ニュース

Redmi Note 8 Proの4GB RAM版がTENAAに追加。Antutu28万点が1万円台で買えるかも

投稿日:

中国メーカーXiaomiは2019年9月にRedmi Note 8 Proを発表しました。
発表当時は世界初の6400万画素カメラセンサー、SoCにはHelio G90Tを搭載し、ミドルレンジ帯で圧倒的な人気を誇っていました。

Redmi Note 8 Pro RAM4GB
その売れ行きの好調さ故か、Redmiは新たに4GB RAM版を発売しようとしているようです。
現在のところ、同社による公式発表はないのですが中国認証機関「TENAA」にてRedmi Note 8 Pro の4GB RAM版が確認されています。

Redmi Note 8 Pro の当初のメモリ・ストレージと価格は以下の通り。
  • 6GB+64GB:1399元(約21,000円)
  • 6GB+128GB:1599元(約24,000円)
  • 8GB+64GB:1799元(約27,000円)
もとから、価格の安さが際立っていたスマートフォンでしたが4GBのRAMが追加されることにより、より安価に購入できる可能性があります。
RAM 6GB版とRAM 8GB版の2GBの差で400元の価格差があるため、単純計算をするとRAM 4GB版だと999元(約15,600円)になると考えることもできます。

6400万画素を含むクアッドカメラとAntutuベンチマーク約28万点(RAM 6GB版で測定)のHelio G90Tを搭載したスマートフォンが本当に2万円を切る価格になるのか疑問が残りますが、Redmi K30の価格を見ているので、期待してしまいます。

via
スポンサーリンク
  • Pocket
  • Hatena
  • LINE
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SIM太郎(中の人)

SIM太郎(中の人)

SIM太郎 編集長。ロマン溢れるスマホやマニアックな中華端末が好き。 日本最大のスマホコミュニティを作ることとプロゲーマーになることが目標です。最近は自作PCやVRにハマっています。Twitterフォローしてね♪

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.