデザイン
huawei mate 20 proのデザイン
Mate P20 Proはスペックだけではなくデザインも素晴らしいことが特徴の1つになります。余計なものがないシンプルなボディながらもクールな印象があります。 また、手にしたときの感覚も素晴らしく手に非常に馴染みます。

HUAWEI Mate P20 Proの性能

最先端の生体認証機能

huawei mate 20 proの顔認証
huawei mate 20 proの指紋認証
Mate P20 Proは生体認証として顔認証と指紋認証が可能になっています。
顔認証は3次元デプス感知カメラが3万を超えるポイントを投影しており、素早くロックの解除ができます。 また、指紋認証はディスプレイ上で解除ができるようになっており、指紋認証センサーをボディに配置しない美しさを実現しています。

世界をリードするHUAWEIの最新SoC

huawei mate 20 proのSoC
各スマホメーカーがSoCの高いスマホの開発を競っていますが、Mate 20 Proでは業界をリードする最新のSoCが搭載されています。
SoCはHUAWEIが開発したKirin 980で高いパフォーマンスで省電力を実現しています。 また、上記の画像の通りHUAWEIで従来まで採用されていたKirin 970よりも大幅にパワーアップした性能となっています。

バッテリー性能も抜群

huawei mate 20 proのバッテリー
Mate 20 Proはバッテリーまでもハイスペックとなっています。
ますは、4,200mAhという大容量バッテリーの搭載
そして、30分で最大70%まで充電できる高速充電に対応
さらに、Mate 20 Proのバッテリーから他の端末にワイヤレス給電ができます。 これほど、バッテリーにまでこだわった端末は数少ないでしょう。

最高峰のカメラ性能

huawei mate 20 proのカメラ
そして、Leicaのトリプルカメラを搭載しています。
今までスマホカメラ最高峰として君臨していたHUAWEI P20 ではLeicaディアルカメラでしたが、さらにレンズの数を増やした3つとなっています。 これまではカラーセンサー(広角レンズ)+モノクロセンサー+望遠レンズの組み合わせでしたが、最新のカメラはカラーセンサー(広角レンズ)+望遠レンズ+超広角レンズの新しい組み合わせになっています。 最も使用回数が多くなるカラーセンサーは40メガピクセル・f/1.8・27mm ズームしても画質が劣化しない3倍の望遠レンズは8メガピクセル・f/2.4・80mm より広い画角と撮影できる超広角レンズは20メガピクセル・f/2.2・16mm。 メインとなる広角レンズのセンサーサイズはGalaxy Note9やiPhone XS Maxよりも125%も大きく、暗い場所でも明るい写真を撮影することができます。 さらにAIが大きく進化したプロセッサ「Kirin 980」によって撮影シーンや被写体を自動で認識し、カメラの設定を最適化するためカメラを向けてシャッターボタンを押すだけでベストショットが撮影できます

格安SIMでの取り扱い

格安SIM本体価格(税抜き)購入ページ
DMMモバイル111,880円DMMモバイル公式サイトはこちら
IIJmio98,000円IIJmio公式サイトはこちら
楽天モバイル105,880円 楽天モバイル公式サイトはこちら
OCNモバイルONE84,800円OCNモバイルONE公式サイトはこちら
OCNモバイルONE/OCN光

まとめ:HUAWEI Mate 20 Proは買いか否か

ズバリ、HUAWEI Mate 20 Proは買いです。価格は高いながらも、高級感と美しさ・使いやすさを兼ね備えたデザイン。スマホTOPクラスのカメラ性能とSoC性能、Mate 20 Proを購入すれば間違いないでしょう。長く使えるハイエンドモデルをお探しの方にはオススメしたい端末となっています。
ただ、10万円を超えるモデルとなるので格安SIMとのセット購入とキャンペーンを利用して安く購入できると良いでしょう。

Follow me!