ニュース

Xiaomi、値上げ!インドでスマホ税率引き上げに伴い。

投稿日:

Xiaomiは2020年4月1日の午前0時からスマートフォンの価格を引き上げることをMi IndiaのTwitterアカウントで発表しました。
インドの物品サービス税(GST)が、12%から18%に引き上げられたことを理由に、スマートフォンの価格を引き上げるとしています。

Xiaomi公式のMi IndiaのTweet
3月14日に開かれたインドの物品サービス税(GST)評議会でXiaomi IndiaのトップであるManu Kumar Jain氏は「この増税は業界を崩壊させる。新型コロナウイルスの影響によりインドルピーとサプライチェーンが混乱しており、既に業界は苦境に陥っています。少なくとも200$未満の全てのデバイスは免税されなければなりません。どうか再検討して下さい。」と訴えましたが、予定通りスマートフォンの税率は4月1日に12%から18%へ引き上げられました。

Xiaomiによると、新しい価格はすぐにMi.comに反映されるとしていますが、SIM太郎編集部が確認した時点では価格は変わっていませんでした。

しかし、値上げは既に決定されており具体的な端末名や価格まで明かされています。
例えば、先日発表された「RedmiNote 9 Pro」は12999ルピーから13999ルピーに。「Redmi Note9 Pro Max」は14999ルピーから16999ルピーへと変更されます。

https://store.mi.com/in/buy/product/redmi-note-9-proからのRedmi note 9 proの価格
Mi.comでのRedmi Note 9 Proの価格
Xiaomi IndiaのトップであるManu Kumar Jain氏によると「OPPOもスマートフォンの価格を引き上げており、vivoやその他のスマートフォンメーカーもその動きに続くであろう。」と発言しています。
また、「利益率を5%未満に維持することがXiaomiの方針でしたが、今回の税率引上げに対応するにはスマートフォンの価格を引き上げるしかなかった。」とも発言しています。
さらに、税率引き上げと重なるようにして、米ドルに対するインドルピーの下落もXiaomiがスマートフォンの価格を引き上げざる得ない状態になったもう1つの理由とされています。

インドで販売されているRedmi K20 ProやRedmi Note 9 Proの価格が高価になることは非常に残念でなりません。
筆者はポップアップカメラに惹かれてRedmi K20 Proを購入し使用しています。3月24日に新しくRedmi K30 Proが発表され、こちらもポップアップカメラを引き続き採用しているため購入しようかと思っていた矢先の話、、、。
今日が4月1日なのでこれが冗談だったら良いのですが、どうやら値上げは本当のようです。

source(1)
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Spica

HUAWEIが大好きな人です。 HUAWEIが好き過ぎてライターになったと言っても過言ではありません(笑) まだまだ未熟者ですが頑張ります! ガジェットで困ったことがあれば「SIM太郎」で検索!!

-ニュース

Copyright© SIM太郎 , 2020 All Rights Reserved.