ニュース

【これを見ればOK】Xiaomiの日本発表会まとめ

投稿日:

Xiaomi 日本発表会
2019年12月9日、グランドニッコー東京台場にてXiaomiの日本発表会が行なわれました。
その発表会の内容をまとめていきます。

発表会開始

発表会はXiaomiの会社説明から始まりました。
2018年に香港株式市場に上場し、2019年には史上最年少の記録でFortune Global 500にランクイン
スマートフォンの世界シェアではSamsung、Huawei 、Appleに次いで世界4位のメーカーであることをアピール
Xiaomiは純利益率を5%以内に抑えることで、消費者にとって魅力的な価格の製品を販売してきました。
これは、日本市場でも変わらず推し進めていくようです。
先日、発表された「Mi MIX Alpha」
なんと、発表会のライブ配信視聴者数で日本は世界5位であったことを明かしました。
このときは、Xiaomiの日本進出の発表が行なわれる前だったのですが高い注目を集めていたようです。
そして、カメラ部門の研究開発センサーが東京に拠点を置くことを発表

Mi Note 10

予想通り、中国では「Mi CC9 Pro」として発売され国際版では「Mi Note 10」として発売されたスマートフォンを日本に正式投入

6GB+128GBで税抜52,800円
12月9日よりAmazonでプレオーダーが開始され、販売開始は12月16日から。
また、カメラ機能がアップグレードされた上位版「Mi Note 10 Pro」も同時に日本に投入

8GB+256GBモデルで税別64,800円
12月9日よりAmazonでプレオーダーが開始され、販売開始は12月23日から。

Mi Band 4

中国では2019年9月に発売され、中国国内で"わずか8日間"で100万台以上を販売し世界中で大ヒットしたスマートウォッチがついに日本上陸

フルカラーAMOLEDディスプレイが搭載され、キレイな描画が可能ながらバッテリー性能が優秀で一度充電したらヘビーユーザーでも余裕で1週間はバッテリーが持ちます。

また、付属のバンドはブラックですが別売りのカラフルなバンドを付け替えることもできます。

もちろん、着信やメッセージ、アプリ通知などを受信したり、音楽を再生することが可能

Mi 18W 急速充電パワーバンク3

2つの入力ポートと出力ポートが搭載され同時に2つのデバイスを充電することが可能なモバイルバッテリー「パワーバンク3」

バッテリー容量は驚異の10,000mAhで18Wの急速充電をサポートし、4時間の充電でモバイルバッテリーをフル充電することができます。
インターフェイスは出力がUSB-Aの2つ
入力はMicroUSBとUSB Type-Cがそれぞれ1つ
※付属するケーブルはMicroUSBケーブルのみになります。
10,000mAhの大容量で、Mi 9なら1.9回、iPhone XSなら2.2回の充電が可能

また、Mi Band 4などのウェラブルデバイスを充電する際は、電源ボタンをダブルクリックすることで小電力充電モードに設定することができます。
※近日発売予定

Mi IH炊飯器

そして、Xiaomiらしいシンプルなデザインが特徴的なIH炊飯器も投入

Mi Home アプリによる遠隔制御可能な最新IoT家電
また、お米の固さまで調整することができるようです。
※近日発売予定

Xiaomi スーツケース

こちらもシンプルなデザインのスーツケース2種類を投入
高級感のあるメタルとお求めやすいクラシックのラインナップ

メタルキャリーは見た目こそ重厚感があるものの、アルミニウム-マグネシウム合金が採用され約31Lの容量で約4.2kg
軽量かつ頑丈な設計を実現しているようです。
※近日発売予定

計5製品を発表!本日から予約開始

本日の発表会では上記の5つの製品が発表されました。
既に本日からAmazonにて予約が開始されています。

炊飯器とスーツケースは中国以外では日本が初投入!
Xiaomiはスマートフォン以外にもテレビや空気清浄機、Wi-Fiルーターなどの製品を幅広く扱っています。
今後、追加で日本販売される可能性を期待しても良いでしょう。

会場には画面占有率180%を誇る次世代スマホ「Mi MIX Alpha」が展示されていました!
スポンサーリンク

-ニュース
-,

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.