Blackview スマートフォン

至高のタフネススマホ。Blackview BV9100を実機レビュー!驚異の耐久性と1万3千mAhのバッテリー

更新日:

BV9100 実機レビュー

こんにちは!SIM太郎(@mar_uni15)です!
今回は、タフネススマホを主力に、ロシアなどで人気な新興中華メーカーのBlackviewから、激重・頑丈なタフネススマホ、BV9100をレビューしていきます。
このスマホ、色々ヤバイ、トンデモ仕様になっています。。。
詳しいことは下にスクロール!では、見ていきましょう!

Blackview BV9100をかんたんに説明すると...

  • もはや『電話機能付きモバイルバッテリー 』超大容量バッテリー搭載。
  • ディスプレイはFHD+の液晶。
  • 防水・防塵・落下耐久の三本柱。ドハマりすること間違いなし。
  • フラグシップ級の30W充電に対応。更に30W充電器+ケーブルが同封!
OSAndroid 9
SoCMediaTek Helio P35
RAM4GB
ROM64GB (MicroSDカード128GBまで拡張可能)
ディスプレイ6.3インチ FHD+ /2340×1080/JDI製IPS液晶
カメラアウト:
1600万画素+300万画素
(SONY製IMX298+GC0310)

イン:サムスン製1600万画素カメラ
バッテリー13000mAh (同封充電器とコード使用で30Wで充電可能)
Wi-fi802.11a/b/g/n/ac
Bluetoothv5.0
カラーパールホワイト/パールブルー
重量約182g
防水防塵 対応
接続端子USB Type-C
オーディオイヤホンジャック有り・モノラルスピーカー・Dolby Atmos対応
生体認証白色光学式画面内指紋認証/2D顔認証(併用可)
対応バンド2G: GSM 850/900/1800/1900 MHz
3G: WCDMA Band1/2/4/5/8
4G:  Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/40/66
NFC/おサイフケータイ有り/おサイフケータイには非対応
スペックの見方、判断基準についてはこちら
対応バンドについてはこちら
充電規格についてはこちら

開封の儀

Blackview BV9100の外箱
まんじゅうが出てきそうな平たい正方形の外箱です。
写真では見にくいのですが模様が入っています。
Blackview BV9100外箱開封シーン
箱を開けると本体と付属品がお出迎え。
箱の半分を付属品が占めており、付属品の充実度が高いことがわかります。

充実度高めの付属品

Blackview BV9100の付属品すべて
漁ってみると本体に隠れていた付属品が続々と出てきました。
下にまとめてみると...
  • 取扱説明書
  • 画面保護フィルム2つ(一つは貼り付け済み)
  • type-Cマイク付きイヤホン
  • 30W超高速充電器
  • 30W充電対応ケーブル
  • Type-C to Type-Cアダプタ
  • 取り出し用ピック
気になる物もいくつかありますが、順に紹介してきます。
Blackview BV9100の画面保護フィルム
画面保護フィルムはプラスチック製のものです。
結構薄っぺらく、キズがつかないようにする程度のものです。
落としたらきっと画面が割れるものなのであくまでもおまけ程度で考えたほうが良いでしょう。
イヤホンはType-C端子で接続するイヤホンでした。
どことなくAppleのアレに似ていますがここは中華クオリティー。
多めに見てあげましょう。

音質は特別悪いわけではありませんが、いいわけでもない、いわゆる普通の音質です。
重低音は出ていたので、通常使い程度ならいいのではと思います。
ここで驚きPoint

この充電器、なんと30Wの超高速充電に対応しためちゃめちゃいいヤツです。
更に、30W充電に対応したケーブルが付属していました!

有名フラグシップモデルでさえも付属していなかったりするので、
そこまで有名でない中華メーカが、ここまで頑張っているとは驚きです。
Blackview BV9100の付属ピックとtype-cアダプタ
他にはSIMトレイの取り出し用と思われるピックや、Type-C to Type-Cアダプターが付属されていました。

ん? Type-C to Type-C ???

訳ありPoint:スマホの端子がちょっと特殊

Blackview BV9100の端子
一見、普通のType-C端子に見えますが、
防水効果を維持するためのキャップが邪魔をし、通常のType-Cケーブルでは刺さらないようになっています。

左から順に、充電コード・Type-Cアダプタ・一般的なコードを比較してみると...
Blackview BV9100の充電端子との比較
差込口の部分が長くなっていることがわかります。
Blackview BV9100にtype-Cアダプターを用いて接続しているシーン
このように、一般的な端子のものは、付属のアダプタの仕様が不可欠です。
ご購入された際にはこのアダプタをなくされぬよう、十分お気をつけ下さい。

本体デザインをチェック!

Blackview BV9100のスペックフィルム
本体正面にはスペックシートが印刷されたフィルムがはられています。
Blackview BV9100のディスプレイ保護フィルム
フィルムを剥がすとあら残念。
最初からはられていたフィルムには気泡が。中華クオリティーを感じる一枚に、、、
Blackview BV9100の背面デザイン
Blackview BV9100の背面ロゴ
Blackview BV9100の背面カメラ
背面はめちゃめちゃごっつい!
真ん中にはカーボン調の素材が、その周りにはさわり心地の良いプラスチックの素材になっています。
カメラ付近はおろし金みたいな美しい彫りが施されていました。
カメラ部分が凹むように、周りの金属部分が浮いているようです。
Blackview BV9100のディスプレイ
ディスプレイには、水滴型ノッチで、6.3インチのJDI(ジャパンディスプレイ)製IPS液晶を使用しています。解像度はFHD+で大いに満足。
下部には若干太めのノッチが。しかしディスプレイ自体は発色も良く、問題なし!

本体側面のデザインをチェック!

Blackview BV9100の右側面
Blackview BV9100の右側面拡大
本体右側面には、指紋認証センサー、電源ボタン、音量調節ボタンがあります。
特に、電源ボタンには加工がされており、高級感があります。
Blackview BV9100の左側面
本体左側面にはSIMトレイとショートカットボタンがあります。
押す回数や、長さによって様々な動作が可能です。
なお、Googleアシスタントの起動は不可能でした。
Blackview BV9100の下部側面
下側面はスピーカー、type-C端子、マイクがあります。
type-C端子には端子カバーがついていました!
Blackview BV9100の上部側面
上側面には特に何もありませんでした。

スイッチ、ON!

Blackview BV9100の初期設定画面
まずは初期設定です。
ピュアAndroidですので言語設定では日本語に標準対応。安心してお使いいただけます!
Blackview BV9100のホーム画面
初期画面から、結構色々なアプリがインストールされていました。
色々面白そうなものがいっぱいあるので、今回は詳しく紹介します!

プリインストールアプリ探検!

翻訳、やることリスト、ゲームモードなど色々あって面白いですが、
ところどころ怪しい日本語だったり、意味不明な部分がありました。
では、行きましょう。

”メインメニュー”と言う名の子ども向けモード

子供向けに、使用時間や通知の制御、インターネット使用量を設定したり、使用禁止のアプリを設定できる画期的なアプリケーションです。

結構便利ですが、タフネススマホを持つ子供っているのかなと思ったり。
需要はほとんど無さそうです。

ツールボックス

Blackview BV9100のツールボックスアプリ
ぶら下げ絵画などと、早速怪しい日本語で出迎えてくれたツールボックスですが、結構便利そうなものばかり。
Blackview BV9100の騒音試験アプリ
『騒音試験』というアプリではその名の通り、騒音レベルを測定できます。
本体のマイクを用いて測定が可能で、下にはどのような状態かが分かるようになっています。
なお、日本語翻訳はメチャクチャで、
『神経細胞は破壊されます』『急いで出発することをお勧めします』などと言って笑わせて来ます。
Blackview BV9100の水平器アプリ
こちらは『鉛ボブ』と言う名の水平器みたいな機能です。
端末の角度と共に、カメラで確認もできますので、結構使えるかもしれません。
Blackview BV9100のコンパスアプリ
こちらは”コンパス”機能です。方位測定に加えて、水平確認もできます。
Blackview BV9100のゲームモード画面
次はゲームモードです。最近は安価なスマホにも搭載され始めてるこの機能。
メモリ容量の開放や通知を非表示にするきのが備わっています。

しかしこのBV9100に搭載されているゲームモードには謎の仕様があります。
Blackview BV9100のゲームモード設定画面
このアプリを最初に開くと出てくる、着信をブロックするという確認です。
ここでOKと押すと、なんと規定のランチャーとしてゲームモードが設定されるのです。

正直、意味がわかりませんでした。いくらホームボタンを押してもゲームモードの画面のままになってしまうのです。

どうか、この点にはお気をつけください。 他にもFMラジオ機能や、音楽プレーヤー、やることリストアプリなど、面白いアプリがたくさん。
それなりの完成度ですが、ここは渋々目をつぶりましょう。。。

設定画面をチェック!

Blackview BV9100の設定画面
設定画面は至って普通、、、かと思いきや普通ではありません。

スキャンコードという項目があるのですが、押して見ると... いや、なんでココなんだよ!

思わずツッコんでしまいます。
読み取り以外にも、QRコードの生成機能があるなど、意外に高機能です。
何故ホームに配置しなかったのか気になるところ。

BV9100の対応バンド・キャリアをチェック!

Blackview BV9100の対応バンドは次の通りです。

2G: GSM 850/900/1800/1900 MHz
3G: WCDMA Band1/2/4/5/8
4G:  Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/40/66

といってもパッとしませんよね。
今回もしっかり対応キャリアを調べておきました!

au系・UQmobileは◎

すごい!完全に対応しています!
4GLTE通信に使われる主力バンドのBand18、Band26に対応しており、
快適に通信することが可能です。
auに対応している中華スマホはあまり多くはありません。
BV9100、この点では大変優れています。

ドコモ・ドコモ系MVMOも◎

Blackview BV9100の対応バンド(docomo)
すごい!docomoも完全対応です!
地下や郊外に張られているプラチナバンドであるBand19に対応しています!
これなら、郊外、山間部にお住まいの方や、地下でも利用することができます。

Softbank系・Y!モバイルは◎

良かった!こちらも問題なく通信ができます! が、注意が必要なことが1点。
(格安SIMではなく) ソフトバンクからAndroid用のSIMカードで契約されている場合、
SIMフリースマホでは利用できない仕様になっています。 そのため、マルチUSIMへの変更・交換が必要です。
なお、iPhone用のSIMカードでは運用が可能です。
ソフトバンクユーザの方はお気をつけください。

DSDV対応のSIMトレイ!SDカードはSIMカードと兼用

Blackview BV9100のSIMトレイ
SIMトレイはナノSIMカード2枚を装着することで、DSDVでの運用が可能です。
しかし、メモリー拡張用のSDカードを使用する際は、SIMカードは一枚のみ装着する形になります。ご注意ください。

BV9100のスペックをチェック!

次はBV9100のスペックを数値化していきます。

Antutu V8

有名なベンチスコア計測アプリ、Antutuでの測定結果です。
総合スコア107176
・CPU 46075
・GPU  5891
・MEM 30202
・UX   25008

正直に申し上げると、このBV9100に搭載されているSoC、 MediaTek Helio P35 では、日常で電話、LINEなどのSNS、SMS(ショートメッセージサービス)やミニゲームをするのが限界だと思われます。

PUPGモバイルなどのSoCに高負荷な3Dゲームはあまり快適にできないかもしれません。

カメラ性能は微妙。

Blackview BV9100のカメラ

明るい場所(屋外・屋内)

Blackview BV9100で撮影した写真
Blackview BV9100で撮影した写真
1枚目から、屋外・屋内で撮影した写真になります。
屋外での撮影ですが、全体的に白っぽく撮影されています。
また、2枚目に写っている観葉植物は比較的に表現できていますが、全体的に白っぽく見えるのがわかりますでしょうか。 あまりきれいだとは思いません。
Blackview BV9100で撮影した写真
次は比較的に表現が難しい、ビル街の影での撮影です。
やはり、左の木が黒色に撮影されています。
一方、下にあるガラス張りの建物は、目が潰れることなく、しっかり表現しています。

屋外の夜景

次は夜景です。
最初の段ではとある交差点を撮影していますが、通常撮影では、ノイズや白飛びが大変ひどく、全くキレイに撮影できません。

一方、夜景モードを有効にすると交差点の標識が見えるようになっています。
しかし、写真を明るさを上げているだけなのでしょうか。
よりノイズがひどくなっている印象です。 お次は空と東京タワーを撮影した、ザ・夜景。
左は通常撮影しているもの、右は夜景モードを有効にして撮影したものです。

こちらは比較的、きれいに撮影できています。
しかし、2段目の写真は特にピントが合っていないのがwわかるでしょうか。
オートフォーカスはあまり性能が良くないようです。

ボケ味撮影(ポートレート撮影)はいかに。

Blackview BV9100で撮影した写真
とあるお寺から東京タワーを背景に撮影したものです。
ここは中華クオリティー。東京タワーが完全にボケていません。
しかし、石にはきちんとピントが合っていることがわかります。
相当接近していたので、高品質なマクロ撮影が期待できます。

Blackview BV9100-フォトスタジオ-

クレイジーな耐久性能!

以下の動画はBlackview公式チャンネルが配信しているBV9100のオフィシャル紹介ビデオです。
主人公が無人島に流され、BV9100とともに1ヶ月以上助けを待つという
なんともクレイジーなお話です。

このBV9100が超頑丈なタフネススマホだということを見ていきましょう!

衝撃の落下耐久性能!

Blackview BV9100の落下耐久映像
あらららら。
普通、こんな急所からスマホを落としたら、、、きっと悲惨な状態になっている。そうご想像されるかもしれません。

しかしBV9100は違います。起動するどころか画面さえ割れていないのです。
超強力な落下耐久性能を持っています。カタログ値では1.5mの高さからの衝撃に耐久できるとのことです。

火の中に投入。

Blackview BV9100の耐火性能
主人公は火を見て興奮したのか、ついついスマホを火中にスマホを投げ入れます。
私達には理解のできない行為ですが、、、
Blackview BV9100の耐火性能
耐えてる!

何事もなかったかのように画面を点灯させています。
思わず、筆者も『すごい』と唸ってしまうほどです。

SIM太郎ラボ:水に突っ込もう。

Blackview BV9100を水中に投下
FHOOOO!
先程の勢いで感覚が狂ってしまった筆者。
ものすごい勢いでBV9100を水中に投下してしまいます。
普通のスマホなら、故障は確実な状態ですが....
Blackview BV9100のunderwaterモード
UnderWater?
そうなんです!BV9100は強固な防水性能 IP69Kを持っています。
ちなみにこのモードでは、音量ボタンを用いた水中での撮影が可能になるモードです。 このように、写真の撮影はもちろん、動画の撮影も可能です。
もとに戻る際は、電源ボタンを押すと、自動的に終了します。

他にも、こちらのスマホは強固な防塵防塵性能も持っています。
まさに『タフネススマホ』!これが醍醐味ですよね!

バッテリーはモバイルバッテリー級!
使えるモバイルバッテリーにもなる!

Blackview BV9100での逆充電
この逆充電機能、BV9100以外にもたくさんのスマートフォンで可能なのですが、BV9100のバッテリー容量は驚異の13000mAh。
私の手持ちのモバイルバッテリーは10000mAhですので、それよりも容量が上ということです。驚き。

バッテリーの持ちは異常。なんと60日!

流石に待機時間が60日ということですから、日常的な利用をしていると60日は持たないでしょう。

しかし、13000mAhというずば抜けた容量を有しているBV9100。バッテリー切れで悩まされることはもう二度とありません。すごすぎる。

総評:カメラ・スペックは微妙だけど防水防塵・落下耐久・バッテリーのロマンあり

SoCも貧弱ですし、カメラも微妙なこのBV9100。
しかしながら、対応バンド数の多さ、強固な防水防塵性能、超大容量バッテリーにはロマンさえ感じます。

ある程度のスペック・性能を求めている方、カメラの性能を求めている方にはあまりおすすめできません。

逆に、タフネススマホをいじってみたい!、ロマンを感じる!という玄人さんにはオススメです。
ぜひ、タフネススマホの沼にハマってみるのはいかがでしょうか?

販売サイト価格(2/3更新)
AliExpress約22,700円
もう少し、スマホの性能を上げたい場合は、最新版のBV9900がオススメです。

スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Blackview, スマートフォン
-, ,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.