CUBOT スマートフォン

【4インチのタフネス】CUBOT KINGKONG MINI を実機レビュー!

投稿日:

こんにちは!SIM太郎(@mar_uni15)です!
今回は中国の新興スマホメーカー、CUBOTより
”サブ機におすすめ”なミニスマホ、KINGKONG MINIをレビューして行きます!
このスマホ、タフネススマホとは思えないほどミニサイズですが、それが結構カッコいいんです。
詳しいことは下にスクロール!では、見ていきましょう!

CUBOT KINGKONG MINIを3行で説明すると...

  • 画面はなんと4.0インチ。ミニサイズのタフネススマホ
  • 小さいながらも2000mAhのバッテリー搭載
  • 防水防塵対応!ただしIPXXの等級表示はなし...

CUBOT KINGKONG MINI のスペック

SoCMediaTek Helio A22
RAM3GB
ROM32GB
重量約123g(実測)
ディスプレイ4.0インチ/QHD+/ 1080 x 540/302 ppi アスペクト比18:9/青色通知ライトあり
OSAndroid 9.0
モバイルネットワーク
/SIMカードサイズ
4G FDD-LTE:
Band: B1/ 3/ 7/ 8/ 19/ 20
3G WCDMA:
900 / 2100 MHZ
2G GSM:
850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

デュアルSIM対応
同時SDカード利用可能(128GBまで拡張可能)
Wi-Fi Wi-Fi 2.4G/5G, 802.1.1 a/b/g/n
Bluetoothv4.2
アウトカメラ1300万画素
ƒ値2.2のカメラ
0.5A LEDフラッシュライト
リアカメラ800万画素
内容物/防水防塵 /NFC 充電器
Type-C USBケーブル
ユーザーマニュアル
SIMトレイ用プラスドライバー
防水防塵:対応(IPXX等級表示なし)
NFC:なし
カラーブラック&イエロー/ブラック&レッド
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

CUBOT KINGKONG MINIを開封

KINGKONG MINI のパッケージ

KINGKONG MINIの外箱
CUBOT KINGKONG MINIの外箱はCUBOTではおなじみの高級感のある黒い箱に入っています。箱はペン1つにも満たないサイズです。

KINGKONG MINIの付属品

KINGKONG MINIの付属品
KINGKONG MINIの付属品は最小限に抑えられています。
順に紹介すると...
  • ユーザーガイド3冊
  • 5W充電器
  • USB Type-Cケーブル
  • プラスドライバー
  • 画面保護フィルム(本体に貼付け済み)
これらが入っていました。
みなさんが気になるのはプラスドライバーでしょうか。
何に使うのか、後半にお伝えしますので、当ててみてくださいね!

KINGKONG MINIの筐体デザインをチェック!

CUBOT KINGKONG MINIの前面
CUBOT KINGKONG MINIの背面
今回、SIM太郎編集部ではブラック&レッドカラーをチョイスしました。
画面の方の赤いラインがアクセントになっていい味が出ています。

一方背面はゴツゴツとした、まさにタフネススマホのデザインになっています。
CUBOTのロゴやネジも映えてかっこいいですよね。

そして背面の下にある網目状のところにスピーカーが配置されています。
音質は決して良いとは言えません。

側面

次はCUBOT KINGKONG MINIの側面の紹介です。

下側面は防水のためのフタ付きのUSBコネクターが搭載されています。
左側面にはストラップホルダーがありますので、首にかけての使用など、利便性を高める仕様になっています。GOOD!
右側面には電源ボタンと音量調節のボタンがあります。

特に左右側面には金属のフレームが付いて、タフネスさが伝わってきますね!

SIMトレイをチェック!

CUBOT KINGKONG MINIのSIMトレイ
んん?ドライバー?

そうなんです!CUBOT KINGKONG MINIでは、なんとSIMトレイが背面に配置されているのです。

このSIMトレイのフタは付属のプラスドライバーで開けるのですが、 ドライバーの大きさが一回り小さく、空回りします。アカンやん。
CUBOT KINGKONG MINIのSIMトレイを開けた様子
なんとか開けると、今では珍しいスライド式のSIMトレイとなっています。懐かしい。

SIMトレイはナノSIMサイズが両端に2つ、真ん中にSDカードが挿入できる形になっています。
なお、SIMカードは2つ同時に4G通信が可能です。

CUBOT KINGKONG MINIの対応バンドとキャリア

対応バンドは以下の通りです。

4G FDD-LTE:
Band: B1/ 3/ 7/ 8/ 19/ 20
3G WCDMA:
900 / 2100 MHZ
2G GSM:
850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

今回も対応キャリアを調べていきます!

au・UQモバイルは✕

残念。。。
4GLTE通信に使われる主力バンドのBand18、Band26に非対応でした。
auやUQmobile auプランの方は、快適に通信ができません。

ドコモ・ドコモ系MVMOは◎

CUBOT KINGKONG MINIのドコモ対応状況
珍しい!問題なく通信ができます!
相当数の中華スマホでは地下や田舎の通信をカバーする役割を果たす、Band19に対応していませんが、CUBOT KINGKONG MINIでは対応!

快適に通信することができます!

Softbank系・Y!Mobileは◎

良かった!問題なく通信ができます!

が、注意が必要なことが1点。
(格安SIMではなく) ソフトバンクからAndroid用のSIMカードで契約されている場合、
SIMフリースマホでは利用できない仕様になっています。
そのため、マルチUSIMへの変更・交換が必要です。
なお、iPhone用のSIMカードでは運用が可能です。
ソフトバンクユーザの方はお気をつけください。

OSにはAndroid 9を搭載。

CUBOT KINGKONG MINIのOS表示画面
CUBOT KINGKONG MINIは一つ前のバージョンに当たる、Android9.0が搭載されています。

XaiomiやOPPOのようにカスタムされたOSではなく、PixelシリーズのようなピュアなAndroid OSになっています。

プリインアプリは少なめ

CUBOT KINGKONG MINIのアプリ一覧
CUBOT KINGKONG MINIのプリインアプリは他の中華スマホと比べ、ほとんどないように思います。ROMが32GBと少ないからかもしれません。

緊急速報システムや、アップデートシステムがアプリになっているのは中華スマホらしいですね。

CUBOT KINGKONG MINIのカメラ性能

次はCUBOT KINGKONG MINIで撮影した写真をお見せしていきます!
1300万画素とF値2.2の謎のカメラのデュアルカメラ、その性能はいかに。

明るい場所での撮影

自然の色と近いカラーリングです。
若干暗めに撮影されてしまうのが難点ですが、HDRモードを有効にすればそこそこの写真が撮影できます。

暗い場所での撮影

先程の若干暗く撮影されるクセが功を奏し、先程とは違い、味のある色合いになっています。

しかし、暗所での撮影はやはり苦手。
ピントがなかなか合いませんし、シャッタースピードが長くなるせいか、ほんの少しの手ブレで全体がぼやけてしまいます。
固定器具は必須アイテムですね。。。

CUBOT KINGKONG MINIのSoC性能チェック

CUBOT KINGKONG MINIにはSoCとしてMediaTek製のHelio A22が搭載されています。エントリー向けのSoCですのでオクタコアなどではなくクアッドコア止まりとなっています。

メモリ容量は3GBと若干少ないですが、SoCがこの程度ですので、割に合っているメモリ容量だと言えます。

Antutuベンチマーク v8

有名なベンチスコア計測アプリ、Antutuでの測定結果です。
総合スコア73574
・CPU  30936
・GPU  3522
・MEM 26350
・UX   12766

総合スコアは73574点と、相当低いスコアです。
右の写真からRedmi 4X(Snapdragon 435)程度のスペックを持っていることがわかります。

ゲームのプレイは厳しそうです。
LINEなどのSNSや、電話、ネットサーフィンなど、割り切った使い方がベストかも知れません。

CUBOT KINGKONG MINIは防水防塵・落下タ耐久性能アリ!

CUBOT KINGKONG MINI防水防塵性能表
CUBOT KINGKONG MINI落下耐久性能表
CUBOT KINGKONG MINIは公式サイトより、防水防塵性能があることがわかります。(IPXX等級表示なし)
しかし、防水性能は、日常生活で雨に濡れた・コーヒーをこぼしたなどといった
いわゆる日常生活防水程度であると考えられます。

落下耐久性能に関しても”落下に強い”としか書かれていません。
高いところからの落下は耐えられない可能性があるのでやめておきましょう。

キーボードは打ちにくいかも...

CUBOT KINGKONG MINIでキーボード入力している様子
CUBOT KINGKONG MINIのディスプレイは4.0インチと小さく、
それに伴い、キーボードは手の大きい私には少し打ちにくく感じました。
個人差はあるかと思いますが、親指での操作が一般的だと思いますので、慣れている方でも難しいかもしれません。

総評: CUBOT KINGKONG MINI の実機レビュー

SoCはエントリー向けと、日常での利用は厳しいものがありますが、サブ機として割り切った使用をする方には最適なスマホです。
重量もおおよそ123gと軽量で扱いやすく、ストラップホールがあるため、首にかけて使用することもできます。
デザインもタフネススマホらしさが表現されています。
お値段も、いい線を攻めた値段となっており、サブ機には最適です。


似たようなスマホとして楽天モバイルの「Rakuten MINI」が挙げられます。
Rakuten MINIは、3.7インチでSnapdragon 439を搭載し、約2万円
サイズも性能も非常に似ており、価格が約半分のKINGKONG MINIに軍配が上がるなという印象です。

販売サイト価格(2/16更新)
AliExpress約10,800円
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-CUBOT, スマートフォン
-, ,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.