CUBOT スマートフォン

CUBOT X20 Pro実機レビュー!B19対応で日本使用も可能なエントリー機 

更新日:

こんにちは!SIM太郎(@mar_uni15)です! 今回はCUBOTからiPhone 11 Pro とPixel 4のデザインをパクった足して2で割ったようなデザインのスマートフォン、CUBOT X20 Proの実機レビューをしていきます。

それでは見ていきましょう!

CUBOT X20 Proを かんたん に説明すると...

  • 6GBの大容量メモリを搭載。
  • ディスプレイは高解像度FHD+に対応。
  • ドコモのプラチナバンド19に対応の希少な中華スマホ!
  • 少し重量がある。慣れれば問題ナシ。
  • イヤホンジャック・指紋認証センサーがない...

CUBOT X20 Proのスペック

SoCMTK Helio P60
RAM6GB
ROM128GB
重量約196㌘
ディスプレイ6.3インチ FHD+ display (2340 x 1080) 410 ppi  通知ライト付き
OSAndroid 9.0(Pie)
モバイルネットワーク
/SIMカードサイズ
4G FDD-LTE:
Band: B1 / 3 / 7 / 8 / 19 / 20
3G WCDMA:
900 MHz / 2100 MHz
2G GSM:
850 MHz / 900 MHz / 1800 MHz / 1900 MHz

nanoサイズ×2もしくはNanoサイズ+MicroSD
Wi-Fi 5GHz帯非対応
802.1.1 a/b/g/n
Bluetoothv4.2
リアカメラメインカメラ: SONY IMX486 12.0MP
深度カメラ: SONY IMX350 20.0MP
超広角カメラ: 125° 8.0MP
AIシーン別撮影・ビューティーモード対応
フロントカメラ 13MP
内容物/防水防塵充電器(10W)
Type-C USBケーブル
SIMカード取り出しツール
クイックガイド
ケース
画面保護フィルム(出荷時に装着済)
防水防塵:非対応

公式製品サイトはこちら
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

公式の開封・商品説明動画!

公式販売サイトから引用

CUBOT X20 Proの外箱・外観

外箱
IMEI番号保護のため、写真を加工しています。
ゴールドの文字に柄の入ったオシャレで高級感漂う箱ですね。
次は開封です!
開封した箱
端末とご対面!
左には充電器などが収納されていました。

CUBOT X20 Proの付属品

付属品
新興中華スマホメーカ"あるある"の十分な付属品の量です。
内容物は
  • 保証書
  • 品質保証書
  • クイックスタートガイド
  • 感謝状
  • 10W充電器
  • USBType-Cケーブル
  • SIMピン
  • 保護フィルム(端末に貼付け済み)
  • 保護カバー(端末に装着済み)
となっています。
最近の中華スマホメーカーによくある、非常に充実した付属品の量です。

充電器はEU仕様

見慣れない形のプラグですね、、、
このままでは日本では使えないです。
が、しかし、

ここで活躍するのが変換アダプタです。これで日本でも使用することができます。
なお、この変換アダプタは端末購入時におまけでついてくることがほとんどです。

(充電器はPSE認証を受けていません。日本国内での利用は自己責任で!)

端末デザインはオシャレ!

鏡面仕上げの美しい背面に加えて側面も光沢があり、高級感があります。
って見たことのあるデザインですね。
Pixel4とiPhone11シリーズを意識したのでしょうか。 側面には光沢のある素材が利用されています。
画面から見て右側にボタンが、左側にSIMトレイがありました。

付属のケースを装着してみる...

付属していたケース
付属していたケース
写真では茶色っぽく見えますが、実際は茶色寄りのねずみ色。
ケースの両端には、衝撃から端末を守るための隙間が設けられており、
信頼度は高いです。

ホームUIはピュアなAndroid。

ホーム画面
OSにはAndroid9.0が搭載されています。
新興中華スマホにはよくあるピュアAndroidのホーム画面ですが、シンプルで大変使いやすいです。
別途各種ランチャーアプリでのカスタマイズも可能です。

SIMトレイをチェック!

SIMトレイと端末
NanoSIMカード2枚(DSDS)、もしくはNanoSIMカード1枚+SDカード(256GBまで)
での運用が可能です。

対応バンド・キャリアをチェック!

対応バンドは以下の通りです。


4G FDD-LTE:

Band: B1 / 3 / 7 / 8 / 19 / 20
3G WCDMA:
900 MHz / 2100 MHz
2G GSM:
850 MHz / 900 MHz / 1800 MHz / 1900 MHz
次に対応キャリアです

au系・UQモバイルは☓

auの必須バンドとされている、バンド11、18に対応していません。
au系SIMでの運用はほぼ不可能です。

ドコモ・ドコモ系格安SIMは○

多くのMVMOに使われているDocomo回線。
必須バンドにはすべて対応していますので何ら問題なく運用することができます。

ソフトバンク系・Y!mobileは○

必須バンドに対応しており、何ら問題なく運用することができます! が、気をつけていただきたいことが2点。

(格安SIMではなく) ソフトバンクからAndroid用のSIMカードで契約されている場合、
SIMフリースマホでは利用できない仕様になっています。
マルチUSIMへの変更・交換が必要です。
尚、iPhone用のSIMカードでは運用が可能です。
ソフトバンクユーザの方はお気をつけください。

そして、現在、Y!mobileでiPhone用のSIMカードで契約されている方も要注意。
現在のSIMカードをそのまま利用することはできません。
Y!Mobileへ問い合わせ、SIMカードの変更をしてください。

Antutuベンチスコア!-通常使いでは不満なし-

CPU:72142点
GPU:32878点
MEM:37583点
UX:36411点 合計:179014点

AIスコアをチェック!

antutuシリーズのAItutuを使用して計測しました。
このAItutuでは端末のAI処理能力を数値化することができます。

画像の分類:31289
オブジェクトの検出:32663

合計:63952点

Geekbench5でのスコアをチェック!

シングルコア:287
マルチコア:1395

PUPGモバイルをプレイしてみた!

カメラ性能は微妙...

カメラにはAIによる補正機能の他、様々な撮影モードが装備されています。
CUBOTX20Proで撮影した写真/2x
2倍/AIあり
CUBOTX20Proで撮影した写真/1X
1倍/AIあり
都内にある超高層ビルを撮影。
どちらとも綺麗に撮影できています。
AIによる補正機能が働き、仕上がりも良くなっています。

夕方からは撮影が苦手...

CUBOTX20Proで撮影した写真/1x
1x/AIあり
こちらは夕方のとある街。
CUBOTX20Proで撮影した写真/2X-1
2倍/AIオフ
CUBOTX20Proで撮影した写真/2X-2
2倍/AIオン
何故か建物に汚れがついているかのように撮影されてしまいました。。。
AIをオンにすると更に酷くなってしまいました。
筆者も驚き。
CUBOTX20Proで撮影した写真/競馬場
1x
夕方に撮影したものではこの競馬場の写真が一番ベストでした。

あらら。指紋認証システムなし!

レビューをしていて気になったことが少し。
このスマートフォン、ロック解除の方法として指紋認証システムがなく、
顔認証のみ存在します。
ここまでiPhone11やPixelをパクらなくても良かったのでは..と思ってしまいました。特に3D認証などといった技術を使っているわけではなく、あまり信頼できません。

また、同性能のUMIDIGI Xにあったイヤホンジャックもありません。
ちょっと残念です。

総評:コスパはGOODだがイマイチなところも

この価格で6GBと結構多めのメモリを搭載している点や、FHD+の高解像度ディスプレイ、更に4000mAhとフラグシップモデルと同じくらいの大容量なバッテリーを搭載している点など、評価できるところがあります。

しかしながら、微妙なカメラ性能、指紋認証システムやイヤホンジャックの非搭載は少し残念に思います。
 評価
★★★★★★★☆☆☆  7/10点中
6GBメモリ、高解像度ディスプレイ、大容量バッテリーを搭載している点は評価。
しかし、カメラアプリなどソフトウェアへの詰めが甘く、指紋認証システムが無かったり、イヤホンジャックが無いところ、意外に重量があるところは残念。。。
今後に期待!


販売サイト価格(1/7更新)
Gearbest18,801円
AliExpress17,300円
スポンサーリンク

-CUBOT, スマートフォン
-, ,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.