格安SIM

ワイモバイル 、2年縛りなしで最大12%お得な新スマホ向け料金プランを 10 月 1 日に改定

投稿日:

ワイモバイル料金改定
2019年9月9日ソフトバンク株式会社、株式会社ウィルコム沖縄は、電気通信事業法の改正に伴い、“ワイモ バイル”のスマホ向けの料金プランを、2019 年 10 月 1 日に改定すると発表しました。

今回の改定の主なポイント

  • 従来の料金プランと比較して月額利用料金が最大 12%値下げに
  • 10 月 1 日以降の 新規申し込み受け付けは、契約期間および契約解除料がない料金プラン「スマホベーシック プラン」に
  • スマホの販売価格の見直しや新たに 36 回分割 支払いを導入
ワイモバイル料金改定のポイント

改定内容の詳細

それでは、さらに使いやすくなる今回の改定の内容詳細を見ていきましょう。

月額使用料が最大12%お得に

従来の「スマホプランS」(データ容量3GB)と新しい料金プランである「スマホベーシックプランS」 (データ容量3GB) の料金を比較してみましょう。
なお料金は「おうち割光セット(A)」または「家族割」適用時の料金となります。
ワイモバイル料金改定により月額使用料が12%お得に

新料金プランプランの改定

10 月 1 日以降の新規申し込み受け付けは、契約期間および契約解除料がないスマホ向け料金プラン「スマホベーシックプラン」となります。

また「スマホベーシックプラン S/M」の基本料金 を値下げする他、新たに「スマホベーシックプラン R」(データ通信容量 13GB)が提供されます。
また、「スマホベーシックプラン S/M/R」に、新規契約、他社からの乗り換え、 契約変更で申し込むユーザ向けに、基本使用料を 6 カ月間毎月 700 円割り引く「新規割」を提供開始します。
これによって、その他の各種割引と組み合わせて、月額 1,480 円~で利用できるようになります。

なお、2019年10月1日以降も従来プランのスマホプランS/M/Lや、スマホベーシックプランLなどに加入しているユーザーの利用は継続できますが、新規申し込みの受付は9月30日をもって終了となります。
ワイモバイル新料金プラン

スマホ端末の販売価格の見直しと36回分割支払の導入

ワイモバイルは10月1日以降、ユーザーがスマホをより購入しやすくなるよう、スマホ端末の販売価格の見直しと36回分割支払の導入も発表しました。
 
スマホの販売価格見直しの例
ワイモバイルスマホ販売価格見直し

プラン変更時の契約解除料の免除

10 月 1 日以降、契約更新月(契約期間満了月~翌々請求月)以外の期間に「スマホベーシックプ ラン S/M/R」あるいは「ケータイベーシックプラン SS」へプラン変更する場合に、下記のいずれかの条件を満たしている場合は、契約解除料(9,500 円)が免除となります。
  • ワイモバイルを2年以上継続利用していること
  • 機種変更と同時に「スマホベーシックプラン S/M/R」または「ケータイベーシックプラン SS」を契約すること。
また、10 月1日以降、新規契約から 6 カ月以内に MNP または番号移行をした場合の MNP 転出 手数料・番号移行手数料を、6,000 円から 3,000 円に改定します。

スポンサーリンク

-格安SIM
-,

Copyright© SIM太郎 , 2019 All Rights Reserved.