スマートフォン

富士通、SIMフリー版arrows M05の詳細スペック!最低限のスペックで日本人好みの仕様

更新日:

富士通コネクテッドテクノロジーズ は12月11日、SIMフリーのエントリーモデルのスマートフォン、arrows M05を発表しました。
家電量販店、IIJ等のMVMOなどから、12月18日に販売を開始します。

arrows M05を3行でまとめると...

スペックは低め。
電話やメール、LINEなどのコミュニケーションツールとしての利用に最適。
おサイフケータイや防水防塵性能など、日本人好みの充実した仕様に。
スマホ初心者向けの便利な機能を搭載。

arrows M05の基本情報: スペック

価格39,800円(税込)
OSAndroid 9
CPU(SoC) SDM450 (Snapdragon 450)1.8GHz
RAM3GB
ROM32GB/ SDカードで400GBまで拡張可能
ディスプレイ 約5.8インチFHD+
カメラインカメラ: 1,310万画素+500万画素 
アウトカメラ:800万画素 
バッテリー 2,880mAh 
Wi-fi IEEE802.11a/b/g/n/ac ・2.4GHz/5GHz
BluetoothV4.2
カラーホワイト・ブラック
サイズ 約149×72×8.8mm
重量約166g
防水防塵IP6X、IPX5,8  防水防塵性能あり
接続端子 USB Type-C
イヤホン端子あり
生体認証背面指紋認証システム
対応バンド LTE B1/B3/B5/B12/B17/B19/B26(18)
3G B1/B5/B6/B19
GSM 850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz
技適認証あり

スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

arrows M05のデザイン

arrows M05のカラー紹介

カラーはホワイトとブラックの二色展開です。
ディスプレイのデザインはHuawei P20 liteに少し似ています。

arrows M05の端末背面素材の説明

また、arrows M05は、背面のパネル部分にもこだわりが。
両端を適度にカーブさせ、持ちやすさを向上させる処理が施されています。
また、マットな質感で、触り心地の良さを追求しています。

arrows M05の性能

arrows M05にはCPU(SoC)に米クアルコム製の、Snapdragon450が搭載されています。

スペック的に見れば、エントリーモデルと呼ばれるレベルで、通話やメール、SNSなど、必要最低限の操作しかしない という方にオススメです。

逆に、ゲームや、ハードに使われる方には、このスマートフォンはおすすめできません。

arrows M05の機能紹介

シンプルモードで高齢者の方にも使いやすい仕様に

arrows M05のシンプルモード

FUJITSU独自の機能である「シンプルホーム」を有効にすると、 文字やアイコンが大きく、フォントはより見やすく表示される「はっきり文字」が起動し、ホームのアイコンや表示も見やすく配置された「シンプルホーム」に切り替わります。
加えて、電話やメッセージ(SMS、ショートメール)、電話帳機能を起動すると、
はっきりと、そして大きく見やすい操作画面に切り替わります。

もちろん、通常のホーム画面も利用可能です。

おサイフケータイ+指紋認証システム+独自機能でキャッシュレス決済を安全に

arrows M05のパーソナルノート

独自機能である「パーソナルノート」によってパスワードを管理することが可能。
必要な際は、指紋認証システムを通じて生体認証をし、自動入力やパスワードの呼び出しをしてくれます。

さらに、おサイフケータイを搭載することで、決済の幅が広まっています。

防水防塵性能は抜群。落下に対する耐衝撃も。

arrows M05の防水防塵性能

arrows M05はIP68の防水防塵性能を持っています。

と言ってもピンとこないので、詳しく説明していきましょう!

保護特性記号の説明

IPに続く、2つの数字。これは順に、第1記号、第2記号といいます。
今回のarrows M05では IP6Xの防塵性能、IPX5、IPX8の防水性能を持っています。
よって、より数値の高い数字同士を合わせるとIP68となります。

防塵性能比較説明
日新産業株式会社HPより参照 http://www.nissinsan.jp/FAQ/faq-sp1.html

今回の場合は、第一記号に最高ランクの 6 が当てはまるため、

防塵型:粉塵が内部(基盤など)に侵入しない

ということになります。

防水性能比較説明
日新産業株式会社HPより参照 http://www.nissinsan.jp/FAQ/faq-sp1.html

第2記号には 8 が当てはまりますので

製造者によって規定される条件に従って、連続的に水中に置かれる場合に適する。
原則、完全密封構造である。

ということになります。

さらに、落下に対する耐衝撃性能もあります。
日本メーカーらしい点です。

デュアルカメラを搭載。インカメラでは美顔補正も

arrows M05のデュアルカメラ

エントリークラスのスマホでありながらデュアルカメラを搭載しているarrows M05。

写真ぼかしの説明

ポートレートモードでは、背面ぼかし機能で、ポートレートモードで人物撮影時にボケ味を出すことが可能です。

arrows M05のインカメラ

自撮りカメラを搭載しているので、簡単な写真撮影も可能です。
さらに、美肌に補正することもできます。

arrows M05の美肌補正

OK、Googleでいろんなことを聞いてみよう。

googleアシスタントの説明

わからないコトバや、明日の天気のこと、最新のニュース、更にはしりとりなどの遊びまで。
いろいろなことができる超 万能児、Googleアシスタントが搭載されています。OK、Googleと話しかけたり、側面のマイクボタンを押すと、アプリやウェブページを起動させたままでもすぐに反応してくれます。

まとめ:arrows M05はどんな人にオススメか?

CPUにエントリーモデルのQualcomm製のSnapdragon 450を採用しているarrows M05。
メモリ容量が3GBである点は少し評価が下がります。
メモリは脳の大きさ同じく、容量が大きければ大きいほど、たくさんの仕事がこなせます。
しかしながら、このスマホでは、電話やメールなどの小さな仕事が主になりますから、そこまで心配する必要はないでしょう。

ディスプレイはFHD+と高解像度で、写真等もくっきり見えるものが採用されています。

コンパクトで、手に持ちやすい形状を採用している点も良いですね。

さらに、おサイフケータイに対応している点、安心できる防水防塵性能は評価できます。

加えて、高齢者の方などのスマホ初心者の方でもかんたんに操作ができるシンプルモードの搭載も評価できます。

まとめると...
・大きい文字、シンプルで使いやすい操作画面を求める方
・スマートフォンライフを始めたい方
・かんたんにキレイにカメラで写真を収めたい方
・電話やメール等しか使わない方

これに当てはまった方は、このスマートフォンがオススメです!

メーカー公式サイト

おまけ:SIMフリーのarrows M05におすすめの格安SIMを選ぼう!

arrows M05は、大手3キャリアではなく、MVMO、いわゆる格安SIMを提供する通信事業者と契約して端末をセットで購入することができます。
また、AmazonなどでもSIMフリー版が販売されており、こちらでは端末のみを購入することができます。


格安SIMではmineoやLINEモバイル、IIJmioなどで通信契約とセットでarrows M05を購入することができます。

おすすめは、IIJmio!以下の公式サイトにて詳細が記されています。

IIJmio(みおふぉん)

SIM太郎では、後悔しない格安SIM選びも紹介!
合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

-スマートフォン
-, , ,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.