新規登録
ログイン

ニュース

Xiaomi、MediaTekと提携か。5Gスマホの独自SoC、共同開発へ


投稿日:

Redmi 10XはDimensity 820搭載

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、XiaomiはMediaTekと密接な連携を行い5Gスマホに搭載する独自SoCの共同開発を行うようです。

Xiaomiは5月末、MedaiTek製SoC 「Dimensity 820」を搭載した5Gスマホ「Redmi 10X」と「Redmi 10X Pro」を発表しました。

Redmi 10XのAntutuベンチマーク
Redmi 10Xは1599元(約24,300円)の低価格ながらもAntutuベンチマークは415672点と非常に高いのが特徴です。

このスコアは他のSoCメーカーのミドルレンジSoCよりも遥かに高いパフォーマンスで、1世代前のQualcomm製ハイエンドSoCのSnapdragon 855にも迫るスコアです。


XiaomiはMediaTekのDimensity 820があったからこそ、Redmi 10Xシリーズを高いコスパで発売できたと言っても過言ではありません。


DEGITIMEは、業界筋の情報としてRedmi 10XシリーズでのDimensity 820の採用を皮切りに関係が強まったとことを挙げています。


Xiaomiは以前にも独自SoC「Surge S1」を開発し、「Xiaomi Mi 5c」にて搭載。
しかし、後継SoCが発表されることはありませんでした。


今回のMediaTekとの共同開発により、HUAWEIのkirinやSamsungのExynosのようにメーカー独自SoCとしてハードウェアとソフトウェアの最適化が期待できるかもしれません。

また、最新のリーク情報では「Redmi K30 Ultra」にMediaTek製SoC Dimensity 1000またはDimensity 1000+の搭載が噂されています。

今後もMediaTek製SoCを採用するメーカーが増えていくことでしょう。

source(1)
スポンサーリンク

-ニュース
-,